小池徹平,フライデー熱愛彼女写真画像?大倉忠義/芹那,人権侵害?身長体重?

koiketeppei 300x298 小池徹平,フライデー熱愛彼女写真画像?大倉忠義/芹那,人権侵害?身長体重?

 

ミュージカル「デスノート」L役の小池徹平が劣化?
フライデー熱愛に人権侵害!?芹那は大倉忠義の彼女?
身長・体重、画像・写真、チケット情報♪

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

小池徹平,ミュージカル,デスノート,L,フライデー,熱愛,人権侵害,芹那,大倉忠義,彼女,身長,体重,画像,写真,チケット・・・当記事キーワード♪

 

▼小池徹平さんのWikipedia風プロフィールはこちら

本名:小池徹平

出身地:大阪府

身長・体重:167cm・54kg

年齢・誕生日・血液型:28歳・1月5日・B型

中学・高校:大阪狭山市立第三中学 ⇒ 長野高校 ⇒ 堀越学園高校

 

今回情報をまとめるのは小池徹平さん♪

 

俳優、タレント、歌手、シンガーソングライター・・・
肩書きとしてはこんな感じでしょうか?

 

俳優としてのイメージが強い方も多いでしょうが、
その歌唱力には定評があり、ウエンツ瑛士さんとのデュオ
「WaT」のメンバーとしてもご活躍中です。

 

あ!?知ってましたか?失礼しましたm(_ _)m(笑)

 

小池徹平さんは上記プロフィールの通り
本名で活動なさっていらっしゃいますが、

実はこの「徹平」というお名前は、お父様の好きなマンガ
おれは鉄兵(作:ちばてつや)からとったということです。

 

ちなみに私の父も大好きでした。『おれは鉄兵』^^。

 

中学生のときだけ運動部に所属なさっていたようで、
その競技はバスケットボール部。

 

他にも、空手を習っていたそうですが、
自他共に認める(?)根っからの平和主義者ですから
人を殴るのが嫌
という理由で辞めたというエピソードもあります(^_^;)。

 

宝塚歌劇団の夏月都さん(月組・娘役)は母方の従姉妹。
俳優の京本政樹さんは父方の親戚で、
お父様が京本さんの妻にあたる山本博美さんといとこ同士で、
本人との血縁関係はないそうです。

 

芸能界入りのきっかけは、15歳の時に
ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでのグランプリ受賞(゚o゚;;。

 

しかしながら、転校先の堀越高校生時代は、
まだ芸能関係の仕事が無く、皆勤賞で過ごされたとか・・・。

 

ちなみに堀越高校では、女優の蒼井優さんと
同級生であり、隣の席だったらしいのですが、
会話はほとんどなかったとおっしゃっています。

 

現在は大の仲良しだということですが、
これが高校卒業後からの友達付き合いだそうで、
隣の席であった時ですら縁のなかったお二人に
どんなきっかけがあったんでしょうね?(笑)

 

ちなみに蒼井優さんに関する情報をまとめた、
コチラの記事でもその話題に触れていますので、ご参照下さい♪

 

雑誌での活動を経て、2002年に関西テレビ制作のドラマ
『天体観測』でようやく本格的に俳優デビューをなさいまして、
同年、上記の「WaT」を結成し、路上ライブなどの音楽活動を開始され、
2005年にメジャーデビューを果たされたんですね(*゚▽゚*)。

 

ただし、本人たちの強い意志もあって、
いわゆるアイドル歌手としての売り出しはなく、

代々木公園近辺で
ストリートミュージシャンとしての活動からスタートなさっておられて、
楽曲も本人たちによるオリジナル曲という、
まさに本格派ミュージシャンでもあります(゚o゚;;。

 

目標とする人物として、
よく福山雅治さんの名前をあげていらっしゃいまして

 

「ああいう色っぽい大人になりたい」
「ああいう音楽と俳優を両立できてる人になりたい」

 

