能年玲奈の天然キャラ性格!計算演技?障害エピソード!動画像cup!綾瀬はるかも?

nounenrena 297x300 能年玲奈の天然キャラ性格!計算演技?障害エピソード!動画像cup!綾瀬はるかも?

 

能年玲奈の天然キャラは演技?性格?計算?
障害エピソード???あまちゃん?綾瀬はるか?
画像・動画・カップ情報も!

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

能年玲奈 障害 あまちゃん 天然 綾瀬はるか エピソード キャラ 動画 画像 カップ 演技 計算 性格…当記事のキーワードです♪

 

▼能年玲奈さんのカップほかWikipedia風プロフィールはこちら

本名:能年玲奈

出身地:兵庫県

身長・体重:162cm・kg 非公表

年齢・誕生日・血液型:21歳・7月13日・A型

カップ:Bカップ

中学・高校:大河内中学(現:神河中学) ⇒ 堀越高校

 

能年玲奈 あまちゃん 性格

 

今や国民的人気女優の一人、能年玲奈さん。
きっかけは…そう…連続テレビ小説あまちゃん(NHK)。
ここはご存知の方が大半でしょう。(^-^)

 

芸能界デビューは2006年、
第10回ニコラモデルオーディションでのグランプリ受賞に始まります。

 

2010年までここでレギュラーモデルを務めた後、
2012年2月、第11代「カルピスウォーター」のCMキャラクターに
抜擢されたことで、徐々に世間に顔を知られ始め、

その爽やかでフレッシュな笑顔が話題になり、
一躍時の人として脚光を浴びるようになりました。

 

ここから女優としての活躍が始まり、
映画出演やテレビドラマのレギュラー出演が増えてくると、
いよいよ2013年前期のNHK連続テレビ小説あまちゃん
ヒロイン・天野アキ役に大抜擢され初主演を務めたわけです。

 

その応募総数はなんと1953名。
そんな中から選出されたわけですから、
光る何かがきっとあったに違いありませんね。

 

その“何か”はこれまでのご活躍が物語っていますよね。

「東京ドラマアウォード2013」主演女優賞、
第78回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞、
劇中セリフ「じぇじぇじぇ」は2013年「新語・流行語大賞」の年間大賞を受賞。

 

性格は極度の人見知り、特技は絵、趣味はギター、読書、アニメ鑑賞。
1歳だけ歳の離れた妹さんがいらっしゃいます。^^

 

ちなみにこの「能年(のうねん)」って名字、珍しいですよね?

 

よくお寺の子に間違えられるそうですが、
江戸時代に姫路の城下町に組み込まれた
「南畝(のうねん)村」、現在の「兵庫県姫路市南畝町」が由来だそうです。

 

「玲奈」という名前は単にお母さんが好みの音の響きで決定したと。^^

 

それから能年玲奈さん、大のヒゲ好きで、

「『世界ヒゲ選手権』に行きたい」
「家で、付けヒゲを付けたりしている」

そんな不可解(?)な発言もなさっているみたいです。(笑)

 

能年玲奈 あまちゃん 性格 天然 動画

 

能年玲奈さんの天然ぶりが話題になり始めたのは、
2013年9月20日のあさイチ(NHK)での登場に起因しています。
元々噂はあったのですが・・・。(笑)

 

番組内での話はあまちゃんヒロイン合格発表の時。(笑)

 

オーディションの最終審査としてNHKに呼び出され、
合格通知の入った封筒を渡されるという、
本来であれば嬉しいサプライズの予定だったんです。^^

 

ところが能年玲奈さんは、その封筒内の紙に書かれた文字を
最終審査の台本だと勘違いし声に出して読み始めました。(^_^;)

 

「ヒロインは能年さんに決定しました。」

 

気付かない能年玲奈さんに向かって再度スタッフから

 

「もう一度読んでください。」

 

そう言われ、言われるがまま何度も何度も読んでしまい・・・。(笑)

 

最終的にはプロデューサーから直に合格の旨を告げられ、
そこで初めて気づいたんだそうです。(^O^)

 

またこの後のNHKでの記者会見の受け答えも意味不明で、
挙動不審な言動を見たスタッフ一同から

 

「この子で大丈夫なのか?」

 

と騒がれ、共演者の古田新太さんからは
ノータリン呼ばわりされたなんて噂もありましたっけ?(笑)

 

番組内では、常に肩をすぼめ緊張気味だった能年玲奈さんですが、
そこはやはりプロ、持ち前のスマイルだけは完璧でした!^^

 

前述の通り、極度の人見知りだという能年玲奈さんに対し
司会の井ノ原快彦さんから

 

「どういった空間にいると落ち着くのか」

 

と問われると

 

「おうち」
「一人でいるときにもうダラーッとしていて、生ゴミみたいです。
「誰にも見せられない」

 

そう説明し、井ノ原さんを始めとする会場を絶句させていました。^^

 

実はこの発言の背景には能年玲奈さんのこんな経験が・・・。

 

