清原亜希,別居離婚?年収?子供年齢?学校慶応?野球?インスタグラムcup画像!

kiyoharaaki 300x297 清原亜希,別居離婚?年収?子供年齢?学校慶応?野球?インスタグラムcup画像!

 

清原亜希・清原和博、別居~離婚で年収は?
カップやインスタグラムの写真画像!
子供の年齢は?学校は慶応?野球は?

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

清原亜希,清原和博,別居,離婚,年収,カップ,インスタグラム,写真,画像,子供,年齢,学校,慶応,野球・・・当記事キーワード♪

 

▼清原亜希さんのカップほかWikipedia風プロフィールはこちら

本名:清原亜希(旧姓:木村)

出身地:福井県

身長・体重:168cm・–kg(非公表)

年齢・誕生日・血液型:45歳・4月14日・O型

カップ:Cカップ? B82-W60-H85

出身高校:堀越高校

 

木村亜希の名前で活動していた元アイドルで、
現在はモデルとして活躍中の清原亜希さん。

 

旦那様は球界の番長、元プロ野球選手の清原和博さんです(゚o゚;;。

 

1984年に、ミス・セブンティーンコンテストで
応募総数史上最高18万325人の中から、
全国大会でスカウトされ芸能界入りなさっています。

 

工藤静香さん、柴田くに子さんとともに、
セブンティーンクラブのメンバーで、
レコードを2枚リリースなさって、1985年に解散しています。

 

活動当時は人気が得られなかったアイドルグループではありますが、
後に工藤静香さんがが歌手として成功したこと、
木村亜希さんが清原和博さんと結婚したことで、
急に知られるようになったという経緯があります^^。

 

1986年にはB・C・G
(「美少女か・ら・ふ・るギャング」の頭文字をとったもの)の
メンバーとなりましたが、こちらも約7ヶ月強で解散しています(^_^;)。

 

それからは、現在に至るまでモデルとして活躍中です♪

 

旦那様の和博さんが、プロ野球界引退と時を同じくして、
結婚を機に一旦は専業主婦をなさっていた亜希さんですが、
再びモデルとして復活なさったんです。

 

STORYの表紙モデルのオファーがあった時に、
既に2児の母であった亜希さんですが、このことを和博さんに相談すると、

 

「息子のためにやってくれ、
男の子にとって母親がきれいなのは最大の武器だ、自分も励みになる」

 

と、活力になる一言を頂いたそうです^^。

 

2010年3月末で、『STORY』表紙モデルを降板後、
2012年以降は集英社刊Marisolが主な活躍の場で、
同社からファッションブックを発売した2013年夏以降は、
不定期に表紙を飾っていらっしゃいます。

 

清原亜希,インスタグラム,画像,写真

 

美人で、スタイルも良く、
モデルとしてご活躍中の清原亜希さんですが、
全くといっていいほど嫌味のない、
万人に愛される明るく優しい性格も、活躍の秘訣かもしれませんね。

 

世の女性たちにとって憧れの対象でもある清原亜希さんですが、
ここで、そんなのカリスマモデルの写真集をシェアしておきます♪

画像集1 画像集2

 

特徴的な素敵な髪形に関してですが・・・
実はこれ、くせ毛らしいんです(゚o゚;;。。

 

カリスマは、そんなコンプレックスでさえ
武器になさってしまわれるんですね(*^_^*)。

 

子供さんと同じシャンプーを使っているという、
飾らないところも高い好感度の秘訣でしょう。

 

そんな清原亜希さんの
インスタグラム画像が人気のようですので、
以下にご紹介しておきますね♪

清原亜希 インスタグラム

 

清原亜希,別居,離婚,子供,年齢,野球

 

清原夫妻と言えば、
旦那様の和博さんが現役の選手時代は、理想的夫婦でしたが、
選手引退後は、やや抜け殻感のある和博さんとの間に
が見え隠れするようになったように感じます(>_<)。

