高島彩アヤパン美脚復帰画像!ゆず北川悠仁子供かわいい名前?ダウン症???

takashimaaya 高島彩アヤパン美脚復帰画像!ゆず北川悠仁子供かわいい名前?ダウン症???

 

あやぱんこと、高島彩が過激に復帰!
卒アル・すっぴん・カップ・美脚・かわいい画像や動画も健在♪
ゆず北川悠仁との子供の名前や性別は?ダウン症って?

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

あやぱん,高島彩,過激,復帰,卒アル,すっぴん,カップ,美脚,かわいい,画像,動画,ゆず,北川悠仁,子供,名前,ダウン症・・・当記事キーワード♪

 

▼高島彩さんのカップほかWikipedia風プロフィールはこちら

本名:北川彩(旧姓:高島)

出身地:東京都

身長・体重:163cm・46~48kg

年齢・誕生日・血液型:35歳・2月18日・B型

カップ:B82-W56-H83 Cカップ?

小学校・中学・高校・大学:成蹊小学校・中学・高校 ⇒ 成蹊大学法学部政治学科

 

今回の記事は、アヤパンの愛称で親しまれている高島彩さん^^。

 

元フジテレビアナウンサーからフリーに転向され、
現在フォニックスに所属なさっています♪

 

ご存知でしょう。旦那様は“ゆず”北川悠仁さんですね。

 

2005年より交際を重ねられていたようで、2011年10月20日に
挙式を行い、同日夜にFAXで結婚を発表なさっています^^。

 

披露宴に関しては、2012年2月25日に、
横浜市のホテルニューグランドで行われています。

 

当日はフジテレビ会長のをはじめ同局幹部、元同僚アナウンサー、
高島さんと共演したことのある芸能関係者や歌手など
約500人が出席なさって盛大に執り行われたようですね^^。

 

また、お父さんは日活ニューフェイス第5期生で俳優の
竜崎勝(本名:高島史旭)さんで、高島さん5歳時に亡くなられており、
高島さん、お父さんの記憶はほとんどないんだそうです。

 

それでもお父さんが亡くなる直前に口になさった

 

「死んだら空の一番星になって見守るよ」

 

という言葉だけは、大人になった現在でも覚えているんだそうで(゚o゚;;。

 

お父さんの同期には高橋英樹さんがいらっしゃって、実は偶然にも
娘さんの高橋真麻さんもフジテレビアナウンサーとして入社され、
親子共々同じ世代で同じ道を歩まれているんですよね♪

 

さらに、3歳年上のお兄さんがいらっしゃいますが、お兄さんは、
元俳優の高島郷さんです。

 

まさに、芸能関係の血筋の流れたご一家なんですね。

 

フジテレビにアナウンサーとして入社なさったのは、2001年4月。

 

実は高島さん、フジテレビ以外にも、テレビ朝日のアナウンサー職の
最終面接まで終えられているんですが、その帰り道で
フジテレビからの内定の電話をもらったため、
テレビ朝日の内定に関しては、結果は待たずに辞退ないました(^_^;)。

 

第一志望がフジテレビであったことからの決断だったようですが、
いやいや、素晴らしい就職活動結果じゃないですかぁ!

 

きっと誰からも愛される人あたりの良さと、持ち前の武器でもある
その美貌に、面接官もすっかり魅了されてしまったんでしょうね^^。

 

入社1年目の2001年10月から2002年6月まで、冠番組となる
『アヤパン』を担当なさったことから
“アヤパン”という愛称が定着するようになったんです。

 

オリコン調査「好きな女性アナウンサーランキング」では、
第1回から第5回まで、いずれも1位を獲得され、5連覇という
記録を達成なさって、この記録は殿堂入りを果たしています(゚д゚)。

 

高島さんであれば、当然の結果であるとも言えるでしょうね♪

 

フリー転身後もフジテレビでの出演が圧倒的に多く、
他局への出演はWOWOWの特番以外行っていないことは有名で、
その辺りの義理固い性格も人々を惹きつけるポイントなのでしょう。

 

高島彩,復帰,過激

 

さて、結婚後、第一子出産のため、
2014年1月22日の放送をもって産休なさっていた高島彩さん。

 

毎週水曜日夜に好評放送中の
『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』
番組復帰なさいました。

 

この放送は先月の10月1日の「ドイツ2時間SP」で、
この日から雨上がり決死隊とともに
再び司会を務めることになったわけです(*゚▽゚*)。

画像

 

ご存知の方も多いでしょうが、番組は、2人の番組ディレクターが、
海外の国や地域にそれぞれ長期滞在し、膨大な取材量だからこそ
見えてくる、その国や地域のリアルな姿を放送するといったもの^^。

 

番組復帰について、高島さん意気込みを語っていらっしゃいました♪

 

