二階堂ふみ浅野忠信熱愛画像?食わず嫌い福士蒼汰過激結果本名私の男etc.

nikaidoufumi 300x300 二階堂ふみ浅野忠信熱愛画像?食わず嫌い福士蒼汰過激結果本名私の男etc.

 

二階堂ふみが浅野忠信と過激熱愛!?画像は?
福士蒼汰との食わず嫌いが面白い!結果は?
映画『私の男』動画DVDレンタル…他、カップ・本名…。

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

二階堂ふみ,浅野忠信,過激,熱愛,画像,福士蒼汰,食わず嫌い,面白い,結果,映画,私の男,動画,DVDレンタル,カップ,本名・・・当記事キーワード♪

 

▼二階堂ふみさんのカップほかWikipedia風プロフィールはこちら

本名:二階堂ふみ

出身地:沖縄県

身長・体重:157cm・38kg(15歳時/身長は現在も同じ)

年齢・誕生日・血液型:20歳・9月21日・O型

カップ:C~Dカップ?

高校・大学:東京都立八潮高校 ⇒ 慶應義塾大学総合政策学部在学中

 

今回記事をまとめるのは・・・
女優で元ファッションモデルの二階堂ふみさん。

 

このところ人気急上昇中の女優さんですね^^。

 

二階堂さんが女優を志されたのは、必然だったのかもしれません。

 

幼い頃から、映画好きの母に連れられて映画館へ
足を運ばれて、幼少期からそちらの世界に精通されており、
また憧れも抱かれていたからです。

 

当然のように映画女優を第一に志されました。

 

そんな二階堂さんのデビューのきっかけは・・・

 

「お洋服が元々好きだったので、古着屋さんによく行っていたら、そこで発行しているフリーペーパーの表紙をやって、そこから『沖縄美少女図鑑』に出て、事務所の人が沖縄までスカウトしに来てくれました」

 

だそうです。

 

詳しく説明すると、12歳の時にフリーペーパー
『沖縄美少女図鑑』Vol.4掲載のグラビアを飾られて、
そのグラビアがマネージャーの目に留まり、沖縄に駆けつけた
マネージャーによってスカウトされ芸能界入り・・・といった流れです^^。

 

その後、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』の
専属モデルを務められ、ファッションモデルとしてファッション誌や
広告へ出演なさるようになっていきました。

 

それでも、二階堂さんの目指す先はブレることなく“女優”一本。

 

二階堂さんはおっしゃいます。

 

「映画が好きだったんですよ。うちの母が映画好きで、よく昔から映画に一緒に行ってたりしていたので。それで“スクリーンに出たいな”ってだけで、芸能界に入りたいとは思ってなかったですね。当時は事務所っていう存在も知らなかったんですよ。全然何もしらないけど、私いつか映画に出れるなって、なんの根拠もないけど確信がありました。スカウトされた時も“映画に出れる!”って思っただけで入りました、正直にいうと」

 

二階堂さんにとって、女優とは一体なんなのでしょうか?

 

「女優さんほど素敵な職業はないと思うんで。辛いことも苦しいことも、楽しいことも全部が生かされることじゃないですか。私の“人間”っていうものと、その“感情”との間に、たぶん“女優”っていうフィルターが入っているから、そこを通していろんなものを発信できたら、面白いかなって考えてます」

 

それではデビューからこれまでを簡単に振り返ってみましょう♪

 

女優としてのデビュー作は、2007年、テレビドラマ『受験の神様』。

 

初主演は、2008年12月、ソニーミュージックがプロデュースした
ケータイ音楽ドラマ『DOR@MO』の1編『キミに歌ったラブソング』。

 

劇場映画デビューは、2009年公開の『ガマの油』。

 

これはオーディションを経てヒロイン役に抜擢されておられます♪

 

この頃ははまだ中学生だった二階堂さん、
地元の沖縄と職場の東京の行き来を繰り返しながら
仕事をなさっていましたが、高校進学を機に上京なさいまいした。

 

映画初主演は2011年、
ロックバンド神聖かまってちゃんを巡る若者たちを描いた青春映画
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』。

 

この作品で、第3回TAMA映画賞最優秀新進女優賞、
第26回高崎映画祭最優秀助演女優賞を受賞・・・
と輝かしい実績を重ねられています。

 

第68回ヴェネツィア国際映画祭出品の園子温監督作品『ヒミズ』で、
最優秀新人賞に当たるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

 

この快挙から、二階堂さんは一躍“時の人”へヽ〔゚Д゚〕丿。

 

当時、映画関係者はこんなことをおっしゃっています^^。

 

「二階堂と染谷は、早くも、年末の日本の映画賞でも主演女優・男優賞や新人賞を総ナメにするといわれています。1月公開の作品は年末の賞レースにはなかなかノミネートされにくいが、その不利な条件を覆すほど評価は高い」