 

前述の『STORY』表紙モデルを降板なさった一因には、
和博さんとの夫婦間トラブルが挙げられており、
これによるイメージダウンを懸念なさった亜希さん自身が
辞退という形をとられたようなんです(^_^;)。

 

具体的なトラブルの内容ですが、
降板前年の夏、和博さんの40代銀座ホステスとの隠密旅行
複数の週刊誌で報じられたといったものです。

 

これが原因で夫婦仲は危機的状況となり、
双方が弁護士を立てて話し合いを続けてきたといいますから。

 

実はその時のこんなエピソードがありまして・・・。

 

移動で利用した飛行機の機内で、
和博さんとママさんの2列前に、
ダウンタウンの浜田雅功さんが座っていたそうで、

浜田さんは気付いていたそうですが、
流石に声をかけられなかったとかで(^_^;)。

 

このトラブル関して
夫婦間では、なんとか決着がついたみたいなんですが、
某雑誌で、こんな記事を見つけました。

 

「清原は亜希さんとの話し合いの中で
“君には家庭を守って欲しかった”“留守にする機会が増えて寂しかった”
と説得したそうです。
つまり、寂しくて浮気しちゃったというワケです。
そんなふうに言われたら、亜希さんだって悪い気はしません。
結局、清原の説得を受け入れ、表紙モデルをやめる決意を固めたそうです」

しかし、数々の女性問題がある清原が「寂しい」なんて言っても、どこか白々しい。
離婚回避のための方便と勘繰る向きもあるだろう。
亜希さんにしてみれば、説得を受け入れたのは2人の子供のためでもあるはず。
次にスキャンダルを起こしたら、マジで亜希さんに三くだり半を突きつけられそう。

 

紆余曲折を経ながらも、
子供さんを中心とした賑やかなご家庭の雰囲気も、
にじみ出ていましたが、そんな中、
今年の3月6日、3月26日発売号の週刊文春で、

 

薬物でボロボロになり緊急入院、巨人時代から薬物をやっていた

 

と、清原和博さんと薬物の関係が強いことを報じられたんです。

 

記事中では

 

「刃物を持った清原に追いかけ回された」
「朝5時くらいから、家が壊れるかと思うほど壁がどんどん叩かれる」
と親しい友人に相談していた。

 

という、清原亜希さん。

 

以前、同じマンションに住む、友人のバイオリニスト、
高嶋ちさ子さんも『ボクらの時代』(フジテレビ)で

 

「清原家はうるさい」
「半端ないよ!家壊れるかなって思う時ある」
「壁をドンドンって。これが朝5時くらいから」

 

と発言なさっていまして、亜希さんは

 

「子供たちがボールをぶつけてるのよ、壁に」

 

と弁解していらっしゃいましたが・・・。

(※これに関する具体的なエピソードは当サイトコチラの記事にて♪)

 

偶然なのかどうなのか、
公式ブログを覗いてみるも、報道の時点では、
更新が2月22日から止まっていたのも事実です。

 

上述のインスタグラムも同じく、
1カ月ほど新しい写真が投稿されていない状態でしたし。

 

ブログはそれまで間隔が開いたとしても、
4~5日に1回は更新されていましたが、
一連の騒動が一旦おさまるまで更新されませんでした。

 

ここで以前のブログ記事を遡ってみると、あることに気づきます。

 

旦那様の和博さんに関して、全く言及がないんです。

 

撮影中のスナップとともに自身の仕事について触れているものや、
野球にいそしむ息子を応援するものばかりで。

 

夫の話題が皆無であるのは、
夫については伏せていたいという気持ちか、
そもそも接する機会が少ないなどといった、
物理的な理由があるかのどちらかだったのかもしれませんね。

 

そしてこの報道をきっかけに別居を始めたらしい清原夫妻。

 

