高田明の年収!?病気とかつら?年齢は?父・子供・嫁夫人・孫は?ジャパネット!

takataakira 300x300 高田明の年収!?病気とかつら?年齢は?父・子供・嫁夫人・孫は?ジャパネット!

 

高田明の年齢での年収は?かつらって?病気が!?
嫁夫人、子供、孫、父とジャパネットたかた!!!

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

高田明 年齢 年収 かつら 病気 嫁 夫人 子供 孫 父 ジャパネットたかた・・・当記事キーワード♪

 

▼高田明さんのWikipedia風プロフィールはこちら

本名:高田明

出身地:長崎県

身長:178cm

年齢・誕生日:65歳・11月3日

高校・大学:猶興館高校 ⇒ 大阪経済大学経済学部

 

ご存知、株式会社ジャパネットたかた代表取締役社長、高田明さん。

 

長崎県佐世保市の本社屋内のスタジオで制作されている
テレビ・ラジオショッピング番組で、
肥筑方言訛りの甲高い語り口で知られていますよね。(^_^;)

 

人々に愛される特徴的なその声とイントネーションは、
よくモノマネなんかもされていますし、愛嬌たっぷりです♪

 

今でこそ、こんなに認知されている高田社長ですが、
その経歴を知れば、たくさんの苦労もなさっていますし、
もっと愛着が湧くこと間違いなしです。^^

 

大学を卒業後、高田さんは
京都府内の機械製作会社の阪村機械製作所に入社なさいました。

 

ここで大学時代に猛勉強をこなしたという英語の語学力を買われて
欧州駐在をした後、勢いに任せて、
友人と翻訳会社の立ち上げを計画なさったようですが、
これは遂行かなわず終わります。(>_<)

 

その後、故郷である長崎県平戸市に戻り、
1974年、父親の政雄さんが経営していたカメラのたかたに入社され、
経営のノウハウを学び、

1986年には独立して、株式会社たかたを設立し、
代表取締役に就任されました。^^

 

ここでは、カメラフィルムの「即日現像・手渡し」を売りに
カメラ販売の業績を伸ばし、時代のブームも影響して、
ビデオカメラやパイオニアのカラオケセットの販売に力を入れ、
ソニーの特約店になるなど、徐々に活躍の場を広げられました。

 

転機が訪れるのはこの後です!!!

 

たまたま知人の依頼で出演した地元のラジオショッピングにて、
数か月分の売り上げを一日で達成してしまったことがあり、
それまで考えもしなかったその事実に驚き、
通信販売の分野への進出を決意するに至ったわけです。

 

1990年にラジオショッピング事業を開始し、
番組枠を増やそうと局に掛け合うなど知恵を絞り、
次第に全国展開へと事業を拡大していかれました。

 

「このビデオはね、ズームが凄いんですよ。
10人並んで記念撮影して、普通は5人ぐらいしか入りませんよね?
でも、このビデオだとね、10人並んでも全員が入っちゃうんですよ」

 

それまでに観光写真や戸別訪問で鍛え上げた
そんな自慢の商品アピールトークが冴え渡り、
ラジオという媒体を得たことで、一気に業績を伸ばすことに成功したんです。

 

14万円ほどのビデオカメラをラジオで紹介し、
一気に200台の注文が殺到することもあったそうですよ。(゚o゚;;

 

さらに1994年にはテレビショッピング事業にも参入なさって、
その後の成功はもうあまりにも有名ですよね。^^

 

現在、全国で流れているテレビ通販番組は、年間で延べ1万本以上で、
年商は700億円を超えるほどなんだそうです。(゚o゚;;

 

その後も、これらの通信販売事業をはじめ、
新聞折込、CS放送、インターネット、ケータイサイトなどの
メディア戦略を展開し、
通販業界では日本でも有数の企業へと成長していきました。

 

1999年になると、それまでの社名を、みなさんがご存知の
現社名に変更されましたが、この社名は
日本全国ネットつまり「ジャパンネットだとインパクト不足・・・
との理由でジャパネットと命名されているんです。(^O^)

 

売り方を創造せよのポリシーのもと、
ボイスレコーダーや電動歯ブラシ、電子辞書などを大ヒットさせたり、
恋愛と同じという天才的セールスで、番組制作に妥協はありません。

