西尾由佳理キャプ画像動画cupワキ美脚タイツ,アゲるテレビ性格子供性別,吉木りさ?

nishioyukari 300x300 西尾由佳理キャプ画像動画cupワキ美脚タイツ,アゲるテレビ性格子供性別,吉木りさ?

 

西尾由佳理の画像動画キャプ情報♪カップ ・ワキ・美脚・タイツ…
アゲるテレビ!性格は?子供性別は?吉木りさと?

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

西尾由佳理/画像/動画/キャプ/カップ/ワキ/美脚/タイツ/アゲる/性格/子供/性別/吉木りさ・・・当記事キーワード♪

 

▼西尾由佳理さんのカップほかWikipedia風プロフィールはこちら

本名:権八由佳理(旧姓::西尾)

出身地:千葉県

身長・体重:161cm・???kg

年齢・誕生日・血液型:37歳・7月25日・O型

カップ:B~Cカップ?

小学校・中学・高校・大学:大柏小学校⇒市川市立第五中学⇒市川西高校⇒文京女子短期大学英語英文学科⇒東京女子大学現代文化学部(編入学)

 

今回深掘り情報をまとめる方は、セント・フォース所属のフリーアナウンサー、タレントで元日本テレビアナウンサーだった西尾由佳理さん♪

 

お綺麗な方ですよね~(*^。^*)。

 

上記プロフィールの通り、西尾さんは、大学を編入学なさっておられるわけですが、本人曰く・・・

 

「文京女子短期大学から東京女子大学に編入する頃が一番勉強を頑張った時期」

 

なんだそうです。

 

その大学時代にはアメリカ・イリノイ州に8ヶ月間滞在もなさっていますからね。

 

目標に向けて一途に邁進なさるお人柄が伺えますよね^^。

 

また、同じく学生時代にはNPO法人自然・文化創造会議/工場にも参加なさっていたようで、アナウンサーになってからも、その分野に関する関心は大きいようです。

 

と言いますのも、月刊ソトコトで環境に関するコラムを執筆するなど環境問題に対し積極的であり、2008年には第4回環境社会検定にまで合格なさっていますからねヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

日テレにアナウンサーとして入社なさってからは『スポーツMAX』のアシスタントなどを務められたことで、一気に世間にお名前が知れ渡りましたね。

 

持ち前の美貌の効果が大きいんでしょうけど( ̄▽ ̄)。

 

さらに2005年4月からは『ズームイン!!SUPER』の2代目女性司会となり、2011年3月31日の番組終了まで務めあげられています。

 

さらに、西尾さんといえば、みなさん『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』の顔としても馴染み深いのではないでしょうか?

 

こちらは、2005年から2011年まで7年連続で総合司会を務められており、これは女性総合司会の登板記録でもあるんです(゚д゚)。

 

そして、2011年8月31日の『24時間テレビ34』が日テレアナウンサーとしての最後の仕事となり有終の美を飾られたわけです。

 

日テレ退社後はフリーに転身され、同年10月7日に放送されたTBS『たましいの授業』で司会を担当なさったのが、日テレ以外の番組への初出演でした^^。

 

当初は個人事務所(株式会社マネジメンツ)を旗揚げして活動なさっていたのですが、2012年9月より、現在の所属事務所であります、アナウンサープロダクションのセント・フォースへ移籍なさっています♪

 

西尾由佳理/アゲるテレビ/性格

 

フリー転向後は、様々なテレビ局にてご活躍なさっていますが、その中で西尾由佳理さんにしては珍しく不調だったアゲるテレビ(フジテレビ)でメインキャスターを務められた時の話題を少しだけ深堀りしてみましょう(^^;。

画像

 

ご存知の方も多いでしょうが、この番組、わずか半年で終了となったのですが、ネット上では、視聴者からの様々な意見や、西尾さんに関する噂も多く聞かれるようです。

 

4月からスタートした同番組でしたが、ダブル司会の大塚範一アナが悪性のリンパ性白血病で休業することとなり、その後は視聴率も1%台という悲劇に見舞われたこともあったようです(;_;)。

 

最後の放送で、西尾さんは

 

「前向きないいチームで、楽しませていただきました」

 

ときっちりと挨拶を済まされたのですが、ネットの声はなかなか厳しい意見もあるようです。

 

「視聴率1%ってどんだけw」

 

「大塚さんが復帰する前に終わってしまった」

 

「苦戦は予想されていたけど予想以上の厳しさだったな」

 

「大塚アナと西尾アナのタッグが目玉だったからな」

 

「西尾アナは数字持ってなかったってこと」

 

「フジテレビだから西尾アナは人気あったけど適材適所じゃなかったんだろ」

 

