風間トオル,結婚相手?徹子の部屋TV動画で父・浅野ゆう子・犬?パンチパー画像も!

kazamatooru 300x297 風間トオル,結婚相手?徹子の部屋TV動画で父・浅野ゆう子・犬?パンチパー画像も!

 

風間トオルがTV動画で!徹子の部屋、オーラの泉…。
パンチパーマ、父、犬、浅野ゆう子…秘話。
結婚から離婚まで。相手画像は?クレヨンしんちゃんの?

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

風間トオル,結婚,相手,離婚,TV,動画,徹子の部屋,オーラの泉,浅野ゆう子,父,犬,パンチパーマ,画像,クレヨン…当維持キーワード♪

 

▼風間トオルさんのWikipedia風プロフィールはこちら

本名:須藤光春

出身地:神奈川県

身長・体重:175cm・62kg

年齢・誕生日・血液型:52歳・8月19日・O型

中学・高校・専門:中原中学 ⇒ 川崎北高校 ⇒ 東京デザイン専門学校

 

かつてはイケメン俳優として一世風靡した風間トオルさん。
もちろん現在でもそのイケメンぶりは健在ですが、
当時と比較すると、さらに味わいが増し
現在はむしろ“ダンディ”といった印象ではないでしょうか^^?

 

その穏やかでナイーブなイメージとは裏腹に、
それはそれは波乱に富んだ人生を送られてきた風間さん。

 

それらの数々のエピソードは、TVなどの動画でもたまに目にしますが
ここでは、そんな情報を中心にまとめていきたいと思います。
驚かれること必死ですよぉ~(゚o゚;;♪

 

中でも人気TV番組、徹子の部屋オーラの泉で語られた
強烈なお話の動画は必見でして、その辺りもこの記事では
網羅していこうと思っていますでお楽しみいただければ幸いです^^。

 

風間トオル,パンチパーマ

 

風間トオルさんと言えば、ワイルドなイメージというよりは
優しく繊細なイメージですが、実は中学入学時に・・・
パンチパーマで入学式に出席なさったエピソードがあるんです(゚o゚;;。

 

その理由がまた常人とは異質で

 

「大人だからちゃんとしないと」

 

と、パンチパーマは自分なりの正装だったようなんです(笑)

 

意に反して、その思いが周囲には通用しなかったようで、
先輩方からは当然のように“目”をつけられてしまい、
ボコボコにされた上、前歯を折ってしまった・・・
そんな青くてほろ苦い思い出があるみたいですね(;_;)。

 

風間トオル,結婚,相手,離婚,オーラの泉

 

風間トオルさんは、あまり知られていませんが、
結婚なさっていた時期が、実はあるんです(゚o゚;;。

 

お相手は一般人ということで情報は全く公開されていませんが、
1997年8月から1998年7月までの約11ヶ月間というわずかな期間だけ
独身ではない時期があったんですね^^。

 

結局スピード離婚という結果になってしまったわけですが、
この離婚の原因には・・・
前世が関与しているのかもしれないエピソードがあるんです。

 

その番組こそが、スピリチュアル人気番組だった
オーラの泉(テレビ朝日)で、ここに風間さんが出演なさった時、
国分太一さん、美輪明宏さん、江原啓之さんのお話が強烈でした。

 

他人とワイワイするよりも、一人でいる姿がかっこいい風間さんに対して、
江原さんと美輪さんが出した診断結果は、

 

「前世はエジプトの神官。陰陽師のような呪術的なことを行う人だったが、晩年に幽閉されてひどい目にあった。」

「それ故に、様々なオーラ・波動を発し、他人を寄せ付けない」

「心を鎧で閉ざしており、決して心の中を人に見せず、過去の苦労には触れられたくないタイプ」

 

実際に風間さんは、昔からの習慣やおまじないを常に実践していたり、
縁起をかついだり・・・そんな一面があるようでして、
幼少期には裏にしたトランプの数字を言い当てるゲームで、
あまりに当たるので怖くなってやめたエピソードもあります(゚o゚;;。

 

常に自分の身を守らなきゃという意識の記憶がおありのようで、
九死に一生を得るような経験を何度もなさっていらっしゃるんです。

 

