生田絵梨花大学入学東音どこ?ピアノコンクール動画!cupかわいい画像!姉経歴?

ikutaerika 300x300 生田絵梨花大学入学東音どこ?ピアノコンクール動画!cupかわいい画像!姉経歴?

 

生田絵梨花(乃木坂46)の入学した大学はどこ?東音(東京音楽大学)?
ピアノ全国大会コンクール動画が!teppen・そばかす…♪
EX大衆かわいい画像・カップ情報・姉の経歴が!

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

生田絵梨花/乃木坂46/入学/大学/どこ/東音/東京音楽大学/ピアノ/全国大会/コンクール/動画/teppen/そばかす/EX大衆/かわいい/画像/カップ/姉/経歴・・・当記事キーワード♪

 

▼生田絵梨香さんのカップほかWikipedia風プロフィールはこちら

本名:生田絵梨香(別名:池上花衣)

出身地:ドイツ⇒東京

身長・体重:160cm・45kg以下?

年齢・誕生日・血液型:18歳・1月22日・A型

カップ:Dカップ?

中学・高校:中学不明⇒東京音楽大学付属高校?(推測)

 

今回深堀り記事をまとめる方は、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、生田絵梨花さん♪

 

数々の才能に秀でた才女でいらっしゃいますね(^O^)。

 

今回の記事では、特にその辺りに焦点を絞ってまとめていきたいと思います^^。

 

「いくちゃん」「いくたどん」なんて愛称で親しまれている生田絵梨花さんですが、上記プロフィールに記しました通り、「池上花衣」との別名もお持ちのなんです。

 

これに関しては、乃木坂46に加入する以前に撮影された映画『ビギニング オブ トイレの花子さん イジメから始まる物語』で主演を務められた際の名義ですね(^^;。

【DVD/邦画/ホラー/新品】ビギニング オブ トイレの花子さん イジメから始まる物語【SORA/DVD/…

 

また上記プロフィールで、出身地がドイツ⇒東京になっているのは、ドイツのデュッセルドルフで誕生し、5歳から東京で過ごされたという経緯があるということなんですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

もうこれ聞いただけで、生田絵梨花さんの英才的な才能をイメージしてしまいます(゚д゚)。

 

その私生活の凄まじさは、中学時代の彼女を垣間見るだけで、ビンビン伝わってきますよ!

 

学級委員を務めながら、月曜日は数学、火曜日はクラシックバレエ、水曜日は習字、木曜日は英語、土曜日はピアノ、日曜日はクラシックバレエをそれぞれ習っていらしたとのことですから!

 

唯一、金曜日だけですね、オフなのは。

 

オフといっても、中学生ですから、本分の学業のために学校へは通われているわけで・・・となると、年中無休状態の私生活ともいえる英才ぶりだったんですね。

 

そんな中、様々な資格や賞も受賞なさっています。

 

実用英語技能検定2級、日本漢字能力検定準2級、実用数学技能検定3級、書道検定準7段に合格、書画展で金賞を受賞。。。

 

友達と遊んでいる暇なんて一切なかったのではないでしょうか?

 

しかも、これだけ多忙な私生活を送られながらも、学校のテストでは基本的には1位や2位だったそうですから、天才と言わざるをえませんねヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

いや、天才の一言で片付けるのは、本人に対して失礼なのかもしれません。

 

まさに、努力の賜物だと言えるのではないでしょうか?

 

そんな中学時代を経て、乃木坂のメンバーに加入されたわけですが、2014年8月3日、乃木坂46の10thシングル『何度目の青空か?』で初のセンターを務められています♪

乃木坂46 ノギザカフォーティシックス / 何度目の青空か? 【CD+DVD盤Type-A】 【CD Maxi】

 

この時の彼女の意気込みは以下のようなものでした。

 

「全然予想してなくて……しばらく自分が離れてたっていうのもあって、さらに実感が湧かなくて……だけど自分の持ってるパワーをいっぱい出せたらいいなと思ってます」

 

これだけ各分野でご活躍されている生田絵梨花さんですが、そもそもアイドルに興味はあったんでしょうか?