 

2013年には映画『ヒミズ』『悪の教典』での演技により
第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

 

第35回ヨコハマ映画祭と第56回ブルーリボン賞で助演女優賞を受賞。

 

某映画評論家の分析では・・・。

 

「演技と実際のキャラクターのギャップという点では、大竹しのぶさんを思い起こさせますね。今後は、二階堂さんのこうした不思議キャラを生かした役柄もできると思いますし、一方で殺人犯など狂気を感じさせる役なら怖さがグッと増すでしょう。幅広い役を演じられる女優としての資質はあると思います。役柄によっては、今後、女優として大化けする可能性は充分あります」

 

しかしながら、多忙を極めたこの活躍に反比例するかのように、
高校生活での学業の成績は・・・(>_<)。

 

当然の結果ですので、しょうがないんですけど、
予てより大学進学を希望なさっていた二階堂さんにとっては、
人生を左右する大きな悩みのタネだったことでしょう。

 

この結果を受けて、
二階堂さんは現役での大学受験を断念されていますので。

 

しかしながら、卒業後は撮影現場にまで参考書を持ち込んで
受験に備え日々コツコツと努力を続けられた結果、
今年、一浪を経て、慶應義塾大学総合政策学部に
AO入試での合格を果たされたんです(^-^)。

 

二階堂さんが受験したAO入試は、1次が書類選考、2次が面接試験。

 

AO入試には、高い学力はもちろん、学業以外の活動でも
一定の社会的評価がなければならない、狭き門なんですね。

 

志望なさった慶應義塾大学総合政策学部は、
学部を超えて科目を履修することが可能で、
授業科目は学年別に決められていないなど
自由度が高いことで知られています。

 

当初は文学部志望だったという二階堂さんですが、
様々な経験と共に学びの幅も広がることから、こちらを選んだそうです。

 

現役の大学生と女優の両立に対し所属事務所は

 

「学業と女優業を両立させていきます」

 

とコメントを残しおり、どちらも
セーブすることなく、力を注ぐ決意をお持ちのようですヽ〔゚Д゚〕丿。

 

二階堂ふみ,過激,私の男,動画

 

今年の6月14日より公開となった映画私の男

 

原作は桜庭一樹さんの同名小説で、
主演を浅野忠信さんと二階堂ふみさんが務められています♪

 

この作品、世界的な映画祭の1つ、ロシアのモスクワ国際映画祭で、
最高賞のグランプリを受賞したほか、
主演の浅野忠信さんが最優秀男優賞に選ばれました。

 

グランプリは実に15年ぶり、
最優秀男優賞はナント31年ぶりの快挙なんですね~(゚д゚)。

 

『私の男』イントロダクション♪

『私の男』ストーリー♪

『私の男』劇場予告動画♪

 

以下、映画『私の男』の
twitterを始めとするネットでの感想や評価です(^_^;)。

 

「私の男」見てきました。二階堂ふみの表現力にとにかく圧倒されました。抽象的な場面の捉え方も素敵でただただ鳥肌。もう一度見たい。

 

一昨日はいつものシネコンで『私の男』を鑑賞。家族が欲しい男と、その周囲で模索される様々な愛の形。初日舞台挨拶で「40代をどう迎えるか考えていた時期に出会った作品で」と主演の浅野さんが仰ってますが、観客の私も同じ。内容も含め、自分にとっては記念碑的な作品になりました。

 

★圧巻の流氷シーン(画像)に関する主な感想♪

 

画像

 

熊切和嘉監督『私の男』 OP、真っ暗な画面 流氷が軋む音だけが響いてくる それで一気に映画の中に引きずり込まれて 流氷が浮かぶ紋別の暗い海 スクリーン一杯にどこまでも広がっているのに閉ざされている あれは映画館で観なきゃ絶対だめなんだ

 

『私の男』あとこれ音が凄まじくて、冒頭の流氷の軋む音からもう連れていかれる。ジム・オルークのデザインによる繊細にして張りつめた音響が流れる中で突如暴力的な破壊音が炸裂する時の緊迫感と快感! 絶対爆音映画祭向き!