自身に備わる念力のおかげで、
知らず知らずのうちに自らを守り助かっていたんだとか(^_^;)。

 

中でも、常人なら命を落としておかしくない
セスナ機による着陸失敗の事故では、
同乗したカメラマンは血まみれの大怪我を負ったのに対し、
風間さんはほぼ無傷だったそうですから、確かに頷けます。

 

何でも両翼がもぎ取れた状態で、
セスナ前部が地面に突き刺さる形で停止したんだとか・・・。

 

今後、愛を学ぶことによって、そのような事故を
未然に防げることができるとも指摘されていました。

 

「お父さんを憎まないこと」

「もっと人を許せるようになりなさい。
親を許せるようになると、もっといろんな人を許せるようになり、波動が変わるわよ」

 

このあたりの風間さんの家庭環境に関する情報は後述しますが、
美輪さんは風間さんに対してそう力説なさっていました。

 

番組終了後、風間さんは

 

「自分では意識してない自分を再発見しました」

 

何かが解決されたようなすっきりしたお顔をなさっていました。

 

風間トオル,徹子の部屋,浅野ゆう子,父

 

今では本人も過去の武勇伝のごとく
まるで笑い話でもするかのように、風間トオルさんは
自身の幼少時からの波乱に富んだ過酷なお話をなさいますが、

その具体的なお話が
徹子の部屋(テレビ朝日)で語られたことがあるんです(*^_^*)。

 

あまりにも風間さんが淡々とお話なさるので、
あの黒柳徹子さんでさえ時折、声を詰まらせていたほどです(゚o゚;;。

 

風間さんが5歳の時に両親が離婚され、
父親と父方の祖父母と暮らし始めたところから
彼の人生は苦しくなっていっきました。

 

まだ物心つく前のお話なんでしょうけど、
風間さんは、鮮明に記憶なさっているようでした。

 

父親は躾に厳しく、みそ汁をこぼしただけで叩かれたり、
イタズラをしたおしおきで2日間木にしばりつけられて
水も食事も貰えなかったこともしばしばだったそう(>_<)。

 

しかし間もなくこの父親も突如家から姿を消し、
この後は、祖父母と風間の3人での、
六畳一間のアパート生活が始まっといいます。

 

一家の働き頭・・・というか、唯一の稼ぎ手がいなくなり、
生活は困難を極めていきました。

 

食べ物を買うお金にも困るような経済状態で手に入れた知恵は、
公園に生えている草や生きたカマキリを食べること(゚o゚;;。

 

「小学校に通うようになったら、給食が楽しみで。人の分まで、食べていました」

 

番組内でそう語っていらっしゃいました。

 

こんな苦しかった環境ですら、風間さんは、
感覚で食べられる野草かどうか判断できると笑顔でおっしゃいます^^。

 

あさがおは天ぷらにして食べるとおいしいとも(*^_^*)。

 

お金がないのに祖母は
人を呼んだり、困っている人の子どもを預かったりと、
お人好しな方であったことに加え、
風間さんを長年悩ませたのが祖父の介護問題でもありました。

 

彼が小学生になった辺りからは、
既に認知症の行動があった祖父の面倒を担うのは
必然的に風間さんしかない状況だったんです。

 

というのも、祖母はパチンコが大好きで、家に留守がちだったから。

 

夜昼と関係なしに辺りを徘徊し、
なかなか家に帰ろうとしない祖父に付き合っていたのは
他でもない風間さん。

 

そんな環境にあって、何一つ嫌がることなく
自ら率先して家のことをなんでもこなしていたといいますから、
尋常ではないメンタルの持ち主です(゚o゚;;。

 

しかしある日、学校からの帰路、

 

「あのじいさん、見ろよ!」

 

友達が指さす方向を見ると、
素っ裸で用を足している祖父の姿が。。。

 

この時は必死に知らぬフリをしたらしいのですが、
帰宅後あわてて祖父を迎えに行ったエピソード、
さらには祖父が自分の排泄物を、自宅の壁に塗りつけていた
・・・なんて事件もあったそうです。