と語っておられますが、うん、納得です♪

 

自身による性格分析は

 

「基本真面目だけど、案外面倒くさがりでマイペース」

 

一方、ドラマや映画で共演したキャストやスタッフからの評価は、
芝居に対する真面目な姿勢や、気配り上手な人柄について、
かなり高いものがあるようです(^-^)。

 

共演経験のある、真矢みきさんは

 

「叩いたら人間の嫌な部分が出てくるんだろうと思うけど、どこからも出てこない」

 

と、その人柄を大絶賛なさっておられます♪

 

小池さんの真摯な態度が
如実に現れたエピソードがありまして・・・。

 

ドラマ『ウォーターボーイズ2』の撮影時、
シンクロの大技である「五段やぐら」を練習している際に、
肩を脱臼なさったそうですが、
そのまま撮影を続行なさったという・・・。

 

現在も脱臼癖として残っているらしいのですが、
役者としてのプロ意識と責任感の強さは尋常ではありませんね(゚o゚;;。

 

その一方で、心配性で涙もろい一面もあり、
初主演のドラマでは、
プレッシャーから涙を流しながらのクランクアップとなった
というエピソードもお持ちなんです。

 

人情味あふれる方なんでしょうね、きっと^^。

 

ちなみに小池徹平さんが、
これまでにランクインなさった名誉(栄誉)の数々です(*゚▽゚*)。

 

★スマイルされたい有名人
★新入社員で入社して欲しい有名人
★お弁当を作ってあげたい男性有名人
★2007年の男性芸能人好感度ランキングで9位
★2006年12月9日〜11日集計分の好感が持てる24歳以下の男性有名人ランキング1位
★10代・20代を対象とした2008年5月21日〜2008年5月23日集計分の男性俳優好感度ランキング2位
★2008年10月21日〜2008年10月24日集計分の女装したら私負けちゃうかも! と思う有名人ランキング1位

 

小池徹平,ミュージカル,デスノート,L,画像,写真,チケット

 

小池徹平さんが、ミュージカル版『デスノートで、
主人公のライバルの
探偵L(エル)役で出演することが決定しました^^。

 

『DEATH NOTE』(デスノート)は、原作 – 大場つぐみ・作画 – 小畑健による日本の少年漫画作品。2003年12月から2006年5月まで『週刊少年ジャンプ』(2004年1号 – 2006年24号)に連載。
名前を書いた人間を死なせることができるという死神のノート「デスノート」を使って犯罪者を抹殺し、理想の世界を作り上げようとする夜神月と、世界一の名探偵・Lたちによる頭脳戦を描く。

 

つまりLは「デスノート」を手にした主人公の高校生、
夜神月を追い詰める重要な役でなんですね(*^_^*)。

原作のL

小池徹平さん演じるL

 

上記の通り、
その人間性をめちゃめちゃ高評価されている小池さんが、
この悪役を如何に演じ切るのか、楽しみでもあります♪

 

以前には、実写で映画化しデスノート現象を巻き起こした
映画『デスノート』シリーズですが、

ここで天才探偵L(エル)を、原作さながらに見事に演じ切ったのは、
若手演技派俳優の松山ケンイチさんでした^^。

 

間違いなく比較されることになるんでしょうが、
twitter上での世間の声を以下にまとめてみました。

 

 

今回の小池さんの大抜擢には、
演技力、歌唱力を認められたことが大きな要因だということですが、
本人も驚いていらしゃるようで、
まさしく、新たな挑戦と言っても過言ではないでしょうね(^_^;)。

 

小池徹平さんに最適なのは、
L役ではなくニア役だという声もありますが・・・。

 

 

ちなみにミュージカルデスノート
ホリプロオンラインチケットは ⇒ コチラ からどうぞ♪

 

小池徹平,彼女,人権侵害,画像,写真,芹那,熱愛,フライデー

 

これまでに、
小池徹平さんと噂のあった女性たちをまとめてみました(^_^;)。

 