 

これに関して、あるインタビューで、こう回答なさっています。

 

「もともと興味は持ってなかったんですけど、小さい頃からミュージカルを観に行くのが好きで、いつか自分もあの舞台に立ちたいと思っていて。で、“ステージ”という共通点からたまたま乃木坂のオーディションにたどり着いて、1期生として1から立ち上げるという機会はあまりないことだからチャレンジしてみようと思って受けたのが、アイドルになったきっかけなんです」

 

なるほど。タイミングがドンピシャだったわけですね。

 

人生の分岐点における僅かなチャンスをモノにされた生田絵梨花さんもさすがです!(^-^)

 

それでは、実際に活動してみて、想像していたアイドルの世界と現実の世界は違ったのでしょうか?

 

これに関しては・・・

 

「やってみて、思っていた以上にすごく踏ん張る力がいるなって思いました。表では笑顔で人を楽しませるっていうキラキラした姿のイメージが強いんですけど、そのためには当たり前だけどものすごい苦労が必要だし。それは乃木坂に入ってから初めて気付かされました」

 

理想と現実のギャップといったところでしょうか?

 

そもそも、人を喜ばせる商売というには、何をやるにしても難しいですからね。

 

しかしながら生田絵梨花さんはこうもおっしゃっています♪

 

「その苦労もメンバーと共有し合えるから、そこでお互い切磋琢磨できるというか。キラキラした表の舞台に向かってみんなでがんばっていくっていうのは、裏での苦労の部分も含めてすごくいいなと感じられることでもあります」

 

若くして、かけがえのない貴重な経験を重ねていらっしゃいます。

 

私なんて足元にも及びません(^^;。

 

生田絵梨花/EX大衆/画像/かわいい

 

4月15日発売のEX大衆 5月号』の表紙に生田絵梨花さんが抜擢されました(*゚▽゚*)。

画像

 

誌面のグラビアも9ページと、最高にかわいいショットが掲載されたようです♪

 

ご存知ない方のために解説しておきますと、『EX大衆』というのは・・・

 

若者に向けた何でもありの総合エンタメ誌で、『週刊大衆』増刊より独立創刊した、エンターテイメント情報&グラフィック誌。バラエティや人気ドラマ、女子アナ、女性タレントなどをはじめ、事件・社会現象など多様な題材を取り上げたもの。

 

なんです(^O^)。

 

最近は、生田絵梨花さんのかわいさが、堀北真希さん似の美少女としても認識されるようになっているようです^^。

(※堀北真希さんに関する深掘り情報はコチラの記事がオススメ♪)

 

某掲示板では

 

「ぐうかわ」

 

「ほんとすき」

 

といった声が多くありました(*゚▽゚*)。

 

個人的にも、清純そうな雰囲気やオーラなんかは似ていると思いますね♪

 

そんな生田絵梨花の性格についても、外見のみならずかわいい要素が多く、このところの人気上昇の要因にもなっているようです。

 

★負けず嫌い
★無茶ぶりに対応力が高い
★ちょっと話を盛ることがある
★夜はテンションが高い(らしい)
★真面目だけどマイペース

 

さらに2013年11月3日に放送された『乃木坂って、どこ?』での「生態調査」の様子が反響を呼んだこともありました。

 

自分の欲に素直なところが世間からの好感度アップに繋がったようですね(´∀`)。

 

生田絵梨花/姉/経歴

 

生田絵梨花さんには2歳上のお姉さんがいらっしゃるということですが、こちらも、生田絵梨花さんに負けず劣らずの経歴だとの噂があるんです。

 

・・・あくまでも噂の範囲ですので、信憑性は保証しませんけど(^^;。

 

お姉さん、なんと東大理科一類に通う大学生なんだそうで。

 

天下の東京大学ですよ!驚きです(゚д゚)。

 

この噂の発端は、「生田絵梨花.jp」という非公認の応援サイト内の書き込みにあったんです。

 

もう1年くらい前のことなのですが、ファンのコメントとして

 

「生田絵梨花の姉と体育の授業で同じバレーのクラスになった」

 

といった書き込みが話題になり話が広がったようでして。。。

 

ちなみに既にこのサイトは閉鎖されていますが、この類の噂はたちまち拡散されていきますからね(^^;。

 

しかしながら、どうでしょう?噂の信憑性のほどは?