 

本社では、約300人の社員が働いており、
ビルの7階には立派な社長室が設けられてはいますが、
高田社長はこれをほとんど利用しないそうです。

 

「子供はどうしてる?」
「風邪は治ったか?」

 

社員のいる3階フロアの一角に小さな机を置いて陣取り、
オフィスの中を常に歩き回り、
社員とのコミュニケーションを欠かさない姿は、
まさに経営者の鏡ですね。( ;∀;)

 

「入社して間もない頃、遅くまで残業していたら、遠くから『どうだあ?』と声を掛け
ミカンをバンバン社員達に投げながら歩いてくる人がいた。
それが高田社長だったんです」

 

オフィスの光景に溶け込み、強烈な存在感をアピールすることもなく、
あのお馴染みの甲高い声は普段は封印なさっているようですよ。
もうすごく穏やかなお声だと。(^-^)

 

そしてそんな穏やかな一面とは全く違う顔を見せる撮影本番。

 

「高田社長は時にはわざと訛ったり言葉を間違える時もあるのではないかと思う。
それが地なのか演技なのか、いまだに分からない」

 

メッセージの伝わり方の完璧性は、
本人にしか理解できない職人技なんでしょうね。(^_^;)

 

普段の穏やかな経営者の顔、収録中の職人然とした姿、
そして画面から伝わるどこか土着的なイメージ・・・
こんな愛すべき経営者、なかなかいないでしょ!^^

 

高田明 嫁 夫人 子供 孫 病気 父

 

高田社長夫人は、ジャパネットたかたの元副社長で、
恵子さんとおっしゃいます。^^

 

またジャパネットの主要株主のお一人でもあるとのこと。
(2012年の資料では、明さん78%、恵子さん14%)

 

現在は、第一線からは退かれているので、
ようやく遅咲きの普通のお嫁さん・・・なんでしょうか?^^

 

お二人に現在お孫さんは3人だということです。
高田社長のデレデレした姿を想像してしまいますね。\(//∇//)\

 

子供さんは3人でして、
ここで独立当初の高田社長のこんなエピソードをご紹介しましょう♪

 

平戸の実家から独立し、仕事はさらに忙しくなった。一日に数百人も撮影し、店に戻ってからは妻と二人で夜っぴて写真を現像した。写真やカメラの販売と並行し、ビデオカメラやカラオケセットの販売なども手掛けるようになった。戸別訪問を繰り返し、玄関先でビデオカメラの使い方を説明して歩いた。

子供は3人立て続けに産まれた。店舗兼自宅の一階で高田が接客をしていたら、幼子が二階の階段から転げ落ちてきたことも何度かあった。親恋しさに自力で階下に降りようとして、そのまま落ちてしまうのである。それほどまでに夫婦は忙しかった。

その頃、高田の下にパートとして入社し、今はジャパネットでラジオ制作部長を務めている浦明美は、当時のある光景を鮮烈に覚えている。高田が店の片隅の薄暗がりで、子供達を抱きしめていた姿だ。

「奥さんが所用で数日間自宅を離れていた時、寂しそうな子供達を見て、辛くてたまらなかったのでしょう。胸に抱いて、じっとうずくまっていました」

後に長女は、高田の50歳の誕生パーティーでこんな風に挨拶している。

「いつも両親は忙しくて、近くにいませんでした。でも、社員の皆さんが周りにいてくれて、少しも寂しくなかった」

そして彼女は、こう言葉を継いだ。

「でも、父と母の姿をずっと見てきて、大人になったらこんな夫婦になりたいと思ってきました」

 

中でも長男の旭人さんは、
東京大学を卒業後に野村證券へ入社され、
ここで社会人経験をなさった後、

2003年にジャパネットへ入社すると、
2012年から副社長と東京オフィスの代表を兼務なさっています。

 

それでは旭人副社長の情報をまとめておきますね。

 

▼高田旭人さんのWikipedia風プロフィール

本名:高田旭人(たかたあきひと)

年齢:35歳(1979年生まれ)