滝沢沙織さん

小池徹平さんと滝沢沙織さんは2006年5月に
写真週刊誌フライデーに、一緒にいる写真が掲載されました。

夜10時過ぎに滝沢さんがタクシーで
恵比寿にある小池さんのマンションへ訪れ、
小池さんの部屋へ入っていったことを報じられています。

 

綾瀬はるかさん

小池徹平さんと綾瀬はるかさんは2007年10月に、
熱愛報道が週刊文春に掲載されました。

人通りの多い目黒の街中であるにもかかわらず、
マスクもサングラスもせずに、素顔のままで歩いていた
と報じられましたが、
証拠がなく、事実ではないとも言われています。

 

鈴木亜美さん

江ノ島で小池徹さんと鈴木亜美さんが、ラブラブな雰囲気で
デートしているところを目撃した人がいたそうです。

これも、証拠となる写真や画像はなく、
噂のひとり歩きから拡散していったようです。

 

松来未祐さん

単なる噂に過ぎませんが、ネットで検索する人も多く、
松来さんの祖母から小池徹平さんと付き合っているのか、
確認の電話が来たこともあると言われています。

 

芹那さん

芹那さんを含む友人数人で、
小池さんの自宅マンションに集合したことから
噂が大きくなったようです。

自宅で遊んだのは事実らしのですですが、
複数人であること、2時間程度の滞在であったことからも
事実とは考えにくく、本人もこの熱愛報道を否定なさっています。

コメント画像

 

それでは、一番騒ぎが大きかった
芹那さんとの熱愛報道を振り返ってみましょう(^_^;)。

 

5月下旬のある夜、芹那が小池の住む都内マンションを訪問、2時間ほど滞在していったという。しゃがみこんで鍵を探す芹那のジーパンからTバックがのぞいている写真が報じられているものの、ツーショットなど2人の交際を裏付ける決定的な写真はなかった。

小池はこの記事内容に、「僕もビックリしてますし、本当に人権侵害だと思っています」と不快感をあらわに。「事実としては友人数人が集まって自宅で食事をしていただけで本誌の内容とは全く異なります」と熱愛疑惑を否定するとともに、ファンに心配をかけたことを謝罪した。「ちなみにこの記事を見て、はじめてプライベートでじぇじぇじぇ( ‘ jjj ’ )/がリアルに口から出てしまいました。笑」と、現在出演中のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の台詞にかけて冗談交じりに話題を締めた後、「引き続き、あまちゃんの撮影、他の仕事もコツコツと頑張っていきますので、応援よろしくお願いします!」と呼びかけた。

 

彼のキャラクター的に人権侵害という言葉を使ってまで、
過剰に反応した小池さんには、どうやら理由があるようです。

 

どうやら熱愛とやられたことに対して怒っている
わけでないみたいなんですね。

 

フライデーに掲載された写真が問題のようでして。

 

同誌では、自宅に戻ったものの、部屋の鍵がないことに気付き、
その場にしゃがみ込んで、
バッグを漁る芹那さんの写真が掲載されています。

 

しかしあろうことか、しゃがみこんだ後ろ姿は、
上着とズボンがめくれた腰から、
臀部のTバックが丸見えの写真なんです(>_<)。

 

これに芹那さんの事務所が激怒したそうです。

 

芹那さんの事務所と小池さんの事務所は系列みたいなものでして、
小池さんの人権侵害発言は、その写真に対する抗議のようですね。

フライデー 2013年 6/21号

 

大倉忠義,芹那,熱愛,フライデー,画像,写真

 

先日の9月26日のフライデーによりますと、
芹那さんと『関ジャニ∞』の大倉忠義さんの
交際1年半との熱愛判明が報じられました(゚o゚;;。

画像① 画像②

 