「産休中、なかなか外出できない出産直後から、番組を見ては旅行に行った気分を味わい気分転換していました。
手前味噌ですが、本当にいい番組ですね(笑)。
また、アットホームで温かいスタジオに戻ってこられて、とてもうれしく思います。
一人で見ても家族で見ても楽しい番組。
母としての目線も入れながら進行のお手伝いをさせていただこうと思いますので、これからもよろしくお願いいたします」

 

なお、この日の放送では・・・
幻想的で美しい「ノイシュヴァンシュタイン城」の景色や
「ベルリンの壁」の現状、大行列の絶品屋台グルメ、ドイツ名物、
最新ビール事情など「ドイツ連邦共和国」の魅力を放送され、
番組自体も好評のうちに終わったようです^^。

 

収録後、サンケイスポーツの取材に

 

「最初はドキドキでした」

 

と久々の撮影に、珍しく緊張なさったようですが

 

「日本の伝統文化と子供たちをつなぐ番組に出たい。
子供と一緒に絵本やおもちゃを学んで作るような・・・」

 

と、育児秘話も明かされています(後述)。

 

キュートな笑顔と機転の利いたトーク。

 

以前と変わらない自然体で戻ってきた高島さん人気は
これからも続きそうですね♪

 

この高島さんの復帰に際し、
ネット上では様々な意見が発信されているようです。
(中には少々過激な意見も・・・)

 

結婚出産しても早期に復帰ですか。
なんていうかこういうのは離婚も早いからちょっと心配ですね。
3年後に別れていませんように。

 

お子さん、まだ小さいのに、どうして早々に復帰?お金も沢山あるのに・・・。
結局は、自分がスポットライトを浴びたいだけなのかな?

 

アヤパンおかえりなさいませ。
育児と仕事の両立は大変でしょうが、頑張ってください。
応援しています。

 

アヤさんは好きだけど、やっぱり子供が3歳になるまではきちんと子育てに専念すべきだと思う。優先順序は子供は1番でしょ?
母親なら…お金に困ってる一般人なら子供が小さくても働く人いるけど、でもそうじゃないんだし。

 

司会をしてて目立とうとしない姿勢に好感が持てる。
家庭を大切にしながら頑張って欲しい。

 

ここ最近芸能界では・・・
出産から早々に社会復帰される方が増えていますが、
高島さんほどのもはや揺るぎない(?)ポジションを確立している方なら、
確かにもう少し産休期間を設けられても良かったのかな・・・
とは思いますけど。

 

反面、我々ファンの前にこうして元気な姿を見せてくれるのは、
喜ばしいことでもありますよね(^_^;)。

 

もちろん、しっかりとした考えをお持ちの方でしょうから、
育児対策に関して我々が心配するまでもなく、
万全を期していらっしゃることでしょう。

 

高島さんは旦那様の北川さんの実家の隣に、
推定価格1億8000万円の豪邸を建てられたことも週刊誌で報じられ、
金銭的な面を考慮なさっての早々の復帰だった・・・
とも言われているようですが。

 

とは言え、旦那様は、天下の“ゆず”ですよ!(^-^)

 

北川さんがこれまでにリリースした楽曲の印税もあるでしょうし、
収入に関しては全く問題ないでしょう。

 

きっと自分なりの信念があっての社会復帰だと思います♪

 

アヤパン、お帰りなさい~(((o(*゚▽゚*)o)))。

 

高島彩,画像 美脚,かわいい,すっぴん,卒アル,動画

 

上述しましたが、高島彩アナ、オリコン調査
「好きな女性アナウンサーランキング」5連覇で殿堂入り(゚д゚)。

朝の情報番組『めざましテレビ』をはじめ『熱血!平成教育学院』など
バラエティでも活躍、産休以前の世間の高島アナに対する印象は・・・

 

「カワイイしとても爽やか」(岐阜県/30代/女性)

 

「幅広い仕事ぶり、安定したアナウンス技術、機転の効いた受け答えなどダントツです」(東京都/40代/男性)

 

といった感じで、そのルックス、実力ともに大人気で、当然、
産休から復活なさった今後も、好感度No.1女性アナとして、
活躍が期待されるところです(^O^)。

 

そこでこの項では、そんな高島アナの様々な画像を集めてみました♪

 

▼厳選!高島彩さんのかわい過ぎる画像集 10連発

画像① 画像② 画像③ 画像④ 画像⑤
画像⑥ 画像⑦ 画像⑧ 画像⑨ 画像⑩

 

▼自慢の美脚!高島彩さんの美しさの秘密♪

画像① 画像② 画像③

 

高島さんが『めちゃイケ』(フジテレビ)の某抜き打ちテストに
出席なさった時の動画を見たことある方も多いかと思います。

 

あのすっぴんで出演なさった動画です(^^;。

 

高島さん、これから仕事前の準備をなさるところだったようで、
教室に招かれたときはすっぴんだったんですよね(^^;。

 

それでも、そのあまりの美しさに教室中が大騒ぎヽ〔゚Д゚〕丿

 

そのすっぴん画像が ⇒ コチラ

 

そして高島さん、学生時代は
さぞかしキュートでモテモテだったんだろうなぁ。。。

 

なんて考えていらっしゃる女性も多いでしょう。

 

しかし、次の卒アル画像をご覧になってください!

