佐藤健ドラマ一覧2015身長サバ体重丸刈り!前田敦子熱愛失恋画像!高校?

satoutakeru 300x300 佐藤健ドラマ一覧2015身長サバ体重丸刈り!前田敦子熱愛失恋画像!高校?

 

佐藤健の身長はサバ?体重は?越谷北高校で…。
前田敦子との熱愛や失恋が…。カラー画像は?
丸刈りはなぜ?かっこいい?変?似合わない?
2015ドラマ 一覧情報♪

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

佐藤健/身長/サバ/体重/越谷北高校/前田敦子/熱愛/失恋/画像/丸刈り/なぜ/かっこいい/変/似合わない/2015/ドラマ/一覧・・・当記事キーワード♪

 

▼佐藤健さんのWikipedia風プロフィールはこちら

本名:佐藤健

出身地:埼玉県

身長・体重:170cm・52~57kg?

年齢・誕生日・血液型:26歳・3月21日・A型

中学・高校:中学不明 ⇒ 越谷北高校

 

アミューズ所属のイケメン俳優、佐藤健さん。

 

今回深掘り情報をまとめる方はその佐藤健さんです♪

 

佐藤健さんの芸能界入りのきっかけは、高校生の時に原宿でスカウトされたこと。

 

まあ、あれだけのイケメンですから、スカウトも放っておきませんよね^^。

 

しかしながら、佐藤健さんは、当時を振り返ってこうおっしゃっています。

 

「スカウトって女の子にしかしないと思っていたので、男でもあるんだと驚きました」

 

当時から元々俳優の仕事に興味はあったんだとか。

 

「ドラマや映画を見るのも好きでしたし、ドラマのNG集で、制作の裏側を見ていて、役者っていいなって思っていたんです」

 

これ私の知り合いの舞台女優さんも同じようなことを言っています。

 

NG集を見たことがきっかけで、役者を志したんだと。

 

モノづくりの舞台裏を垣間見ることで、その世界の魅力に引き込まれたんでしょうね♪

 

佐藤健さんは、このスカウトを機に、17歳にしてドラマ『プリンセス・プリンセスD』で、準主役・河野亨役で俳優デビューをなさったんですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】プリンセス・プリンセスDメイキングブック

 

さらに続いて『仮面ライダー電王』(テレビ朝日)で初主演を果たし、持ち前の甘いマスクでたちまちブレイクしました。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック …

 

まあ当然といえば当然のブレイクですよね。

 

何もブレイクの要因は、そのルックスだけではありません。

 

1人7役以上の演じ分けによって、その演技力など、役者としての才能やセンスにおいても高評価を受けていらしゃるんですね^^。

 

運動神経がかなり良くハードなアクションでも果敢に挑戦なさる意気込みにも、共演者をはじめスタッフには好印象なようですよ(´∀`)。

 

さらにさらに、2010年には、演技のジャンル幅を広げ、時代劇初挑戦となったNHK大河ドラマ『龍馬伝』にも出演なさっています。

【RCP】【送料無料】NHK大河ドラマ 龍馬伝 総集編 DVD-BOX/福山雅治[DVD]【返品種別A】

 

ここでは“人斬り以蔵”として知られる岡田以蔵を演じ、弱々しい土佐郷士が狂犬化する豹変ぶりが大絶賛されましたヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

同年発売なさったDVD『HT ~N.Y.の中心で、鍋をつつく~』は、初週売上が12,000枚となり、オリコンDVDランキングで総合5位を獲得なさった時期もあり、日本人男性俳優の「アイドル・イメージ作品部門」での歴代最高を記録なさったこともおありなんです(*゚▽゚*)。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】三浦春馬×佐藤健 HT 〜N.Y.の中心で、鍋をつつく〜

 

そんな佐藤健さんの特技は、ファンのみなさんもご存知の通り、ブレイクダンスですね。

 

『仮面ライダー電王』でのダンスシーンのインパクトが大きかったので、ご存知の方が多いかと思います。

 

また、佐藤健さんの座右の銘は「臨機応変」。

 

このことは俳優として活動なさる上でも、最も大切にしていらっしゃるんだそうです。

 

「何事にもとらわれないで、その場で最善の判断をして、全力を尽くすようにしています。常に平常心を保つように心がけています。それは、自分の中の美学なんですよ。あまり感情的になって、ワーッとなりたくない。理性的でいたいというのがあるんです。
大抵のことは考え方を変えることで解決できるようになりました。たとえば、理不尽なことを言われたら、『相手は理不尽な人なんだ』と考えることで、同じ土俵に乗る必要はないし、自分は相手に影響を受ける必要はないんだと思います」