 

もちろんそれを掃除するのも、風間さんの役目。

 

黒柳徹子さんが驚いて、

 

「あなた、よく逃げないで耐えたわね」

 

そう感心されると

 

「毎日生活するのに精一杯で必死だった。
それに認知症の祖父とお人好しの祖母を、見捨てることは考えられなかった」

 

そう淡々とおっしゃったんです。

 

小学生にして、この責任感と覚悟は
このような環境が築き上げたものであるばかりではなく、
きっと本人の秘めたる強さがあったに違いありません(^-^)。

 

「今もお金が無くても辛抱できるし、少々のことでは動じないですね」

 

最後に力強く話された風間さん。

 

誰を恨むことなく、
強い精神力と人に対する思いやりを持って過ごしていた少年時代。

 

小学生にして休みの日はアルバイトづけだったという
風間さんの生活が一転したのは高校卒業後、
雑誌のモデルにスカウトされた事に始まりました。

 

時代風潮やメディアへの露出もあって、
次第にアイドル的人気を誇っていったんです。

 

さらにその数年後に俳優デビューを果たすことになったきっかけは
女優・浅野ゆう子さんの強い推薦があったことに起因します。

 

ドラマ初登場の風間さんのインパクトは強烈なものがあって、
当時を良く知る浅野さんとのエピソードでは、
撮影現場の様子が手に取る様にわかります。

 

演技経験はゼロ、動き方に関しても全くの無知、
戸惑いばかりの環境で、
他人の動きを見て、一つひとつ現場で覚えていかれたんですね。

 

次第に、みんなで一緒に一つの作品を作り上げていく
情熱があふれた現場に魅了され、
俳優業に携わってこられたわけです^^。

 

俳優としてご活躍なさるまでの波乱万丈な人生、
そして時を経て、
現在は離れ離れだった父とも連絡を取り合うようになったと聞きます。

 

ゆくゆくは父の老後の面倒もと考えているそうでして・・・。

 

それでは風間さんのブッ飛んだエピソードの数々を
箇条書きにしてまとめてご紹介しておきますね。

 

★夏休みや冬休みは給食がないのでピンチだった。
★よく多摩川の川原で食べられる虫や植物を探した。カマキリを生で食べた。雑草を食べた。
★夏場に川原の石をなめた(焼きおにぎりの味がした)。
★歯医者の治療費がないので虫歯になるとペンチで歯を抜いた。
★家にお風呂がなかったので洗濯機をお風呂がわりに使っていた。
★体操着が買えないので襟に学年の示す色を自分で塗ったTシャツを使っていた。
★小学校時代、バレンタインにたくさんチョコを貰ったが、好きな女の子からは貰えなかった。
★バレンタインの時に学校の名簿で住所を調べて女の子が20人くらい家の近所にいて「ここかな?でもこんなボロアパートに住んでるわけないよねー」という声が聞こえてきて恥ずかしくて外に出て行けなかった。
★バレンタインに貰ったチョコを365等分して食べた。
★バレンタインのお返しは拾って色を塗ったマツボックリだった。
★小4の時、ホットドック屋でキャベツを切るアルバイトを毎週日曜日に4ヵ月やった。
★小学校時代、映画館の前でポスターを毎日舐めるように見ていたら「そんなに観たいなら」とタダで入れてくれた。
★高校時代、学費と生活費をアルバイトで稼いでアパートでひとり暮らし。
★港での肉体労働、ウェイター、ワイン工場(ワインの箱詰め)などのアルバイトをした。
★不動産屋を通すと断られるので人づてで知り合った大家と直接交渉して「大学生です」と嘘をついて借りた。
★4畳半ひとまトイレ共同(家賃4500円)の古い木造アパートに住んでいた。
★冷蔵庫がなかったので土に埋め込んだ発泡スチロールに牛乳やヨーグルトを保存していた。
★病気や怪我の自然治癒力が強い。
★海外で何を食べてもお腹を下さない。
★膵炎が自然に治った事がある。
★ガラス扉に激突して唇を切ってビー玉大に腫れたが2日で元に戻った。
★バレーボールでブロックした瞬間に指が2本第一関節までめりこんだが自分で強引に引っ張って治した。
★宝物…祖母から貰った腕時計。