画像

 

安心しましたか?(笑)

 

誰しもに“高島彩”になれる素質は備わっているわけです!

 

今の高島さんがあるのは、日頃の行いを見た・・・
神様からのご褒美なのかもしれませんし、
高島さん本人の努力の結果なのかもしtれません。

 

いずれにしても、女性は、心がキレイで損することなんてありません^^。

 

精神は表情に表れるはずですから!

 

きっと高島さんは、相当にキレイなハートの持ち主なんでしょうね^^。

 

きっと筋斗雲に乗れますよ♪(DragonBallネタw)

 

ゆず,北川悠仁,高島彩,画像,子供 名前,性別,ダウン症

 

北川悠仁さん・高島彩さんご夫婦ですが、結婚披露宴でも報道陣を
完全シャットアウトなさっていましたし、6年間の交際期間を含めて
お2人の“ツーショット”写真って、本当に限られているんです(^^;。

 

そんな中、多忙な2人のスケジュールが合ったタイミングでの
ハネムーンでのひとコマを抑えた写真があります!

画像

 

ハネムーン先は南アフリカ。

 

約1週間滞在だったようです。

 

多忙なだけに、ひと時の2人だけの時間、
きっと愛を再確認することができたことでしょう\(//∇//)\。

 

そして、待望の第1子の妊娠を発表されたのが、2013年10月。

 

切迫流産の危険性もあったようですが、2014年2月17日、
旦那様の北川さんが出産に立ち合う中、女児が誕生しました(´∀`)。

 

翌日には、2人の連名でマスコミ各社にFAXを送付なさっています♪

 

「小さな命の誕生に、夫婦ともに感謝の気持ちでいっぱいです。
産声がくれた大きな喜びを、尽きることのない愛にかえて、大切に育ててまいります」

 

気になるのは、新たに誕生したこの女の子の名前ですよね?

 

ゆずの相方、岩沢厚治さんは、北川さんとアヤパンをモジって

 

「『きたパン』が生まれた!」

 

なんて勝手に名付けられていましたが(笑)。

 

もちろん名前は公表される訳はないのですが、
勝手に色んなパターンを構想してみました(^O^)。

 

“ゆず”の名曲のにちなんだ、名前なんてありそうじゃないですか!?

 

有り得そうなのは「ヒカレ」

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ヒカレ [ ゆず ]
どうでしょう?この辺りをモジったり(^^;。

 

「夏色」

ゆず/夏色
・・・なんとかモジれませんかねぇ。。。

 

さらに、こんなパターンも考えられます。

 

旦那様の北川さんのお母さん、慈敬さんは、
宗教法人「かむながらのみち」の教主であるため、
名前には強いこだわりをお持ちなんだそうで。。。

 

とは言っても、北川悠仁さんは、ありがちなお名前ですね(笑)。

 

確かに名前の読みに対して・・・
漢字の方は特徴的な印象も受けないでもありませんが。

 

さて、名前の構想はこのくらいにして・・・。

 

出産後、とても幸せそうな高島彩さんと、
かわいいお子さんの姿が公表されています(*゚▽゚*)。

 

高島さんのエッセイ本である『彩日記-Birth-』がそれです♪

 【中古】単行本(実用) 高島彩 彩日記-Birth- / 高島彩【10P13Dec14】【画】【中古】afb
とてもハッピーになれるエッセイですので、
手にとってご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

というのも、この本には、高島さんご夫妻の
たくさんの思いが詰まった本になっているからなんですね。

 

実はこの本の中で、
以前に死産などを経験していたことを告白なさっています。

 

最初の妊娠が判明したのは結婚から半年後のこと。

 

妊娠4カ月目に入り、染色体異常により子宮内胎児死亡。

 

さらにその後も、
化学的流産をも経験していたことを告白なさっていまして・・・。

 

妊娠4カ月目に入り、妊娠を世間に公表しようとしていた矢先、検診でおなかの中の赤ちゃんが亡くなっていることが分かったのだという。診断は「子宮内胎児死亡」、原因は染色体異常によるものだったそうだ。