 

順応しつつ流されず、自分という軸を大切にしつつ、理性的。

 

とても平成生まれの若者とは思えない落ち着きぶりに脱帽ですね(・□・;)。

 

ちなみに、佐藤健さんの美学は「自己アピールをしない」ことなんだそうで。。。

 

「ガツガツ行くのが、好きではないんです。男に言葉はいらない、態度で示せ、と思っています」

 

繰り返しますが、とても平成生まれの若者とは思えませんよね(^^;。

 

存分に“昭和の男”を感じる奥に隠された男気は、今後佐藤健さんを応援していく上で、ぜひ知っておいて欲しい一面でもあります。

 

佐藤健/身長/体重/サバ

 

昨今の人気イケメンタレントの主流は、専ら、日本人離れした8頭身スタイルでしょうか?

 

そんな中にあって、佐藤健さんは、小顔でスタイルこそ恵まれていらっしゃいますが、線が細く、公称、身長170cmと見た目上はこれといった特徴は目立ちません。

 

しかしながら、その繊細で整った顔立ちは、都会的でもあり、また無邪気な少年を感じされるオーラも醸し出されています。

 

彼の最大の魅力はむしろそういった、どことなく親しみやすく感じさせてくれる雰囲気にあるように思います♪

そんな佐藤健さん、前述の通り、公称では、身長は170cmとのことですが、若干のサバ読みも噂になっているようです。

 

まあ、芸能界ではよくあること・・・と言いますか、定説とも言えるでしょうね。

 

女性タレントさんであれば、ウエストサイズは絶対に50cm台ですし、男性タレントさんであれば、身長の四捨五入は、むしろ暗黙の容認な感はあります、個人的には(^^;。

 

佐藤健さんの写った様々な比較写真を見てみても、靴がブーツだったりするのではっきりとはわかりませんけどね。

 

体のラインが細いこともあって、実際異常に小柄に映ることも考えられますけどね。

 

ちなみに、身長170cmの男性の標準体重は60kgを超えるくらい。

 

そうなると、体重も佐藤健さんの場合はかなり少なめです(^^;。

 

減量に苦しむボクサーにとっては羨ましい限りではないでしょうか?(笑)

 

仮に、身長が168cmであっても169cmであっても、佐藤健さんのオーラがあれば、決してマイナスポイントにはなりませんよね!

 

実際に、たくさんの女優さんと熱愛の噂がありましたし(^^;。

 

詳しくは次項にて(*^^)v。

 

持ち前の親しみやすい性格や、雰囲気で、多くの女性が、佐藤健さんに惹かれてしまわれるのは、考えなくても納得ですよね^^。

 

佐藤健/越谷北高校/前田敦子/画像/失恋/熱愛

 

この項では、佐藤健さんのこれまでの熱愛の噂に関して深掘りしていくわけですが、それを語る前に、彼の学生時代(高校時代)に関して、少しだけ具体的に探ってみたいと思います♪

 

と言いますのも、現在の佐藤健さんのイメージとのギャップがあまりにも大きいからなんですね(笑)。

 

学生時代の自身の事を佐藤健さんはこうおっしゃっています。

 

「ネクラで目立たない高校生でした。ずっとダンスやっていたんで、学校終わったらダンスに行く生活でした。高校生に戻れたら恋愛がしたいですね。高校時代はあまりできなかったので、青春がしたいです」

 

なんとも大人しい学生だったようです。

 

そんな佐藤健さんの出身高校は越谷北高校

 

実はこの越谷北高校はとても偏差値が67というかなりの進学校として有名ななんだそうですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

とは言え、佐藤健さんは、ダンスに夢中なあまり、勉学に関しては疎かになりがちだっとのことですが(^^;。

 

いわゆるガリ勉高校にあって、ダンスに明け暮れ、ネクラで目立たず、勉学でも性格でも、パッとしなかった高校生活。

 

そんな佐藤健さんが、ほんの数年で“共演者キラー”の異名を得るほどの、モテ男に変貌なさったことに、当時を知る仲間は驚きを隠せないようです。

 

とはいえ、芸能界入のきっかけが、元々スカウトによるものなので、ポテンシャル自体はそれなりのものがあったことは、大前提としてあるわけですけどね。

 