2012年に“モテ女キャラ”でブレイクしたタレントの芹那(29)だが、現在は『PON!』(日本テレビ系)が唯一のレギュラー番組と、テレビの露出は激減した。6月にバラエティ番組で豪華な自宅を公開した際は、「仕事がないのに、こんな豪邸になぜ住めるの?」と、ネットで話題になったりもしている。豪邸だけではない。最近の芹那はまるで有閑マダムのように、ゴルフの練習やエステサロンに通いまくる生活を送っているという。

その理由を、FRIDAYが詳細に報じている。実は芹那はもう1年半も、『関ジャニ∞』の大倉忠義(29)と交際していたのである。FRIDAYが8月末に撮影した右の写真、「モテ服」で買い物中の芹那だが、彼女がこの後向かったのが、大倉が住む都心の高級タワーマンション。マンションに近づくと、周囲を警戒してマスクを装着しつつも、大胆に美脚を披露しながらエントランスに入っていく、芹那の幸せそうな様子をFRIDAYは掲載している。

別の日にも、やはり大倉好み可愛い服で、セレブ御用達の高級スーパーで食材を購入、ルンルン顔で、大倉のマンションへ消えていく姿もFRIDAYは写真に収めている。

『関ジャニ∞』が司会を務めた『24時間テレビ』(日本テレビ系)の放送が終わってからは、大倉に時間ができたからか、芹那は週イチ以上のペースで大倉のマンションにお泊りしているのだ。

芹那がここまで尽くす大倉は、『関ジャニ∞』きってのイケメンとして、錦戸亮(29)と並ぶ人気を誇る。さらに、超セレブなことでも有名だ。大倉の父親は、焼き鳥チェーン店『鳥貴族』の敏腕経営者。大倉自身も同社の株を1万株も保有しているお金持ちだ。

「当初、大倉クンの周囲は交際に反対していたんです。『釣り合わない。もっと他にいい子がいるでしょ』って。でも周囲に『あんな女と……』と言われ続けたことで、『バッシングされている彼女を守ってあげなきゃ!』と、むしろ芹那への愛は深まっちゃったようです」

というのは大倉の知人。二人の交際はすでに1年半にわたるそうで、FRIDAYが撮った多数の写真からも、恋の炎が、周囲の雑音など耳に入らぬほど「∞」に燃え上がっている様子が伝わってくるのである。

 

交際1年半、つまり見事に
小池徹平さんと芹那さんの交際説否定されたわけですね。

 

報道の怖さと影響力を、改めて感じさせられる新事実でした(´・_・`)。

 

それでも小池さんとの熱愛はカモフラージュだった
なんて言われようですから、芸能人って・・・大変ですよね(>_<)。

 

カモフラージュする意味が分かりませんし、
第一、熱愛の事実がなかったところに、
人権侵害の写真を掲載された上、熱愛をでっち上げられ、
終いには「あれはカモフラージュだったんだ」・・・ですから(^_^;)。

 

芹那さんと大倉忠義さんの簡単なプロフィールをご紹介しておきます♪

 

芹那さん。

日本のタレントであり、女性アイドルグループSDN48の元メンバー。

北海道岩見沢市出身。A-PLUS所属。

血液型はA型。身長161cm、体重43kg。

函館白百合学園高校⇒
白百合女子大学文学部児童文化学科児童文学・文化専攻。

 

大倉忠義さん。

俳優・歌手・タレント。
男性アイドルグループ関ジャニ∞のメンバー。

年齢29歳、大阪府出身。血液型はO型、身長180cm。

荒川小学校⇒俊徳中学校⇒大阪市立中央高校(中退)

 

小池徹平,劣化,写真,画像

 

ここ最近・・・
劣化してきていると一部で囁かれ始めている小池徹平さん。

 

果たして現在の小池さんは、全盛期に比べて
どれ程劣化してしまっているのでしょうか…。

 

以前の写真 ⇒ 画像① 画像②

現在の写真 ⇒ 画像① 画像②

 

これに対してネットでは、

 