「主婦層に女子アナは無理があった」

 

「主婦は毒のあるワイドショーとか望んでるからね」

 

「司会は男にするべきだったな」

 

西尾さんは、元日テレのエースでしたので、ショックも大きかったのではないでしょうか?(´・ω・`)

 

一方で、これはどこまでが事実なのかは分かりませんが、内部ではこんな噂も囁かれているようです(ーー;)。

 

フジテレビ関係者の話によると・・・

 

「大塚さんが新番組の打ち合わせの後に、西尾さんをご飯に誘ったんですが、“もう仕事は終わったので”と断っちゃったみたいです。大塚さん、表向きは平静を装っていましたが、“あんな態度ではパートナーとして信用できないよ”っていう思いで、不安そうにしていましたね」

 

海外留学経験もおありの西尾さんですから、そういった面では、海外気質な部分があるのかもしれませんね。

 

また、4月22日の放送では、生放送中に仏頂面がお茶の間に流れてしまったことがあったようです。

 

気象予報士の資格を持つ落語家・春風亭昇吉さんの中継の際の一言が、西尾さんの逆鱗に触れてしまったんだとか・・・。

 

番組スタッフの話では、

 

「藤の花が満開だったので、昇吉さんは『フジが満開です』と、『藤』に『フジ』を引っ掛けたんです。しかし、番組は低視聴率で満開どころか、枯れ気味。これを嫌みと捉えたのか、西尾さんの顔がみるみる紅潮し、一気に不機嫌になってしまったんです」

 

さらに番組終了後に、周囲のスタッフに対して

 

「あれ何なんですか?」

 

「私はフジじゃないんですけど……」

 

などと愚痴をこぼされていたとかで。。。

 

う~ん、お気持ちはお察ししますが、ちょっと。。。(^^;

 

あ!この噂が事実だったとしたらの話ですよ!!

 

西尾さんを古くから知る人物によると・・・

 

「仕事は確かにできたけど、どこかクールというか協調性がないというか……。スタッフからの評判はイマイチでしたね。例えば、番組スタッフと飲みに行く時も、予約した店が気に入らないと『私、ここで帰ります』と空気を読まずに帰ってしまう。外づらがいいだけに、何を考えているか、何が彼女の“地雷”なのかわからないことが多々あった」

 

なんて話もあるようで。

 

とは言え、現代っ子気質であるが故の言動もあるのかもしれません。

 

私は、こんなサバサバした性格の方は好きですけどね。

 

オンオフをきっちりしたい性格とでもいうんでしょうか、裏がない分、逆に正直さが伝わるといいますか、嘘がないというか、信頼はおけるのではないでしょうか?

 

権力に媚びない、さっぱりした性格(と評されている)西尾さんは、決して人の悪口を言わないそうで、価値観の合う方々からは、専ら性格は良いとされていらっしゃるようですヽ(;▽;)ノ。

 

その真面目な勤務態度が評価され、2006年度のアナウンサー・オブ・ジ・イヤー(日本テレビにおける社内評価制度)も受賞なさっておられることからも、お仕事に対しては誠実な様子が伺えますよね♪

 

その一方で、

 

「スケジュール通り仕事が終わってほしい」

 

「給料よりも休日を確保したい」

 

とも公言なさっていますが。。。

 

これぞ“オンオフのけじめ”でしょう。

 

日本人で、こうも堂々と自身の意見を公言できる方は、なかなか少ないのではないでしょうか?

 

上司の立場にいらっしゃる方々はやりにくい部分もあるでしょうが、むしろ、後輩たちからは尊敬を一身に浴びそうな性格ですよね(*゚∀゚*)。

 

その一端が垣間見えるこんなエピソードがあります。

 

西尾さんのフリー初仕事となった、芸能人が学校の生徒たちに人生の特別授業をするというバラエティー番組、TBS『たましいの授業』での撮影の際の出来事です。

 

この撮影に関して彼女の自己採点はかなり低めの「15点」なんだそうですが、その理由があまりにもカッコイイんです!