それにしても、彼の共演女優さんたちとの熱愛の噂を、全て報道のままに受け取るとなると、普通では考えられないほどの恋愛の数々になるわけです。

 

男性からはあまり好印象ではないかもしれませんが、女性からしたらそれだけの魅力があるのは事実なわけですよね。

 

というわけで、これまでの数々の熱愛遍歴を追ってみましょう♪

 

AKB河西智美さんとの熱愛報道、石原さとみさんと道端で路上キスの目撃情報・・・中でも元AKB48前田敦子さんをお姫様抱っこする写真を撮られたことは大々的に話題になりましたよね(^^;。

 

このスクープ写真は、2012年9月12日発売の週刊文春に掲載されました。

 

ドラマ『Q10』で共演なさった2人ですが。。。

画像

 

そこへきて、降って湧いた、お姫様抱っこをされて“お持ち帰り”報道。

画像① 画像②

 

報道によると、この写真、泥酔、号泣のあげく、お姫様抱っこをされて“お持ち帰り”されるという、国民的アイドルの乱れた一夜が写し出したものだということでした。

 

一連の報道で、個人的に気になるのは“号泣”の内容です。

 

この涙の真相は何だったのでしょうか?

 

どこまでが事実なのかは不明ですが、調べてみると、この2人の間には、大島優子さんが絡んでいたことが挙げられるようです。

 

当時まだ駆け出しの俳優さんでしたし、悩みも多かったという佐藤健さん。

 

そこへきてアイドルとして人気を不動のものにし、お茶の間の定番タレントの座を射止めていた前田敦子さん。

 

ドラマ共演を通して、佐藤健さんはよく前田敦子さんに、何かと相談をなさっていたと言われています。

 

その後AKBを卒業し、女優業を始めた前田敦子さんでしたが、今度は新たな分野への悩みも抱えるようになった彼女は、今度は逆に佐藤健さんに相談するようになったんだとか。

 

となれば、ここから恋愛に発展するのは想像に難しくありませんね。

 

しかしながら、実は以前から大島優子さんのファンであることを一部の人間に告白なさっていたという佐藤健さん。

 

「大島優子とつき合いたい」

 

周囲にはそんなことも漏らしておられたという情報もあります。

 

前田敦子さんのAKBプチ卒業会でも、彼女の気持ちは露知らず(?)、大島優子さんに対し熱心にアプローチしていたとか。。。

 

そんな出来事がバックボーンにあって、泥酔を機に、前田敦子さんは号泣してしまわれたのではないかとの噂があるんですね。

 

つまり、これは失恋の涙ではないかというのが、一般的な見方のようです。

 

数々の大物を手中に落としてきた“共演者キラー”の今後にも注目したいところですね(^^;。

 

ちなみに、佐藤健さんがモテる秘訣を垣間見た瞬間があります。

 

某イベントの際、

 

「前田敦子さんと石原さとみさんが溺れそうになっていたら、どちらを助けますか?」

 

という記者の質問に、

 

「2人を助けて僕が死にます」

 

と即答なさったという佐藤健さん。

 

この素早い切り返しの上手さ、この頭の回転力こそが、女性ウケの秘訣なのかもしれません。

 

佐藤健/丸刈り/なぜ/ドラマ/画像/変/かっこいい/似合わない/2015/ドラマ/一覧

 

佐藤健さんがこれまで出演したテレビドラマの中で一番好きな作品を、22歳~34歳の働く女子に聞いてみたというアンケート結果があります。

 

これは2014年7月にwebアンケートされたもので、有効回答数228件。

 

Q.俳優、佐藤健さんがこれまで出演したテレビドラマ作品の中で、一番好きな作品はどれですか?

1位/『メイちゃんの執事』……14.9%
2位/『ROOKIES』……13.2%
3位/『ブラッディ・マンデイ』……11.0%
4位/『ビター・ブラッド~最悪で最強の親子刑事~』……9.2%
5位/『仮面ライダー電王』……8.8%
6位/『龍馬伝』……8.3%
7位/『とんび』……7.5%
8位/『Q10』……5.3%
9位/『ほんとにあった怖い話 顔の道』……1.8%
10位/『MR.BRAIN』……1.3%

※単一回答式・11位以下は省略。「その他」は除く。

 

そして、2015年4月期スタート新ドラマ出演も決定している佐藤健さん。

 

毎週日曜日、21:00~放送の『天皇の料理番』(TBS)ですね♪

画像

 

