工藤公康,イケメン息子ルーズベルト弱くても勝てます!サッカーテニスプロゴルファー?次男は?

kudoukimiyasu 300x300 工藤公康,イケメン息子ルーズベルト弱くても勝てます!サッカーテニスプロゴルファー?次男は?

 

工藤公康の子供(息子)はイケメン?人数と年齢は?次男拓也は?
ルーズベルトゲームで弱くても勝てます!半沢直樹?
サッカー?テニス?プロゴルファー?野球?AKB?

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

工藤公康 息子 子供 年齢 人数 次男 拓也 イケメン ルーズベルトゲーム 弱くても勝てます 半沢直樹 サッカー テニス プロゴルファー AKB 野球…当記事キーワード♪

 

▼工藤公康さんのWikipedia風プロフィールはこちら

本名:工藤公康

出身地:愛知県

身長・体重:176cm・80kg

年齢・誕生日・血液型:51歳・5月5日・O型

中学・高校:久方中学 ⇒ 名古屋電気高校(現:愛工大名電高校)

 

雨天順延によって本日から始まる夏の高校野球選手権大会。
この時期の名物といえば・・・
そう、当日夜に放送される熱闘甲子園

 

今年のナビゲーターは工藤公康さんです!(^-^)
というわけで、今回は、工藤公康さん情報・・・そして
とりわけ注目を集めている息子さんの情報をまとめたいと思います。^^

 

ご存知だとは思いますが、工藤公康さん、元プロ野球選手ですね。
球界を代表するエースピッチャーの一人でした。

 

高校3年生の夏の甲子園大会でノーヒットノーランを記録するほど
当時からその才能には定評があったんですが、

そんな才能も然ることながら、自身の肉体への気遣い(ケア)や、
オフの時のカラダ作りからスキルアップまで、
努力を惜しまない姿に周囲からの信頼も厚い選手でした。

 

高校卒業後は、ドラフト1位指名確実視されながらも、
熊谷組への就職を発表しプロ拒絶の姿勢を明確にしていましたが、
西武ライオンズ(現・埼玉西武ライオンズ)からの強行6位指名を受け
説得の末、1981年に入団することになりました。

 

生涯戦績は、11度のリーグ優勝、8度の日本一。(゚o゚;;

 

黄金期だった西武ライオンズ時代を担う立役者としてチームを支え、

 

1994年、FAで福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)移籍後
1999年のチーム日本一に大きく貢献する活躍を見せ

 

同年再びFAで読売ジャイアンツに移籍し、ここでも!!!
2000年と2002年の日本一に貢献するリーダー的存在でチームを引っ張り

 

2006年、横浜ベイスターズに移籍、
2009年、埼玉西武ライオンズに移籍、
そして、2010年自由契約となり、
1年間個人トレーニングを続けながら復帰を目指すも、
2011年12月に現役引退を自身のブログで発表なさいました。

 

実働、実になんと、プロ野球記録となる29年もの選手活動で、
通算224勝をマークなさった・・・というか・・・
その記録よりむしろ人々の記憶に残る偉大な選手でした。(^O^)

 

現役時代からシーズンオフには全国での野球教室に積極的で、
将来の球界を担う子供たちへ向け、自身の経験を活かし、
野球の楽しさや故障しない体づくりなどを指導なさっています。

 

震災のあった2011年には、状態の悪かった自身の肩を押して
被災地での野球教室を開催し、
被災地の子供たちにエールをを送る姿は野球人たちの誇りでしょう♪

 

選手引退後の2012年からは、野球を伝える立場に変わり、
ここでも将来へ向けた野球界発展のための積極的な活動に携わり
評論活動の傍ら、各地で講演会や野球教室を開催なさっています。^^

 

その活動がコチラのオフィシャルサイトでご覧になれます♪

 

一方、工藤さんを陰で支えたのは他でもない家族の存在で、
体作りを考慮した、奥様の雅子さんによる栄養管理や、
2男3女の子供たちの存在が大きかったことは言うまでもありません!

 

 工藤公康 息子 年齢 次男 拓也 AKB 人数 子供 プロゴルファー

 

そんな現役選手時代の工藤公康さんを支えた奥様や子供たち
とりわけ、芸能界でも活躍中の息子さんや、
プロゴルファーの娘さん、を中心にまとめてみました。(^-^)

 

工藤さんの子供人数は全部で5人。
阿須加(あすか)さん、遥加(はるか)さん阿弥香(あやか)さん、
阿偉(あい)さん拓也(たくや)さんの2男3女です。^^

 

子宝に恵まれていますよね~♪

 

中でも長男の阿須加さん(後述)は俳優としてご活躍中で、
長女の遥加さん(後述)は、なんとプロゴルファーをなさっています。

 

なかなか特殊な漢字を使ってあって、ユニークなお名前の中にあって、
次男拓也さんだけしか普通に漢字が読めないのは、
私の読み取り能力不足なだけです。(笑)

 

今回の記事後半では、
主に長男の阿須加さんに焦点を当てて情報を提供していくつもりですので、
この項では、長女の遥加さんにスポットを当ててご紹介致します。

 

工藤遥加さん、身長171cm、体重65kg、年齢21歳のプロゴルファーで、
12歳からゴルフを始め、プロデビュー戦は2011年8月です。

 

体格はお父さん譲り…というか、プロゴルファー独特のガッチリ系ですね。
お顔はどちらのDNAも入っている感じでしょうか?