 

母校の小学校で「伝える」ことの大切さを講義なさっていた西尾さん、生徒たちへ手紙を読む形式だったのですが、東日本大震災のくだりで、涙で声を詰まらせてしまわれたそうで・・・。

 

しかしながら、これが本人にとっては、納得いかなかったようなんですね。

 

「緊急時こそ冷静に。頭では分かっていましたが、こんな状況をどんな言葉で伝えたらいいのか分からず、力のなさを痛感しました」

 

そうおっしゃる西尾さんは、何度も読む声が止まってしまったことに、ひどく落ち込まれたようです。

 

「あー、やっぱり女子アナは泣いちゃうのか」

 

失敗して本番中に平気で泣いたり、取材中にヒステリックに泣いたりという・・・女子アナであれば暗黙に許されるようなことにもかかわらず、西尾さんは絶対に涙だけはこぼすまいと頑張っていらしゃいました。

 

「伝える側が感情的になってしまうと、中身よりもその人に注目が集まってしまい、受け手が集中できない」

 

そうおっしゃる西尾さんには、「伝える」プロとしての気概を感じますし、個人的には大いに好感を持っています(^O^)。

 

西尾由佳理/子供/性別/動画

 

さて、西尾由佳理さんですが、2010年に広告プランナーの権八成裕さんとご結婚なさっていますオメデトウ(^▽^)ゴザイマース。

画像

 

珍しい名字ですよね“ごんぱなるひろ”さんとおっしゃいます。

 

経歴を簡単にご紹介しますと・・・。

 

1998年、電通入社。同年には朝日広告賞グランプリ受賞。

 

2003年、電通の子会社「シンガタ」の設立に参加、出向。

 

・・・といったところでしょうか。

 

もう・・・すっごく簡単に説明しますと・・・「CMを企画するする人」と言えば伝わるでしょうか(笑)。

 

有名ですよね?サントリー「速水いまいち」のCM。アレです!

動画

 

そしてご夫婦には、結婚4年目にして、今年1月中旬に第一子が誕生していますオメデトウ(^▽^)ゴザイマース。

 

高齢出産ということで、心配もあったでしょうが、母子ともに健康なようで、ひと安心ですねヽ(;▽;)ノ。

 

ちなみに、気になるお子様の性別、名前、体重・・・これらに関する情報は一切公開されていないようです。

 

このところの芸能界の傾向としては、珍しいですが、さすが、周囲の流れに合わせることなく、自身の考えを貫かれるところは、相変わらず健在なわけですね(*゚▽゚*)。

 

そして今年4月10日、産休前に担当なさっておられた『世界HOTジャーナル』のゴールデンタイム進出のタイミングに合わせて仕事復帰なさっています♪

 

西尾由佳理/吉木りさ

 

これ、私だけではなかったんですね(笑)

 

西尾由佳理さんとグラビアアイドル吉木りささんがソックリだと思われている方。

 

ずっと思っていたんですが、私の他にも、ネット上にそんな発言が見られましたので(*゚∀゚*)。

(※吉木りささんに関する深掘り情報はコチラの記事がオススメ♪)

 

西尾由佳理/ワキ/美脚/タイツ/キャプ/画像/動画

 

この項はもう見出しタイトルの通りです♪

 

検索の多い西尾由佳理さんのワキ画像、美脚画像、黒タイツ画像^^。

 

ホントお美しいですよね~(๑≧౪≦)。

画像① 画像② 画像③ 画像④

 

そして、ミニスカ黒タイツがキュートなこんな動画もご紹介しておきましょう♪

動画

 

羨ましい限りのプロポーションです\(//∇//)\。

 

西尾由佳理/プライベート

 

それでは最後に西尾由佳理さんのプライベート情報を箇条書きにてまとめておきます♪

 

★趣味は読書で、小説から漫画まで読む。
★重度の花粉症。
★小学生のときは周りに“子”がつく友達が多かったため、にし子というあだ名で呼ばれていた。
★また、小・中学校時代は9年間バスケットボール部に所属。中学時代はキャプテンを務めていたが、チームをまとめることはできなかった。
★学生時代に地元の美容室や女性誌のヘアモデルをしていた。
★涙を流すことが非常に少ないが、フリーとしての初仕事となったTBS『たましいの授業』で、母校の小学校で講義を行った際、生徒たちへの手紙を読んでいる途中で、涙で声を詰まらせたことがある。
★料理が苦手。『世界まる見え!テレビ特捜部』にてそれを克服させようと料理企画が組まれ、2回だけコーナー化された。
★『スポーツMAX』の馬名を命名する企画で、解説の掛布雅之が自身と西尾の名前をそのままつなげてマサユキユカリと名付けた。
★2003年12月24日に開催されたプロレスリングノア・クリスマス大会で日本テレビの女性アナウンサーとして初のプロレス実況を担当した。
★『火垂るの墓-ほたるのはか-』(2005年11月1日放送)で端役ながら演技に初挑戦した。
★2009年には表参道ヒルズで開催された篠山紀信の写真展「KISHIN:BIJIN」(キシン:ビジン)BIJIN of THE YEAR 2009 のモデルに選出された。
★2010年に開催された第4回東京マラソンに出場し、6時間32分4秒で完走した。
★オリコン調査「好きな女性アナウンサーランキング」第7回にて、1位となった。

 

というわけで西尾由佳理さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す