中学・高校・大学:久留米大附設中学・高校 ⇒ 東京大学教養学部

経歴:証券会社に入社し2003年にジャパネットたかたへ入社

入社後は販売推進統括本部、商品開発推進本部の本部長などを経て、2010年に総合顧客コンタクト本部本部長及び配送管理を行う商品管理部部長を兼任。

2010年にジャパネットコミュニケーションズ設立時の代表取締役。

2012年にはジャパネットたかた取締役副社長兼ジャパネットコミュニケーションズ取締役に就任。

現在は主に東京オフィスでバイヤー部門、インターネット企画制作部門、自社チャンネル企画制作部門の統括を行っている。

 

2013年頃からは、高田社長自身が出演する番組において、
旭人さんが次期社長としてちょくちょく紹介されていました。^^

 

高田社長が勇退した後の社長職を、
旭人さんに任せる意向を明言なさっていたんです。

 

そして先月11日、高田明社長が来年1月に社長を退き、
後任として長男の高田旭人現副社長を充てる人事を、
マスコミを通して明らかになさいました。 (^O^)

⇒ 当日の新聞がコチラ

 

会社の創立記念日の来年1月16日付で交代する意向を示され、
高田社長自身の退任後の処遇は未だ確定していないそうですが、
会長には就くことはないそうで、
テレビの通販番組への出演の方はこれまで通りしばらく続けるそうです。

 

もうあの勇姿(?)が見れないのかと寂しく感じていましたが、
まだテレビショッピングでは健在とのことで安心しました。ヽ(;▽;)ノ

 

このお話は元々は・・・

売上の6割を占めてきたテレビ受像器の販売が、
地デジ化の影響もあってか、不振に陥り、

2011年度からは、2年連続での売上高が減少という危機を
迎えてしまったことから始まります。

 

この状況を前に高田社長は、2013年を覚悟の年と位置付け

 

「2013年度中にジャパネットたかたが過去最高益を出せなければ社長を辞任する」

 

そう公言し、挽回を図ってこられました。

 

結果、同年度12月の時点で、過去最高益となる
約150億円以上の経常利益を達成する見通しが立ったことから、

 

「長くても2年(後の2015年度までに勇退する)」

 

という条件付きで社長職を続けていらしたんですね。

 

ちなみに旭人さんですが、
これまでにテレビショッピングに出たことはなく、
社長就任後も出演しない方針だということです。

 

実はこの発表の前日の7月10日なんですが、
高田社長の父親、高田政雄さんが
ご病気でお亡くなりになっているんです。

 

この発表には、高田社長の新たなる決意も感じられますよね。

 

政雄さんは享年91歳で、
1986年から1999年まで「たかた(当時)」の会長を務められました。

 

ご病気は腎不全だったということです。

 

ご冥福をお祈りいたします。m(_ _)m

 

高田明 年収

 

ここまでの大活躍を見てくると、
気になるのは、高田社長の年収でしょう。(^_^;)

 

もちろん個人情報なので、正確な数字は公表されてませんが、
年商でこれだけですから・・・
恐らく“億”単位の数字になるのではないでしょうか?(゚o゚;;

 

ちなみに参照できそうな情報の中に
2012年4月の『週刊現代』で独自作成され掲載された
全国長者番付なる特集が組まれた資料があります。^^

 

1位はユニクロなどを展開するファーストリテイリングの
柳井正さんで、資産は約8800億円でした。(゚o゚;;

 

かつては毎年国税庁が発表していた高額納税者も、
2005年を最後に現在では発表されなくなりましたよね。

 

そのせいもあって、
今ではこのようなランキングは見る機会はなくなりましたが、
『週刊現代』は様々な資料の検証や本人への取材なども含めて
総資産年収を割り出したらしいんですね。

 

◆全国長者番付(総資産)
1 柳井正(東京)   8800億円
2 鳥井信宏(兵庫)  6500億円
3 桧垣俊幸(愛媛)  3000億円
4 元谷外志雄(石川) 2200億円
5 竹野一郎(沖縄)  1200億円
6 岩崎芳太郎(鹿児島)1000億円
7 似鳥昭雄(北海道) 970億円
8 麻生泰(福岡)   800億円
9 高田明(長崎)   600億円
10 田代正美(岐阜)  550億円

 