 

ゴルフを始められたきっかけは、
プロ球選手で自宅に不在がちな父との会話を増やしたい一心で
ゴルフを始めることで、話のネタを作ろうとの思いから。

 

初優勝は2011年12月のLPGA新人戦・加賀電子杯で、実はこれが、
前日に現役選手を引退した父の公康さんに捧げる贈り物になりました。

 

元西武ライオンズ出身の投手で、娘がプロゴルファーというと、
東尾修さん・理子さん親娘を思いますが、
今後は工藤親娘の時代がやってくるかもしれませんね。(^O^)

 

ちなみに余談ですが・・・
漢字は違いますが同名のモーニング娘。工藤遥さん。

 

このイメージからの検索なんだと思いますが、
AKBとセットで工藤遥加さんを検索される方が多いようです。(笑)
私ももれなく検索しちゃっていますから。(^_^;)

 

それで検索した先にたどり着きましたサイトが、
(後述する)俳優で息子の阿須加さんについて書かれたサイトでして、
AKBとなんか関係あんのかな~なんて思いながら・・・

見つけたのが、
このサイトにコメントなさった方のペンネームだったという・・・。(笑)

⇒ ペンネームAKB48まとめもりーさんです。(^_^;)

 

はい、全くもって余談でした。失礼しました。m(_ _)m

 

話が逸れたので、ちょいといいお話を掲載しておきます。^^
工藤公康さんが自身の子供立ちに対する思いを、
世の中のみなさんにメッセージを投げる形で語っておられます。

コチラからご覧いただけますのでぜひ♪

 

工藤公康 年齢 息子 イケメン テニス サッカー

 

それでは続いて、工藤阿須加さんの情報をまとめますね。^^
年齢は23歳、パパドゥ所属の俳優さんです。

 

小学校5年生から習い始めたテニス
プロの選手を目指すほどの実力を備えたいたという阿須加さん。

 

ところが高校2年生時に右肩を怪我されて、
いわゆる挫折を経験されています。(>_<)

 

プロの道は断念せざるを得ませんでしたが、
大好きなテニスは大学入学後もサークルに所属しながら続け、
地区大会優勝を飾るなど、実力は確かなものがあったようです。(゚o゚;;

 

しかし、この道でやっていくわけでもないという
どっちつかずの状況に、父親の公康さんに助言を頂いたそうです。

 

「お前も20歳になるし社会人としてそろそろ自分の道を決めなさい!」

 

そこで小さい時から興味のあった演劇への思いが日増しに強くなり、
俳優を志すようになりました。

 

当初は反対なさっていたという父親の公康さんも、
次第に阿須加さんの本気の姿を応援するようになっていかれたとか。

 

公康さんは、演技について特に何か言うことはないそうですが、
弟や妹たちにはアドバイス(苦言w)を毎日浴びせられるそうですよ。(笑)

 

「いや~俺がやったほうがうまいね」
「あれじゃダメだよ!」

 

180㎝の長身でさわやかなイケメン俳優として
徐々に世間でも認知度が高まってきましたが、
そのイケメンぶりをまとめた、こんなサイトを発見しました。^^

 

またこの春に公開されたサッカーを題材にした映画
1/11 じゅういちぶんのいちでは、
越川凛哉役として出演なさっており、
徐々に様々なジャンルの役にも挑戦なさっていらっしゃいます。

 

さらに今季はドラマルーズヴェルト・ゲーム(TBS)にも出演され、
ここでは社会人野球の投手沖原和也役を演じられていましたね。^^

 

その沖原和也とは一体どんな役柄かというと、
野球部員でポジションはピッチャー、19歳の契約社員。

 

ジュニア時代から注目されており、野球の名門校である二葉西高校に進学し、1年生ながらエースナンバーを与えられるも、そのことをよく思わない先輩部員と対立してしまい執拗な嫌がらせを受けます。
2年生の時、ついには先輩の理不尽な行為に耐えかねて喧嘩に発展し、暴力を振るってしまい沖原1人だけが野球部から追わることに・・・

以後、野球から離れていたものの、青島製作所の社内野球大会でその才能を見抜いた古賀と大道がスカウトし野球部入りを果たし、野球部では名実ともにエースとして活躍していきます。

 