 

★原作派の主な感想♪

 

私の男。活字で読んだときは、二人のキャラクターも関係性も美化されちゃって、何だか尊いものに感じたが、映像でみるとリアルにエグかった。想像世界に勝るものはなしということか

 

「私の男」観てきた。映像は美しかったけど桜庭一樹ワールドが一切感じられなくて原作好きには大顰蹙を買いそう。でも前半の映像は美しかった。後半はB級感ハンパなかったけど。ギャグかな……?って思うシーンが多々あった。お互いの心理が感じられなくて残念。残念。

 

★ラストの台詞に関する感想♪

 

私の男を見てきました。 もともと原作がすきで、だから見に行ったのだけども、この父と娘の世界を男性監督が描くとなんだか痴人の愛みたいになるのだなあとおもいながら見ていたら最後の最後、二階堂さんの五分くらいの演技によって、男性の目線にも沿いつつ少女の物語がとりもどされた気がしました。

 

すごく私的解釈すると最後に花が選んだ結末は淳吾という男の心を永遠に自分に縛りつけるための行動だったんじゃないかって。違う男と結婚する花を穏やかに受け入れるつもりで正装してきた淳吾に爪先で誘惑するのも、父親になんてさせない、ずっと私の男だから、って花が呪いをかけたみたいだった。

 

DVDレンタル&発売は2015年2月からです♪

 

浅野忠信,二階堂ふみ,熱愛,過激

 

その『私の男』で、圧巻の過激な演技が話題の二階堂ふみさん。

 

その彼女を受け止めるのが、
もう一人の主演浅野忠信さんなのですが・・・。

 

お2人の過激な演技、そして
中での熱愛ぶりが専門家の間でも絶賛されているようです^^。

 

父と娘の愛と聞いて、もしかしたら

 

「ちょっと・・・」

 

と難色を示される方も多いことでしょう。

 

では、その絶賛のポイントはどこにあるのでしょうか?

 

まずは、ヒロイン役の二階堂ふみさん。

 

極寒の北海道、世間と隔絶された場所で、花にとって淳悟だけが人として、そして男として必要な人間になっていく。彼女が少女からオンナ、子供からオトナへと変化していく中にインモラルさとイノセントさが交じり合い、圧倒的な存在感を放ちラストまで目が離せない。

 

そして、父親役である浅野忠信さん。

 

もしも私のお父さんが浅野さんだったら……結婚適齢期が過ぎても「お父さんみたいな人と結婚する!」と言い続け、結果誰とも結婚できない悲劇に見舞われそうだ……と思わず妄想してしまう。原作には、淳悟について「ひょろりと痩せて背が高く、手足は長い。無職で着ているものも安物で髪は伸ばしっぱなしで肌もかさかさなのに、姿勢はよく仕草も優雅」とある。まさに浅野忠信が演じた淳悟の存在感は、不思議な優雅さと色気があり、花を受け止め、そしてそれ以上求めてしまう、男の葛藤と悲哀がにじみ出ている。

 

2人はそれぞれの役を運命的な出会いと感じ、
渾身の演技を披露されているわけです。

 

その表現力にメディアや著名人らから
絶賛のコメントが寄せられているというわけですね^^。

 

ところで、このあまりにも過激で濃厚な演技に対し、
二階堂さんのプライベートの彼氏さん・俳優の新井浩文さんの
言動が話題になっています(^^;。

 

ポイントを上げると・・・。

 

★二階堂さんが、映画『私の男』で
濃密な濡れ場を披露している事実を知ったという新井さん。

★その二階堂ふみさんが演じた濡れ場のお相手役が浅野忠信さん。

★あまりに濃密すぎて、二階堂さんと
プライベートで交際中の新井さんが嫉妬しているのではないかとの噂。

★新井さんが「あんまり見たくないな」とぶんむくれてしまった。

 

以下、某情報誌より(^^;。

 

俳優の浅野忠信(40)、女優の二階堂ふみ(19)が15日、都内で映画「私の男」(公開中)のモスクワ国際映画祭受賞記念凱旋舞台あいさつを行った。

同作は先日行われた同映画祭で「最優秀作品賞」「最優秀男優賞」をダブル受賞。最近、海外での受賞が増え“世界的女優”としてのステップを順調に歩んでいる二階堂は「賞をいただけるのは素直にうれしい。自己形成になっている映画。その映画に関われることに幸せを感じています」と思いを明かした。

イベントでは、観客からの質問コーナーもあった。同作での二階堂・浅野の濃厚なラブシーンについて、観客の男性が浅野に「興奮しなかったのか」ときわどい質問。浅野は「友達にもよく聞かれるんですよ」と苦笑いしながら「仕事モードのときは意外とないんですよ。もちろん興奮するんですけどね。男はそういうところ、気になりますよね」とクールだった。

これに反応したのは、二階堂のプライベートの彼氏・俳優の新井浩文(35)だ。ツイッターで15日、「共演したい女優」をフォロワーに聞かれると、堂々と「二階堂ふみ」と宣言したのだ。ネット上でも「浅野へのライバル心の表れか」と話題になった。

新井にとって浅野は同じ事務所の先輩。浅野と二階堂のラブシーンに対して「あんま見たくないな」とジェラシーを感じていたというのは本紙既報通りだ。

映画関係者は「新井はいま売り出し中の俳優。浅野に対しても尊敬していますが、ライバル心もある。今回『私の男』が世界三大映画祭に準ずるモスクワ映画祭で賞を取ったことには拍手を送る半面、オレならもっとできるという思いがあるはずです」と明かす。今回のツイッターもその思いの表れというわけだ。