 

個人的には・・・

 

“生田”という決して珍しくはない苗字だけに、それだけで人物を特定するのは無理があることや、このお姉さん本人が、妹が乃木坂46の生田絵梨花さんであることを周囲に公表しているとは考えにくいことから、一概にそうは言えないのかな・・・なんて思っちゃいますが(゚ν゚)。

 

家庭環境やイメージだけで考えると、確かに有り得そうな噂ですけど。。。

 

生田絵梨花/ピアノ/全国大会/コンクール/teppen/そばかす/動画/画像

 

そんな生田絵梨花さんの、世間で最も大きく認知されており特技といえば、やはりピアノの腕前ではないでしょうか?

 

バラエティー番組で披露なさったピアノ演奏から、その技量の高さと軽やかに弾きこなす姿はたちまち大きな話題を呼びました。

 

乃木坂46の活動の一環として、さらには、ドラマ劇中で披露されるその腕前は、専門家からも一目置かれるような魅力を秘めていると言われていますヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

そもそも、生田絵梨花さんの、ピアノとの出会いはを3歳の時。

 

さらに実際に習い始められたのは4歳だといいます。

 

先にピアノを習っていたお姉さんの影響だということですが、こんな些細なきっかけが、現在の生田絵梨花さんを築き上げたわけなんですね。

 

全国大会のコンクールにも出場なさるほどにまで成長なさったわけですから。

 

生田絵梨花さん曰く

 

「レッスンは厳しかったけれど、ピアノを弾くことが当たり前の習慣になりました」

 

とのこと。

 

また、意を決して両親に思いを告げ、中学3年生の時、グランド・ピアノを父親から買い与えられた時の様子を振り返って、こうもおっしゃっています。

 

「中学生の時、音楽の道に進みたいと思っていたんですけど『音楽で食べていくのはすごく大変なこと、みんながそれを活かした職につけるわけじゃない。だから簡単には認められない』って親に反対されました。それでも私は自分の決意を話して、グランドピアノを買ってもらいました」

 

また、将来は音楽の道に進みたいと考え始めている、そんな時に、インターネットで乃木坂46の1期生オーディションを知ったそうで、なんだか導かれるようにして、現在の人生を歩まれているような気がしてしまいますね^^。

 

そして、このグループは自分の目指しているところにあるとの考えから、お母様に自身の思いを伝えた上で応募なさいました。

画像

 

そして、いよいよお父様へ、告知された時のことを振り返って・・・。

 

「お父さんには乃木坂のオーディションを受けていることを最終審査まで言っていなかったんです。『あれ?ピアノはどうしたの?』って当然ながら言われて…。『受かるかわからない』ってその場は終わったんですけど、受かったので『両方やります!』って宣言しました。芸能活動を始めることを反対されることはなかったですね」

 

結果的には、自身の考えに従って出した結論は、大正解だったわけですね。

 

そのことは本人も実感なさっているようです↓

 

「将来どうなるのかなって不安もありました。でも今はアイドル活動でピアノを活かせていて、グループを離れたお仕事でもこうやってピアノを披露することができて、ピアノをきっかけによりたくさんの人に自分を知ってもらえていることがすごく嬉しい!昔の自分に『大丈夫だよ!』って言ってあげたいです(笑)これまでピアノは一人でとにかく孤独なもの。自分で何時間もこもって練習して本番も一人…。でも乃木坂46に入ってからは、例えば音楽番組で他の楽器の人とアンサンブルできるようになったり、みんなの歌に合わせて弾けるようになったり。そうやって誰かと一緒に音楽を作るようになって、やっぱり音楽は楽しいし、これからもっと磨きたいなって思うようになりました」

 

そんな音楽に秀でた才能をお持ちの生田絵梨花さんですが、その血を証明するかのような事実があるんです!

 

2014年1月に亡くなった音楽プロデューサー佐久間正英さん、実はお父様とは従兄弟関係にあたるんだそうで(゚д゚)。

 

もう、考えれば考えるほど、なるべくしてなった職業と言えますよね♪

 

ちなみに生田絵梨花さんの今後の目標や夢に関して、本人はこうおっしゃっています。

 

「舞台がすごく好きなので、将来的には舞台でちゃんと表現ができるような女優さんになりたいっていう思いがあって。あと、ピアノもずっと大事に続けてきてるので、それを生かせる場所で武器にできたらいいなと思いますし。歌も大好きだからミュージカルもやってみたいし……この先も音楽にはずっと携わっていきたいですね」

 

音楽に携わって・・・納得ですし応援していきたいですね♪

 