小学6年生と3年生の2人の息子も、妻と行動をともにしています。

 

和博さんは、持病で糖尿病を患っておられて、
治療には規則正しい生活が欠かせないのですが、
ひとりで暮らす高級マンションに帰る日々になってしまいます。

 

幼い頃に両親が離婚したという亜希さんと、
祖父が祖母に手を上げる場面を見ていたという和博さん。

 

この時は幼少期の2人のトラウマが、
最後の決断を踏みとどまらせていたのかもしれません。

 

しかしこの別居に関して、
あるマスコミ関係者はこのように言及しています^^。

 

「亜希さんが家を出たのは、離婚を前提にしたものではありません。
夫の騒ぎに子供まで巻き込まれるのを嫌ってのこと。
ほとぼりが冷めれば、また4人で生活するつもりのようです。
ただ、清原さんは右足と左肩のあたりに竜の入れ墨を入れている。
それだけは何としても消させると話していました。
少なくとも下の子供が中学を卒業するまでは、離婚しない考えのようです」

「糖尿病の清原さんは、カロリー制限した食事を決まった時間に取り、
インスリンを投与しなければならない。
でも、ひとりでいるとつい酒を飲んでしまうそうです。
銀座のクラブ通いも続けている。
寂しいのでしょう。
最近も、ものすごく若い茶髪の女性を連れて歩く姿を六本木で見かけましたよ」

 

和博さんの子煩悩は有名で、
野球チームに入った息子の練習風景を覗くため、
足繁くグラウンドに通っていらっしゃいました。

 

しかも夫婦揃って試合に駆け付ける姿も目撃されています♪

 

練習試合ともなると、
相手チームの監督にヤジを飛ばすほどの熱の入れようでしたから。

 

しかし、騒動の影響で息子は野球を控えるようになり、
和博さんの応援も見られなくなったといいます。

 

あれから、数ヶ月経った昨日・・・
清原夫妻に関して、新たにこんな報道がありました。

 

【清原和博 離婚へ!妻が語った「弁護士への財産分与相談」一部始終】

9月初旬の昼下がり。
自ら車を運転し、都心の大手弁護士事務所のビルに乗り付けたのは清原亜希。
何度も通っているのだろう。
車を止める場所やビルの入り口にも迷うことはなかった。

夫・清原和博(47)に“薬物疑惑”報道が報じられてから6カ月。
彼女は夫との訣別を密かに進行させていたのだった。

同誌によると、亜希が今春以降、長男12と次男9を連れて
夫と住むマンションを出て別のマンションで新生活をスタート。

同世代の仕事関係者の女性と一緒に、
弁護士事務所を後にした2人が次に車で向かったのは自宅近くの蕎麦店。
遅めの昼食を取りながら、
亜希夫人が先ほどの弁護士とのやり取りを振り返って、同伴女性に語りかける。

「さっき弁護士さんにも言ったけど、
子供たちのこともあるし、問題は財産分与よね。
それが、なかなかねえ……」

気心の知れた相手なのだろう。
隠すこともなく彼女は夫婦生活の不満を爆発させた。

「あの人(夫・清原)の不倫で家庭はもうとっくに壊れちゃってるのに、
(薬物疑惑など)いろんなことが起きてから、
いまさら『家庭を壊したくない』なんて言うの。いったいなんなのよ!」

「(夫は)外ではあんなに強がっているのに、いざとなると弱気になるの。
彼らしくて、かわいいといえばかわいいんだけどねぇ…」

清原は、妻からの離婚の申し出を夫は必死に引きとめていたのだ。
向かいに座った女性が確かめるように
「女手ひとつで育てていく覚悟はあるんでしょ?」と言うと、
亜希夫人は、迷いなく答えた。

「まあね、私の稼ぎもあるしね」

子育てが一段落した亜希夫人は
’08年に夫の引退と時を同じくして、8年ぶりにモデル復帰を果たす。
夫は輝かしい現役生活に終止符を打ち、
彼女はカリスマモデルとして脚光を浴びていく。