実は今回初めて野球を題材にした作品を演じられたのですが、
役作りにあたって、
父の公康さんから本格指導を受けられたということです。

 

その内容は、
“体重移動や脱力”などの投手の基礎をメインにした内容で、
この上、自主練習に励むなど積極的に肉体を作り上げられたとか。

 

元々、肩の強さには自信があったそうですが、
撮影本番では父直伝のフォームを披露なさって、
自身の想像を超えた速球を投球できたようで、
かなり自信を深めていらっしゃいましたよ。(^O^)

 

さすが、血は争えませんね。(゚o゚;;

 

ちなみに、この『ルーズヴェルト・ゲーム』出演は
100人の中からオーディションに合格なさっての選出でした。

 

選ばれた理由は、
野球ストーリとあって、親の七光効果かと思いきや
素朴で力強い眼力にあったそうです。

 

工藤公康 息子 野球 弱くても勝てます ルーズベルトゲーム 半沢直樹

 

さて、その『ルーズヴェルト・ゲーム』と時を同じくして
同じく野球を題材にして放送れたのが
弱くても勝てます(日テレ)でしたね。^^

 

前者は視聴率16.0%と好調なのに対し、
後者は視聴率1けた台と大きな差が開いてしまいました。

 

初回こそ大差はありませんでしたが、
『ルーズヴェルト・ゲーム』は上昇線、
『弱くても勝てます』は下降線を辿ってしまいまして。(>_<)

 

また主演は前者は唐沢寿明さん、後者は二宮和也さん。
そう考えると、この差は決して主演の差ではないですよね?

 

『ルーズヴェルト』は、生き残りをかけた企業の激しいバトルと並行して、名門社会人野球部の廃部をか けた攻防が描かれている。

『弱くても勝てます』は、超進学校に勤務することになった新人教師が弱小野球部の監督になり、奇想天外なセオリーで変わり者の部員たちと 勝利を目指すストーリーだが、物語の“軸”になっている野球の描写に圧倒的な差があるのだ。

 

『ルーズヴェルト』は、工藤阿須加さんの起用のみならず、
日本代表の鹿取義隆投手コーチが本人役で出演したり、
本格的(リアル)な演出が功を奏していたようですね。^^

 

某プロ野球担当記者もこうおっしゃっています。

 

「役者が演じる選手の投球フォームや打撃フォーム、フィールディングも様になっているし、投げたり打ったりしたボールの映し方にも迫力があります。野球におけ るデータの重要性や、投手の微妙なクセを見破って攻略を試みる設定など、野球好きにもうなずける脚本になっています」

 

また昨年大ヒットを記録したドラマ半沢直樹の原作者、
池井戸潤さんの小説をドラマ化したもので、
ネットでは『半沢直樹』より面白いとまで言われて話題になりました。

 

キャッチコピーは

 

「逆転だよ逆転」
「7点取られたら8点取ればいい」

 

『半沢直樹』同様、逆転劇がテーマのストーリーがウケたようです。

 

また野球シーンのみならず、
かなりシビアな企業経営関連のお話のリアルな設定にも
人気の秘密があったんでしょうね。(^-^)

 

この視聴率の差が、
野球のリアリティー全てにあるのかは分かりませんが、
個人的には弱くても勝てますに対しては物申しておきます。(笑)

 

高校球児にイケメンを揃えたまでは間違いなかったと思いますが、
ストーリー自体に物足りなさを大いに感じたわけです。(>_<)

 

素人目から見ても明らかに、素人チックな野球のプレイ姿、
さらに言うならば、『弱くても勝てます』のタイトルにもかかわらず、
当初は試合に勝つことが一度もないっていう・・・。(^_^;)

 

弱くても勝てる・・・
まあ若干スポ根チックな様相を呈してはいますが、
その正義っていうんですか、爽快感っていうんですか、
そんな期待に応えて欲しかったなぁというのが正直なところです。

 

当初は消化不良な印象を受けましたし、
それが視聴率にも影響していたような気がしましたけどねぇ。

 

原作は『「弱くても勝てます」開成高校野球部のセオリー』。
高橋秀実さんによるノンフィクションです。

 

進学校の中でもトップクラスの開成高校のユニークなセオリーを、
監督や選手たちのインタビューを元に紹介した作品ですね。(^-^)

 

キャッチコピーは

 

「弱くても、勝てる。きっと、うまくいく!」

 

・・・って、なかなか勝てないんですけどね。(^_^;)

 

『ルーズヴェルト・ゲーム』に関しては父親の公康さんは
第1話から欠かさず見ていたそうで、

 

「自分も野球に携わっている人間なので毎回ドラマに魅入ってしまい、実際に社会人野球で頑張っている選手たちのことなど考えさせられることが多い」

 

そうおっしゃっていました。

 

 

はい、というわけで工藤公康さんに関する情報をまとめてみましたぁ!
(半分以上は子供さんのお話でしたがw)

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す