原作は、直木賞作家・杉森久英氏の小説『天皇の料理番』。

大正・昭和時代の宮内省大膳頭を務め、料理で天皇を支え続けた秋山徳蔵氏の生涯を一部フィクションを交えてたどった物語。1980年に同局で連ドラ化されており、この時は堺正章が主演した。

今回、佐藤が演じるドラマの主人公・秋山篤蔵は、幼い頃、洋食のカツレツに出会って感激し、料理人を志す。当時の日本人としては珍しかった仏パリで修業し、差別・偏見と闘いながらも世界最高峰のオテル・リッツのシェフとなり、26歳という若さで“天皇の料理番” まで上り詰めていく。戦後の混乱期にも「この国の為に、自分に出来る事はないか?」と奮闘し、料理外交を繰り広げる。

初のシェフ役に挑む佐藤は、8 月から実際の料理学校で料理人としての所作を猛勉強中。皿洗いや野菜切りなどの修業期間を経て、料理人として成長していく過程に合わせ、実際の調理シーンも本人が演じていく。また、修業のため訪れるパリでの撮影も敢行する。

ドラマの舞台となる明治後期から大正・昭和にかけてはまさに日本の成長期。当時の街並みをセットで再現したり、国内各地の古き面影を残す地でロケを行い、服装、生活ぶりなどの変化も忠実に再現していく。

 

この主演ドラマの役づくりのため丸刈り頭になったことも話題です。

 

ドレッドヘアを披露した『ROOKIES』が話題になったこともありました。

画像

 

俳優さんの中には自身のイメージを保ちたいタイプが多いようですが、佐藤健さんちょっと違った考えをお持ちのようです。

 

「僕はイメージをどんどん変えていきたいタイプ。無理にでも髪型は変えようと頑張ってやりました。むしろ180度変えて、目の前のイメージをどんどんぶち壊していこうという感じ。何色にでもすぐになれる状態が理想です」

 

このドレッドヘアもかなりインパクトがありましたが、今作の『天皇の料理番』でのバッサリとした刈り上げもまた大きな話題を呼んでいます(*゚▽゚*)。

 

以前には、TBSドラマ『とんび』でも、高校生時代を演じるため、短髪だったことがありましたが。。。

画像

 

この時より短いとも言われている今作。

 

「変」「かっこいい」「似合わない」「ダサい」「超イケメン」

 

賛否両論分かれているようですが、Twitterを見てみると、メロメロな女子が多いことに気付きます(´∀`)。

ツイート① ツイート② ツイート③ ツイート④ ツイート⑤

 

ちなみに佐藤健さん曰く

 

「中学生の野球部以来、こんなに短くしました」

 

だそうです。

 

第一話は4月26日(日)です。期待しましょう♪

 

佐藤健/プライベート

 

それでは最後に佐藤健さんのプライベート情報を箇条書きにてまとめておきます♪

 