そんな夫妻に’09年、最初の危機が襲う。
清原と銀座のクラブママとの不倫旅行が報じられた。
そして揺れる夫婦関係に決定的な亀裂を生んだのが、
今年3月に報じられた薬物疑惑だった。

もはや夫婦の心の距離は遠く離れている――。

 

ちなみにこの後、女性自身は亜希さんに
離婚について直撃していますが、
亜希さんは動揺して走り去ったとのことです。

 

同席した女性とのやり取りを聞いていると、
頭は離婚後に切り替わっているような発言にも思えますよね。。。

 

清原亜希,清原和博,年収

 

別居以来、3LDK約120平方メートルのマンションで
新生活を始めているという清原亜希さん。

 

家賃は45万円だとか・・・(゚o゚;;。

 

現在の主な活躍の場は
『Marisol』と、あとはブログ収入やCM出演等でしょうか?
タレント業もなさっているのかな???

 

この報道のどこまでが真実なのかは分かりませんが、
後述します有名私立学校に通う
2人の子供を養っていくのは不安でしょうし、
財産分与は肝になるんでしょうかねぇ。。。

 

以前にテレビ局関係者は、和博さんに関して、こう話しています。

 

「年収は約5千万円ほどだと思われる。
だが、テレビ局は、高額ギャラの清原をリストラしたいと考えている。
清原は現役時代と変わらない金遣いを続けており、今
回の疑惑を理由に、露出が激減すれば破産の危機だ」

 

和博さんは
『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ)の
“男気じゃんけん”のレギュラーで1本につき300万円、
スポーツ番組『S☆1』(TBS)には1本約150万円、
その他、スポーツ紙と年間約500万円で専属契約しているとか。

 

そこへ来て、現役時代と変わらない金遣いの荒さという。。。

 

ヘタすると破産の危機かとのお節介も湧いてしまいますが・・・。

 

仕事が無い中、有名私立学校に子供2人を通わせているから
家計は火の車との噂もあります。

 

現段階だけで言うならば、年収は恐らく亜希さんの方が上でしょう。

 

いよいよ番長こと、清原和博さんが
メディアから姿を消してしまう日も近いんでしょか?

 

しかし、少なくとも金銭面に関しては
まったく心配はいらないようなこんな話もあるんです。

 

「実は清原さん、2人の子どもにブラックカードを持たせているようなんです。
とある地方のホテルで清原が『お前何をしとるんじゃ!』と、
ものすごい剣幕で子どもを怒鳴りつけていたそうなんですが、
よくよく聞いてみると子どものひとりがカードをなくしてしまったようでした。
すぐに見つかったらしく安心していましたが、
周囲にいた人は完全にドン引きでしたね」(ホテル関係者)

ブラックカードは限度額が設定されていないクレジットカードで、
発行に際してはカード会社からの招待が基本となっている。
一般人は持つことも難しく、当然小学生が使用するものではないことは明らかだ。

「お金がない、なんて言うのも彼なりのパフォーマンスでしょう。
本人は酒が入れば
『もう一生遊んで暮らせるだけのカネはある』と豪語していますよ。
近年では子ども2人を超難関小学校への合格へ導いた、
モデルの亜希夫人が”カリスマママ”と注目されつつありますし、
子どもたちにしてもすでに野球で頭角を現しているとか。
何か大きなトラブルがない限りは、一家の将来は安泰でしょう」(週刊誌デスク)

 

清原亜希,子供,学校,慶応

 

清原家の次男が長男に続いて
超難関有名私立小学校慶応幼稚舎に合格したとの
報道があったのは2011年11月のことでした。

 

某週刊誌では以下のように記述があります(^O^)。

 