★美少年から大人の男に変わる途中だからじゃない?もう少し年取ったら逆に渋くてカッコよくなるかも。

★童顔が年を重ねると悲惨というより違和感が出てくる。

★もう28歳なんだね〜でも笑い皺とかある人はそれだけで優しいイメージだし、なんせ男の人なら別にいいんじゃない?キャラ変の時期かもね。

★確かに若い頃の可愛いー!って感じはなくなったけど、歳を考えたら充分かっこいいと思うけど。

★19.20歳のイメージが強いから老けた感じはするけど、顔の作りは綺麗なままだと思うよ。

★従来が童顔ですから、年齢重ねると目立つふしはあるでしょうが、決して劣化を彷彿させる写真画像ではありませんよね(^_^;)。

★むしろ十分に若い!!!

 

ネットの反応を見る限り、
相変わらずイケメンであることには変わりはない
との意見の方がダントツに多いようですよ(^O^)。

 

最後に、小池徹平さんのプライベートをまとめておきます♪

 

・好物…寿司(特にウニ)。うな重。焼飯。お茶漬け(冷たい麦茶をかける)。カレーライス(大好物)。ラーメン(大好物)。カレーパン。お好み焼き。焼肉。ラフテー。鳥のナンコツの唐揚げ。レバ刺し(大好物)。ソーセージ。銀ダラの西京焼き。餃子。納豆(大好物)。ひじき。磯海苔。もずく酢。キャベツ。玉ねぎ。春雨(大好物)。プリン。甘いもの。牛乳(大好物)。
・嫌いな食べ物…脂っこいもの。生クリーム。メロン。スイカ。バナナジュース。
・得意料理…焼き飯。カレーライス。パスタ。ハンバーグ。オムレツ(父親直伝)。
・水をたくさん飲む。朝起きるとまず冷たい牛乳か水を飲む。
・料理が好き。父親が料理好きだった。
・酒が好き。たくさん飲む。好きな酒は焼酎。酒に酔うと一緒に飲んでくれた友人に感謝してハグする。
・健康法…筋トレ(腕立て伏せを疲れるまでやる)。
・ダイエットする時は納豆とバナナだけを摂る。
・貧血で倒れた事がある。
・仕事が一段落した時によく発熱する。
・左右両利き。筆記用具、包丁は左。筆、ギター、バスケットボール、ボウリングは右手。左右の手に箸とスプーンを持って食事をする事ができる。
・鎖骨の辺りを触られるのが苦手。後ろから首の後ろにあごを乗せられると脱力する。
・寝相が悪い。ベッドから落ちて目が覚めた事がある。
・寝言を言う。寝ている最中に歯ぎしりをする。
・寒さに強い。
・お風呂はシャワー派。湯船には滅多に浸からない。
・好きなミュージシャン…スガシカオ。山崎まさよし。トライセラトップス。
・好きな音楽…ジャズ。ロック。
・好きなマンガ…「ドラゴンボール」「スラムダンク」「ワンピース」「GANTZ」。
・好きなテレビ番組…「ガキの使いやあらへんで」。
・テレビゲームが大好き。PSPとNintendo DSを常に両方持ち歩く。中年女性になりきってオンラインゲームをやった事がある。携帯アプリ「ゆるふわ育成ゲーム MEGU」にハマった。
・好きなテレビゲーム…「モンスターハンター」(連日7〜8時間プレイしていた)。「龍が如く」。
・湯たんぽを愛用。
・ストローを噛む癖がある。
・デジタル機器が好き。電器屋によく行く。
ipodを全種類所有。値段交渉して52インチの液晶テレビを買った。
・三線(沖縄三味線)を持っている。
・お笑いが好き。
・自分が出た番組を客観的な視点でチェックする。
・物欲があまりない。
・収集…ドラゴンボールのフィギュア。
・ペット…犬(カニンヘンダックスフンド、名前はラナ=12.05現在)。
・笹塚に住んでいた。

 

というわけで小池徹平さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す