★4歳年下の妹がいる。
★幼稚園時代、人見知りが激しかった。
★幼稚園時代、友人がいじめられた時は止めに入っていた。
★習いごと…少林寺拳法(黒帯)。
★食べ物の好き嫌いが多かった。よく親に怒られた。
★ウルトラマン、仮面ライダー、戦隊モノが好きだった。特に「ウルトラセブン」と「仮面ライダーアマゾン」が好きだった。
★小学校時代、うんていが得意だったので女子から「サル」と呼ばれた。
★小学校時代、よく友人と泣きながらつかみあいのケンカをした。
★小学校時代、学級委員をやった。
★小学校時代、運動会で毎年リレーに出場して活躍した。
★小4〜小6の時、地元の少年野球チームに入っていた。ポジションは外野手。
★小6〜中2の時、女の子にモテモテだった。
★中学の入学式で上級生の女子から歓声を浴びた。バレンタインにチョコを10個以上貰った。
★小学校〜中学時代、テレビゲームとカードに熱中。「ポケモン」のカードの大会に出場(友人が全国3位になった)。
★中学時代、女の子の方から誘われて初デートをした。
★中1の時、両親が離婚して母親に引き取られた。
★中学時代、野球部。中3になって自分にあまり野球のセンスがない事を自覚した。
★小学校〜中学時代、成績優秀だった。小学校時代はテストは殆ど100点。中3の定期テストで130人中学年1位になった。
★中3の時、学習塾に通っていた。
★高校は進学校。
★高校時代、体操部。
★高校時代、ブレイクダンスに熱中。
★ダンススクールに通って夜中に路上で踊った。
★ブレイクダンス部創部を試みるが仲間がひとりしか集まらなくて断念した。
★高校時代、郵便局で年賀状配達のアルバイトをした(猛吹雪の中を自転車で配達した)。
★高1の時、女の子に対してクールなキャラを気取ったら全くモテなかった。
★理系科目が得意だった。
★好物…白米。寿司(大好物、カウンターでおまかせで食べるのが好き)。かっぱ巻き。卵かけご飯。うな重。鴨ぞうすい。カレーライス(大好物、母親が作るじゃがいもが溶ける程煮込んだカレーが好き)。ラーメン(大好物)。チャンポン(大好物)。うどん。そば(大好物)。トムヤムクン。焼肉(特にハラミ)。砂肝の焼鳥。スッポン。うなぎ(大好物)。トロ。ウニ。ホタテ。ボタンエビ。グリーンサラダ。レタス。しいたけ。マスクメロン。バナナジュース。ココア。和食。甘いもの。
★嫌いな食べ物…サバの味噌煮。青魚。アンチョビ。煮干し。桜えび。コーヒー。
★子供の頃は魚介類全般が嫌いだった。
★食べる事が好き。たくさん食べる。おいしい店を探すのが好き。
★食に対する好奇心が旺盛。熊、タヌキを食べた事がある。
★料理を全くしない(=12.08現在)。
★肺気胸(自然気胸)を患った(=07年)。
★視力が悪い。普段は眼鏡を使用。
★目が腫れやすい。
★唇をなめる癖がある。
★花粉症。
★乾燥肌。
★敏感肌。洗顔をさぼるとすぐに吹き出物が出来る。
★肘の関節が硬い。自分の手で手と同じサイドの肩を触れない。
★どこでも寝られる。
★漢字、地理、歴史、政治経済が苦手。
★毛虫が大の苦手。
★家事が苦手。特に掃除・整理整頓が苦手。
★好きなマンガ…「名探偵コナン」。
★好きな俳優…ジョニー・デップ。
★好きな映画監督…ティム・バートン。
★感動すると映画館で号泣する。
★ポカポンゲームが得意。殆ど負けた事がない。
★ガラス細工が好き。
★猫が好き。
★部屋にあまりモノを置かない。
★ペット…猫2匹(=08.03現在)。
★ひとり暮らし(=12.08現在)。
★小学生から中学校3年生まで野球をやっており、ポジションはセンター・レフトだった。
★2008年当時、2匹の猫を飼っており、名前は「こちろー」と「ぷちろー」。2匹は旧オフィシャルブログ『WITH』で画像とともに紹介されることがあった。
★いきつけ…レストラン「VEGE MATTO」(六本木、月に2〜3回行く=12.08現在)。
★季節は冬が好き。
★カラオケの十八番…Mr.Children。
★髪型が決まらないと家を出ない。
★洋服が大好き。よく洋服を衝動買いする。1ヵ月の洋服代が給料以上になる事がよくある。
★急降下するジェットコースターが好き。
★原宿が好き。
★渋谷センター街で大転倒した事がある。
★左手でメールを打てる。
★オセロゲームが強い。人間との実際の対戦で負けた事がない(=14.07現在)。
★好きな言葉…「初志貫徹」。
★超負けず嫌い。
★優柔不断な性格。
★完璧主義。
★喜怒哀楽をあまり表に出さない。怒りの感情を自分で意識的にストップする。
★ひとりで外食する事がある。
★人見知りをしない。
★よく母親からメールが来る。
★協調性に自信がある。
★常に場の空気を読んで誰もいないポジションに入る事をこころがけている。
★自分の話をするより人の話を聞く方が好き。
★口癖は「なんかね」。
★常に一緒に遊ぶ友人がいる。
★友人とドレスコードを決めて遊ぶ。
★友人と飲みながら推理クイズを出し合う。
★好きなタイプ…太陽のように明るい女性。面白い女性。家事ができる女性。色気がある女性。上品な女性。ギャップのある女性。積極的で行動力がある女性。ツンデレ系の女性。
★女性のストライクゾーンが広い。
★女性の方言が好き。
★綺麗な女性が男言葉を使うとドキッとする。
★食べ方が下品な女性は苦手。
★喜怒哀楽の表現が激しすぎる女性は苦手。
★好きな女性に自分から告白するのが苦手。
★デートプランを決めるのが苦手。
★彼女にフラれた事がある。

 

というわけで佐藤健さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す