昨年の倍率は12倍の超狭き門で、“小学校受験の東大”ともいわれる、
創立100年を超える名門中の名門私立小学校。
11月中旬、同校では、
その難関を見事突破した子供たちへの入学手続き書類配布が行われていた。

そこに髪をアップにしたグレーのスーツ姿という、
“お受験”ママスタイルで姿を見せたのは、
元プロ野球選手・清原和博氏(44)の妻・亜希夫人(42)だった。
合格の喜びを隠しきれないのか、満面に笑みを浮かべた彼女の美しさは、
ママたちの間でも一際目を引いていた。

清原夫妻には、ふたりの男子がいるが、
長男(9)は2009年4月に同校に入学。
そして今回のお受験で次男(6)も合格。
兄弟揃って最難関校合格という快挙を成し遂げたのだった。

誰もが憧れる小学校にふたりの息子たちを通わせることとなったわけだが、
彼女には独自の教育法がある。
それは、テレビなどでよく目にする
熱血お受験ママたちとは少々違い、実に自然体だ。

「長男は口数は少ないものの、
天性のリーダーシップを持つ父親に似たカリスマ性のあるタイプ。
次男は明るくて活発な協調性のあるタイプ。
性格が全く違うふたりの個性を重んじて、
決して比べたり、型にはめないのが亜希さんのやり方なんです。
よくありがちな、“お受験優先”で無理を強いるという感じではなく、
妻として夫の世話、家事をしっかりやった上で、自然体で子供を育てていますよ」
(清原家知人)

 

慶応幼稚舎は、麻生太郎さん、石原慎太郎さん、秋元康さん、
郷ひろみさん、原辰徳さん、古舘伊知郎さん、みのもんたさん・・・
著名人たちの子息が通ったことで知られている私立の超名門校です。

 

過去、松嶋菜々子さんと反町隆史さん夫妻の長女も
ここを目指したそうですが合格はかなわず、
広末涼子さんにいたっては
説明会に出ただけで断念したと伝えられています。

 

清原夫妻は2年前、長男が入学したのに続き、
次男も合格したワケですが、その教育方法が実にユニークです♪

 

女性誌記者によると・・・。

 

「多くの受験者は莫大な費用がかかる
専門のアドバイザーに従うのが通例なのに、
亜希夫人は子供部屋を作らせず、
リビングで勉強させる独自の手法で合格にこぎつけた」

 

亜希さんには、
出版社から受験がらみの著書出版を持ちかけられ、
受験ビジネス業者からはアドバイザー就任の要請が殺到、
さらに各地から講演の依頼やテレビ番組への出演オファーが
相次いだと言います(^_^;)。

 

対して球界のスーパースターだった夫・和博さんは引退後、
徐々に影が薄くなっていた時でもあります。

 

事務所関係者曰く、

 

「わがままでスケジュールどおりに動いてくれない。ドタキャンも多かった」

との状況に・・・
事務所からは離れる結果になり、以降の露出は減るばかり。

 

夫妻の明暗は逆転してしまった状態です。

 

亭主関白ともいわれる清原夫妻ですが、
この逆転現象も夫婦間の亀裂
少なからず関係しているでしょうね(>_<)。

 

ちなみに、亜希さんの教育方針であるリビングで勉強は、
少し前から提唱されており、
セキスイハイムでは「かげやまモデル」として
リビングに勉強机を用意したタイプが販売されているようです。

 

もちろんリビングで勉強すれば
すぐ賢くなるという訳ではないでしょうから、
亜希さん独自のノウハウがあるには違いないんでしょうけど(^_^;)。

 

最後に・・・。

こんな長々と、夫婦の危機を綴ってきておいて
「何を今更」な感じですが、
個人的には清原亜希さんも清原和博さんも、大好きですし、
これからも以前のように理想の夫婦に戻ってくれたら嬉しいです(*゚▽゚*)。

お2人をこれからも応援していきます♪

 

 

はい、というわけで清原亜希さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す