だが、つい最近もモデルでDJの中田クルミ(22)とのラブラブデートをフライデーされるなど、いまだお盛んな浅野だけに、新井にとっては気が気ではないようだ。

 

福士蒼汰,二階堂ふみ,結果,食わず嫌い,面白い,画像

 

一昨日放送のあった、フジテレビの人気バラエティ
『とんねるずのみなさんのおかげでした』は、看板コーナー
「新・食わず嫌い王決定戦」で、
二階堂ふみさんと現在注目の俳優・福士蒼汰さんが対戦♪

(※福士蒼汰さんに関する詳しい情報はコチラを参照ください♪)

 

嫌いな食べ物は少ないという二階堂は、沖縄県出身ということもあり地元料理や和食など4品を無難に食べていく。石橋貴明とは初対面にも関わらず息もピッタリ。トークでは“料理”“スカウト”“留学”について話していく。

一方「この番組の大ファンだった」という福士は気合い十分。二階堂同様に順調に食べていくが、ある食べ物を見て笑ったところを相手チームから口撃にあってしまう。これは演技派俳優の作戦!? 大注目の若手俳優対決から目が離せない!!

 

女優として演じる姿しか知らなかった
全国のお茶の間のみなさんも大勢いらっしゃったようで、
番組内での、ある意味プライベートな二階堂さんの言動に、
放送をご覧になったみなさんから

 

ノリが良くて可愛くて面白い!!!

 

と話題になっているようです♪

 

沖縄出身らしく、二階堂さん、
シーサーみたいな人が好きらしいですよ(笑)。

画像

 

つまり、例えて言うなら・・・この方じゃけぇのぉ!!!(笑)

画像

 

真面目な顔して、面白いことをされる堂々とした様に、
そのギャップ萌えなさる方も多いのではないでしょうか?

画像① 画像②

 

ご自慢(?)の眼力強さも披露なさいました♪

画像

 

勝負の結果は、見事勝利をおさめられたのですが、
勝ったのに何故かモノマネを披露なさったり(笑)。

画像

 

今回もtwitterを始めとするネット上では
大いに盛り上がりを見せています(*^_^*)。

 

二階堂ふみさん、最高です!! 毎週、食わず嫌いでもいいくらい、 タカさんの絡みが面白すぎる。

 

二階堂ふみちゃんくそ可愛い(笑) しかもおもしろい(笑)(笑)

 

二階堂ふみちゃんってこんなキャラだったの?めっちゃおもしろいんだけどwww

 

二階堂ふみかわいいな、そしておもしろいしサービス精神豊富で魅力的( ´ ▽ ` )

 

二階堂ふみおもしろい笑 なんか印象変わった おもしろい女の子好きだな

 

二階堂ふみってこんな感じなのwwwwめっちゃおもしろいじゃんwwwwwwww

 

今日の食わず嫌い王、二階堂ふみが出てる。まだ20歳やのに、なんだこのどっしり感。 ほんでタカさんからの振りに、予想の上行く返し。 この子おもしろいな!笑

 

二階堂ふみ見る目変わった!というか全然どんな人か知らなかったけど!ノリいいのね♡

 

二階堂ふみ,プライベート

 

それでは最後に二階堂ふみさんのプライベート情報
箇条書きにてまとめておきます♪

 

★幼少時代空手をやっていた。
★子供の頃から母親がよく映画館に連れて行ってくれた。濃厚なラブシーンがある作品を普通に観ていた。
★ものごころついた頃から将来映画女優になりたいと思っていた。
★学生時代、友達があまりいなかった。
★大学時代、「テニスの王子様」を鑑賞するサークル。
★好物…おでんのちくわぶ。かぶ。
★好きな本…太宰治「人間失格」(年に1回は読み返す)。
★映画が大好き。名画座で1日に4本観る事がある。
★好きな俳優…マシュー・マコノヒー。
★好きな映画監督…ヴィタリー・カネフスキー。
★洋服、靴が好き。ワンピース、ツナギ、オーバーオールが好き。母親のおさがりの洋服、アクセサリーを身に付ける。
★ゴテゴテのネイルアートが好き。
★好きなタイプ…硬派な男性。
★自主制作映画用の脚本を執筆した事がある。
★映画の現場が好き。いつか照明の仕事をしてみたいと思っている。
★映画「脳男」の役作りの為に体重を約5㎏落として眉毛を剃った。
★映画「私の男」で気温零下10℃の真冬の北海道で海から流氷にはいあがるシーンを演じた。

 

というわけで二階堂ふみさんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す