女優の駆け出しだった頃、演技指導の滝沢充子さんに

 

「あなたは女優をやらないと生ゴミね」

 

と言われ、さらには妹さんからも

 

「普通に働いても生きていけへんな」

 

と言われたことがあり、ショックを隠して納得したんだそうで。(;_;)

 

当時の能年玲奈さんは台詞覚えもよく本番には強かったものの、
稽古中のあまりの不出来具合に生ゴミ発言をしたんだそうです。

 

ところがその後・・・

 

「この業界(芸能界)だと宝石に変わるかもね。」

 

という言葉を投げかけたところ、途端に目の色が変化し、
女優として急激に成長した過程があったんです。

 

ネットではこの放送を見た感想として、

 

「たしかに天才肌だと思う」
「第二の綾瀬はるかと言っていた人の意見分かるわ」
「生の能年ちゃん可愛過ぎてヤバかった!!!」

 

たくさんの好意的な意見が送られました。

 

あまちゃんにおいても、
撮影前の状況から演技力を不安視されもしたようですが、
フタを開けてみれば、予想をはるかに上回る名演技を披露し、

 

「地味で暗い都会っ子が訛りすぎる海女となり、やがてアイドルを目指す」

 

という異色のヒロインをやり遂げたんです。

 

能年玲奈 天然 キャラ エピソード

 

そんな能年玲奈さんの不思議ちゃんキャラが、
世間に浸透していったのは
ドラマ『あまちゃん』出演後のバラエティー番組への出演でした。(^_^;)

 

芸能界入りしてからの上京だったこともあり、
東京には腹を割って話せるような友達はいないみたいですが、
逆に地元の古い友人たちの前では、
その破天荒ぶりにも拍車がかかっているようです。

 

みんなで買い物に行った時なんかは、
ショッピング最中に鏡の前で洋服を見たり着たりしながら色々妄想して、
とんでもなく時間をくってしまうこともしばしば。

 

「一緒に買い物に行くと別世界に行っちゃうから時間がかかって困る」

 

友人たちから愚痴をこぼされるほど問題視されているそうです。(笑)
鏡を見ながら色んなもの試してるうちに2、3時間はザラだとか…(^_^;)

 

プライベートのみならず、
自身の発想で頭の上にタコを乗せて写った、雑誌『装苑』の表紙なんて、
もはや“不思議ちゃん”を通り越してもはや解明不能状態です(笑)

 

天然だとも言われていますが、一種の天才なのかもしれません。^^
他にもこんな天然(天才)エピソードを用意しました!

 

『笑っていいとも!』(フジテレビ)に出演した時のこと・・・。
スタジオに登場するなりキョロキョロと・・・。

 

タモリさん、定番の見た目をイジるお言葉ですが

 

「色白いね」

 

これに対ししばらく間をおいて・・・

 

「……でもファンデーション」

 

これに対しもちろんタモリさんは突っ込みます。

 

「そりゃ塗るでしょう!(笑)」

 

さらにまたまた見た目をイジるタモリさん。

 

「目がキラキラしてるね」

 

またまた難解な言葉を並べる能年玲奈さん。

 

渡辺えりさんに言われたんですけど、小動物みたいに殺されないために黒目が大きくて……」

 

この回答にはさすがのタモリさんも困惑されていました。(^_^;)

 

「殺されそうになったことがあるの?」

 

また、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組
「SCHOOL OF LOCK!能年玲奈のGIRLS LOCKS!」(TFM)での
記念すべき担当1周年記念となる抜き打ち小テストの解答が・・・

コチラ

(※【問四】の絵は⇒ コチラ

 

でも関係者は『あまちゃん』ヒロイン発表会見のときから
その“不思議ちゃんキャラ”は既にご存じだったかもしれませんね。
珍発言のオンパレードでしたから(笑)

 

「(ヒロインに決まった)興奮で鼻息が荒くなって、その勢いで空も飛べちゃうんじゃないかって……」
「(岩手県は)名前の通り、岩のようにゴツゴツした形ですてき」

 

もちろん自身のブログも能年ワールド全開♪

 

『あまちゃん』の劇中でのグループ・・・
アイドルを目指す天野アキ所属の地方出身者グループGMT
この「GMT」の女優陣と不思議なポーズをキメた写真を公開なさっています。

 

「ダンスレッスンの合間、皆でかみさまごっこをしました」
「リーダーのかみさまは、輪切りになったり横に倒れたりみじん切りになったり色んな楽しみ方ができます」
「私は、勘違いしてる、と叱られました」
「また皆とかみさまごっこしたいなー」

 

一体これがどういう遊びなのか?
叱られるほどルールが完成している遊びなのか?
最後までかみさまごっこの解説はないまま記事は終了しています。(^_^;)

 

能年玲奈 天然 演技 計算

 

この能年玲奈さんの天然キャラ計算された演技なのでは?