それでは、生田絵梨花さんのピアノの実力が世間に広く認知された出来事を紹介したいと思います^^。

 

ある番組でピアノの腕前を披露なさったのですが、その番組というのが、『芸能界特技王決定戦「TEPPEN 2014」』

 

このピアノ部門に参加なさって、JUDY AND MARYそばかすを演奏され、87点との評価を得られたわけです。

 

結果、優勝こそは逃されたしたものの、ネット上をはじめとして大きな反響を呼んだわけですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

番組MCを務められた名倉潤さんは

 

「彼女に本当に合った選曲。草原をスキップしているかのようだった」

 

辛口で知られる審査員の中島啓江さん(オペラ歌手)も

 

「こんな私でも楽しく踊れそうな演奏。楽しかった!」

 

進行の加藤綾子アナは、これらのコメントを総じて

 

「まさに音楽! 音を楽しむという点では高評価のようです」

 

と、まとめていらっしゃいます♪

 

そして、最も反響の大きかったネット上での主な意見は

 

「素直なすごくいい演奏だった」

 

「あの状況で笑顔で弾けるのはやっぱすごい」

 

「本当に音楽を楽しんでたね」

 

「素晴らしい表現力。テレビ的には一番映えましたね」

 

プロピアニストの高橋多佳子さんに至っては、Twitterにて

 

「今、テレビで乃木坂46の生田絵梨花さんがピアノ弾いていましたが、上手くてびっくり!良く音楽を感じていますね。クラシック聴いてみたい!」

 

とツイートなさるほどでして。。。

 

そんな生田絵梨花さんの、演奏動画です!

動画

 

生田絵梨花/入学/大学/どこ/東音/東京音楽大学

 

生田絵梨花さんが、大学進学のための準備期間として昨年初夏から、一時休業することを発表なさったことで、進学先の大学がどこなのか大きな話題になりました。

 

そして、見事合格され、今年春にはめでたく大学に入学なさっています。

 

この時の様子や思いを、オフィシャルブログ内では「入学~don♪344」との題名で綴っていらっしゃいます^^。

 

「入学~don♪344」

こんばんは

先日、大学入学しました!!

スーツってなんか背のびした気分~♪

まだ入学してから数日しか経ってないから
あんまり大学生って言葉がしっくりきません。笑

いま何の授業を選択するか、すんごい太い冊子をみながら考え中なんだけど
やっぱり高校ではいろんなものに頼らせてもらってたんだなぁとしみじみ…

しっかり学んで頑張るぞー!
絶対卒業するぞー!

画像① 画像②

 

そしてその気になる大学は、東音東京音楽大学であることをテレビにて公表なさっていました。

 

やはり、音楽とは切っても切れない人生を歩まれるわけですね♪

 

これからもずっと応援していきます!

 

生田絵梨花/プライベート

 

それでは最後に生田絵梨花さんのプライベート情報を箇条書きにてまとめてお
きます♪

 

★キャッチ・フレーズは「どんどんいくどん生田どんっ U~DON!」
★乃木坂46のダンス七福神
★好物は豆乳、鴨南蛮うどん、りんご、チョコレート
★好きな映画は『レ・ミゼラブル』
★好きな漢字は光
★苦手な物は鳩、料理
★AKB48グループで推したいメンバーは島崎遥香
★自宅は床暖房
★「スフィンくん」という生田絵梨花のデザインしたオリジナルキャラクターがある。
★音楽プロデューサー・佐久間正英は、生田の父の従兄弟に当たり、生田の祖父がビクターの洋楽部門に勤務していた頃によくレコードを持って行っては聴かせてあげていた親戚のおじさん
★趣味は模写、音楽鑑賞
★カラオケでよく歌う曲はGLAYの「誘惑」。その他、GLAYの「HOWEVER」「BE WITH YOU」「春を愛する人」「月に祈る」、Janne Da Arcの「ヴァンパイア」「シルビア」「桜」「Hysteric Moon」、THE HIGH LOWSの「千年メダル」「夏なんだな」「フルコート」「バームクーヘン」、いきものがかりの「茜色の約束」「ありがとう」「キミがいる」、松田聖子の「夏の扉」「天使のウィンク」「瑠璃色の地球」、aikoの「かぶとむし」「スター」「桜の時」などを歌う。

 

というわけで生田絵梨花さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す