この妊娠がわかったときには北川と歓喜し、「主人と手を取り合って喜んだ、幸せいっぱいのビデオ」も残っているという。だが、当時の高島の認識は“結婚したら妊娠するのはあたりまえ”。そのため体を大事にしようと思いつつも海外取材を引き受けるなど、まだ“仕事モード”から抜け切れていなかったという。

死産という悲しい現実──妊娠から12週を過ぎていたため、処置は出産するのと同様に分娩形式を取り、さらには死亡届を提出する必要がある。火葬も行うため、遺骨も残る。高島は小さなころから「つらい」と人に伝えるのが苦手だったというが、医師から説明を受けたときも、周囲につらい気持ちを悟られないよう「できるだけ平常心を保とうと必死でした」「ここでは絶対に泣かない」と気丈に振る舞った。しかし、北川の顔を見た瞬間、申し訳なさと悲しさで「我慢していたものが込み上げてきた」という。

「いつのまにかついた、おなかをなでる癖。『もうここにはいないんだ』と気付いては泣き、目が覚めて、あの子が死んでしまったことが現実だと分かると泣いて……。あの時期は、今まで生きてきて、こんなに泣いたことはないくらい泣き続けていました」(本書より)

そんな高島の心を癒やしたのは、同じような経験をもつ女性たちのブログだった。そして、流産の経験がある人が想像以上に多いということも知った彼女。北川とともに悲しみを乗り越え、半年間子宮を休めた後は、仕事をセーブしつつ基礎体温のグラフをつけたり、下半身を温めることを心がけたりと、本格的に「妊活」に取り組んだ。

だが、妊娠はすぐにうまくいくものではない。高島は一度、妊娠検査薬で陽性反応が出たにもかかわらず、生理が始まってしまう「化学的流産」も経験。これは受精したものの着床が続かなかった状態を指すもので流産とは見なされないが、高島は「やっぱり落ち込みは相当なものでした」と振り返っている。

そして死産から1年が過ぎたころに、ついに2度目の妊娠。それでも出産までの道のりは決して安泰なものではなかった。マスコミへの妊娠発表の2日後には、胎盤が子宮口をふさいでいる「全前置胎盤」という状態であることが発覚。「切迫流産」の診断を受けるなどの危機もあったという。そうした不安な日々を乗り切り、今年の2月、無事出産を迎えたのだ。

 

高島さんが「染色体異常による子宮内胎児死亡」を告白され、
一人歩きしたのが、ダウン症の噂。

 

ダウン症は染色体異常により起こるからです。

 

羊水検査は100%に近い確率でダウン症が判明しますが、
流産のリスクも伴うわけです。

 

このあたりの定説と、高島さんに起こった過去の事故が、
ねじ曲がって噂になり、拡散されているようですね。

 

しかしながら上述しましたが、実際は、生まれてきた
新たな命を噛み締め、幸せな日々を送っていらっしゃいます♪

 

現在7ヶ月の長女について

 

「母乳8割で育てています。最初は出が悪くて痛かったけど、『吸わせるしかない』と頑張りました」

「出産はこんな痛みが世の中にあるのかと思ったのに、今はすっかり忘れて『痛おもしろい』という印象」

 

と独特のユニークな表現で幸せな日々を語っていらっしゃいます^^。

 

ツアーなどの音楽活動で忙しい旦那様についても、

 

「娘をお風呂に入れたり、ピアノやギターを弾いてくれます。
娘もキャッキャッ笑ってます」

「実は新聞の社説も読んで聞かせています」

 

と子煩悩ぶりや意外な子育て秘話も明かされました^^。

 

「社説は主張があるので、自分の“伝える”という気持ちを作れる。
発声練習にも役立つんです。
娘に『ねえ、聞いてくれる?』と頼んで相手をしてもらっています。
娘の将来にもいいかな」

 

と、これまた独特の意見をお持ちで、
いよいよお子様の将来が楽しみですね♪

 

高島彩,プライベート

 

それでは最後に、高島彩さんのプライベート情報
箇条書きにてまとめたいと思います♪

 

★小さい頃はおとなしい子で、ひとりで留守番するのが好きだった。
★幼稚園時代、お受験の為に通っていた塾で泣きながら猛勉強させられた。
★中学時代、バスケットボール部。
★中2までピアノを習っていた。
★中3の時、男の子と初交際。屋上で自分から告白した。
★中学〜高校時代、放課後にしょっちゅう渋谷のカラオケに行っていた。
★高校時代、風でスカートがめくれて縞模様の下着を見られて「シマパン」というニックネームを付けられた。
★高校時代、コギャル雑誌の読者モデルをやっていた。
★高3までサンタの存在を信じていた。
★高校卒業記念のイベントで最後に「翼をください」を号泣しながら歌った。
★大学時代、アウトドアのサークル。
★大学時代、出版社でアルバイト。

 

というわけで高島彩さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す