 

『しゃべくり007』(日テレ)に出演なさった能年玲奈さんをご覧になった
世間の方々から・・・
わざとトークできないフリをして不思議ちゃんを装っている・・・
なんて噂も囁かれていますが、これをさらに深掘りしてみましょう♪

 

この日の放送では「1時間丸ごと能年玲奈さん」というVIP待遇で登場し、
独特の間合いと感性でしゃべくりメンバーたちを翻弄なさいましたが…。

 

一般的には6秒間の沈黙があると放送事故とされる
暗黙のルールがあると言われる芸能界で、この日の能年玲奈さんは、
3秒~4秒もの間、間を空ける姿を頻繁に見せていたらしいのです。^^

 

しかも、言葉のキャッチボールが重要なバラエティ番組で、
これだけ長い沈黙がそのまま放送されるというのも珍しいことでして。(^_^;)

 

もちろん、しゃべくりメンバーたちも
ガシガシと芸人らしいツッコミを見せてはいたんですが、
一貫してマイペースを貫く能年玲奈さんには
若干手を焼いている風でもありました。(>_<)

 

しかしながら、いざ「卒業式」のコントが始まり、

 

「楽しかった文化祭~」
「足がパンパンになった富士登山~」

 

と、メンバーがボケる中で、最後にオチを担当した能年玲奈さんは

 

「話の長かった校長先生~」

 

と、単なる“天然”とは思えない見事なアドリブ披露なさったんですね。

 

この辺りから、
デキるのにワザとデキない素振りをして不思議ちゃんを装っている!?
そんなバッシングが見られ始めました。

 

番組では他にも、洋服作りといった趣味も披露されていまして、
そんな一面から見ても、しっかり者の印象が、
視聴者には少なからず与えられていたんでしょうか・・・。(^_^;)

 

「わざとらしい」
「こういう女が1番苦手」

 

そんなバッシングが増えてしまったきっかけになったわけですね。

 

しかしながら「天然」も「天才」も紙一重な印象はありますし、
一般人には理解不能な感性を持ち合わせているのが女優ともいえるでしょう。

 

この時の見事なアドリブを披露なさったことに関しても、
その瞬間に女優としてのスイッチがONになっただけの話かもしれません。^^

 

そう考えると、バラエティ番組で見せる間の悪い(?)トークも、
能年玲奈さんが本物の女優だという証明とも言えますよね?(^-^)

 

まあこのバッシングも一部の方々の意見ですし、
大半のファンの方々は以下のようなポジティブな意見がほとんどです♪

 

「天然だろうが、ぶりっこだろうが、かわいいからいいんだ!」
「これだけ魅力ある性格を演じられるなんて、女優の才能があるってことじゃん!」

 

能年玲奈 綾瀬はるか 天然 動画 画像

 

さて昨年の紅白歌合戦ですが、こちらもネット界は大盛り上りでした!^^

 

何と言っても能年玲奈さん、綾瀬はるかさん、という
二人の天然キャラが番組を仕切ることになったわけですから!(^O^)

 

その盛り上がりをまとめた動画を発見しましたので、順にご覧下さい♪

画像1画像2 ⇒ 画像3 ⇒ 画像4 ⇒ 画像5

 

どうです?盛り上がっていますでしょ?(笑)

 

能年玲奈 障害

 

これはあくまでも噂にすぎませんが、能年玲奈さんが、
現在重度のあまちゃんロス症候群」(あまロスに陥っているとか?

 

一種の燃え尽き症候群みたいなものでしょうか?

 

「東京ドラマアワード」で主演女優賞を受賞なさった能年玲奈さんの、
会見での第一声が

 

「撮影が終わって2ヶ月が経ちますけど、“あまロス”に陥っています。」

 

このウケ狙いともとれる発言に、会場は大爆笑だったようですが、
本人は意外とマジな様子でして・・・。

 

『あまちゃん』を毎朝昼観る楽しみが無くなった時の喪失感から、心に大きな穴が開き、無気力になる状態。

 

症状としては、

★朝起きるのが辛く、なかなか起きれない
★何もやる気が起こらない
★完全に燃え尽きてしまった感じがする
★他に楽しみがなかなかみつけられない

 

基本的に、このドラマをご覧になっていた
視聴者に見られる症状なのですが、
まさか主演を演じていた本人があまロスに陥るとは!?

 

この授賞式後の囲み取材時も、
当初はテンションあげあげだったにもかかわらず、
お気に入りのシーンや登場人物について聞かれると、
1分間以上のフリーズ…そして結局ひと言も言葉が出てこなかったりと…。

 

・・・でもどうなんでしょうねぇ~?
これまでここに記してきた記事内容からして・・・
この受け答えはごく普通の能年玲奈さんのような気もしますが…。(^_^;)

 

本人は、あまロスを抜け出すため(?)、続編を希望なさっているとか。

 

ちなみに、作品内で母親役を演じた小泉今日子さんからは

 

「このままじゃダメになる。1つの作品にこだわらない方がいい」

 

そうアドバイスを受けていらっしゃるようです。

 

 

はい、というわけで能年玲奈さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す