 

風間トオル,犬

 

風間トオルさんの愛犬はゴールデンレトリバー
子犬の頃から飼っている可愛がっているロコちゃんです。
本名(?)はロコ助六銀之介君です。

 

風間さん自身がサーファーなのでロコモーションのロコ。
転機となった映画『助太刀屋助六』に因んで助六。
生まれ代わったら「銀之助」という名前をつけられたい。

・・・そんな理由からの命名のようです(^O^)。

 

舞台公演が昼夜2部構成の時でも、
朝晩の散歩を欠かさない風間さん(^O^)。

 

もちろん相棒は、ロコちゃん。
ちなみに愛称はセンセーだそうです。
一体呼び名がいくつあるんでしょうか(笑)?

 

今や35.6kgの大型犬ですが、
初めて対面したときはまだ子犬で(当然ですがw)、
一時はセンセーの生活を第一にと
湘南に引っ越し海の近くで暮らしたほどの愛犬家なんです。

 

風間トオル,クレヨンしんちゃん

 

「風間トオル」と言えば、アニメクレヨンしんちゃんにも
登場することで話題になったことがありますが、
イケメンでプライドの高い彼は、
俳優・風間トオルさんがモデルだとも言われています^^。

⇒画像はコチラ

 

秘密基地を石坂みどりやまつざか梅の自宅に構え、
春日部の愛と平和を守ることを目的としている
かすかべ防衛隊という、しんのすけらが結成した組織の一員ですね。

 

幼稚園児ながら英語やさまざまな知識を知っている。しんのすけ曰く大親友かつ「お互いのホクロの数まで知り尽くした関係」。しかし、本人は嫌がっている。後述の魔法少女もえPなどの少女向けアニメのファンであるが、皆には隠し通している。少しプライドが高い。
塾に通っていて頭が良く、5歳にして中学生並の知能レベルを持ち、常識人でもある。スポーツ万能で短距離走ではチーター(河村)を追い抜いたこともある。

 

 

はい、というわけで、今回は風間トオルさん情報でした。

 

あ!最後におまけでこんなエピソードをお届けします♪
これまでの風間さんの経歴と、人間性を踏まえてお読みになると
きっと面白いと思いますよ~(*^_^*)。

 

それは仕事絡みの、あるパーティでの出来事。再現VTRの風間役の俳優から考えると、彼が30歳前後の時の話だろうか。ゲストとしてパーティに呼ばれた風間の元に、主催者である中年の夫婦が挨拶をしにきた。
「私の家内です。」と社長である夫が、妻を紹介した。年は50代ぐらいであったという。「初めまして。風間トオルです。」と、その場は通り一遍の挨拶で終わった。

しばらくして食事をしている風間のところに、主催者の夫の秘書が小声で話しかけてきた。「奥様が今夜一晩、ご一緒したいと申されています。」とテーブルの下から、封筒を差し出した。驚いて見た封筒の中には、札束が入っていた。ざっと100万から200万は、入っていたようだ―と風間は語る。視線を感じて顔を上げると社長の妻が、今でいう“ドヤ顔”で彼を見つめていたという。「監禁されるのでは。」と恐怖を覚えた風間は、即座に断った。その様子を見た彼女は顎を突き上げ、秘書に何か指示を出した。「(お金が)足りないのであれば、もう少しお出しします。」

まるで昼メロドラマのような展開である。そのパーティでは夫が妻の横の席に座っており、話を持ってきたのは夫の秘書である。尋常な世界ではない。もちろん風間は固辞したが、なんとこのような話は珍しいことでは無かったようだ。

幼少から上品な育ちの良さを漂わせていたのは、彼の荒んでいなかった心と強い精神力からだと感じる。小さい頃は公園の草まで食べるほどお金に困っていたが、だからといって大人になってお金には執着せずに過ごしているようだ。“お金さえあれば、何でもできる。”と自分に近づいてきた社長の妻を、どんな目で風間は見ていたのだろうか。

 

 

はい、というわけで風間トオルさんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す