ビジネス本などでよく目にしますが・・・
ビジネスとは、価値と価値の交換であると。

 

高田社長自ら番組に出演し、その商品の価値を伝えることで、
購入者に安心と親近感を与え、
その価値の本質が伝わりやすいからこそ、
これだけの業績を収めることができているんでしょう。^^

 

経済的な成功とは、収入の多さが一つの目安になりますよね。

 

つまり収入=自分が人を喜ばせた数だと言えます。

 

それでまたこんなエピソードをご紹介します。

 

元社員の一人が、99年に退職した時のことだ。
朗らかで、笑顔を絶やさない青年だった。彼は退職に当たって、

「社長にぜひ色紙を書いてほしいんです。一生の記念にします」

とせがんだ。

日頃はめったにサインや色紙には応じない高田だが、
その時だけは自らこう書いて渡した。

「人は人のために生きてこそ人」

人のために–その言葉には、高田の人生が凝縮されている。

 

高田社長は言います。

 

「周りの皆が幸せであってくれればいい。会社を大きくすることに魅力は感じない」

 

意外にも高田社長は、物欲とは無縁の人物なんです。

 

車は社用車で、自宅にもモノは少なく、
モノに執着する様子はほとんどないと、もっぱらの噂です。(゚o゚;;

 

そんな高田社長だからこそ、
番組の中ではモノを使うことの楽しさを
言葉巧みに訴え掛けることができるのかもしれません。

 

「デジカメも600万画素になったらね、こんなに大きく引き伸ばせるんですよ。
毎月1枚、こういう大きな写真を1枚作ったらね、一年に12枚。
これをお子さんに残してあげたらね、たいへんな宝物になりますよ!」

 

メッセージの本質は、常に一貫しています。

 

商品の機能やテクノロジーやスペックに目を向けるのではなく、
その商品をどう使えば生活が豊かになるのか。

 

これを続けてきたからこそ、
ジャパネットは世間に受け入れられて来たんだと思います。

 

都会に本社を移転させるつもりはないとおっしゃいます。

 

「それで5000万円のコスト増になるんだったら、
そのお金で社員旅行をして皆で楽しんだ方がいいですよ」

 

つまり個人としての、高田さんの目標は、
自身も含めて、周りの皆がハッピーになること、
それが全てなんでしょう。(^O^)

 

高田明 かつら

 

それでは最後にオマケとして・・・
これは根も葉もない噂なんですが、
ネット上に転がっていた笑えるお話を掲載して終わりにします。^^

 

高田社長、以前からかつらではないかと噂がありますが・・・
本人自ら公言なさっていますが、もちろん地毛です。

 

こんなくだらないことでも噂になってもう・・・
「さすが!」としか言えません。(´・_・`)

 

某サイトでこんな記述を発見しました。
もう苦笑いするしかないです。(^_^;)

 

たぶんカツラでしょう。今のカツラは地肌にテープとかで装着でき髪の毛を引っ張ってもびくともしないですから。(スマップの草なぎとか木下弁護士もそうですが) 逆にカツラじゃないことを主張するのにはテレビは格好の材料ですね。しかもいい年して髪の毛を前に垂らすのヘアースタイルは違和感を感じます。自らカツラだと主張しているようなものです。今のカツラは生え際もかなりのレベルになって一瞬見ただけでは分からないのですがそれでも1週間もたつと少しばれるかもしれないくらいになることもあるので、この手の種類のカツラでは髪の毛を前に垂らしておくのはカツラでは上等手段です。

 

これまでに述べてきたお話を読んで頂ければ、
疑う余地すらないと思いますが、
高田社長の人間性からして、まず間違いなく、
ハゲ頭を隠すような方ではありませんからねぇ。(^_^;)

 

仮に…仮にですよ、高田社長がかつらだとしたら・・・

 

「かつらだとは全く分からないこんな凄いかつらがあります!
私のかつらを見てください!ね?地毛と全く判別つかないでしょ!?」

 

そう言って、自身の髪の毛(かつら)を引っ張って見せて、
テレビショッピングで商売をしていくに違いありません。(^O^)

 

 

はい、というわけで高田明さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

1件のコメント

  • 澤田洋子

    ぜひ高田社長と知り合いになりたいです

コメントを残す