中谷美紀結婚?同棲!ドラマ共演渡部篤郎パリデートフライデー画像?cup性格は?

nakatanimiki 中谷美紀結婚?同棲!ドラマ共演渡部篤郎パリデートフライデー画像?cup性格は?

 

中谷美紀・渡部篤郎…結婚か!?
共演からパリデートフライデー…同棲へ?
ドラマ「ゴーストライター」・カップ・性格・画像も♪

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

中谷美紀/渡部篤郎/結婚/共演/パリ/デート/フライデー/同棲/ドラマ/ゴーストライター/カップ/性格/画像・・・当記事キーワード♪

 

▼中谷美紀さんのカップほかWikipedia風プロフィールはこちら

本名:中谷美紀

出身地:東京都

身長・体重:163cm・45kg前後?

年齢・誕生日・血液型:38歳・1月12日・A型

カップ:B85-W57-H87 Cカップ?

中学・高校・大学:東村山第七中学 ⇒ 代々木高校 ⇒ 赤堀栄養専門学校

 

女優・声優・歌手・モデル・・・中谷美紀さんまとめです♪

 

中谷さんの女優デビューは1993年、
あの伝説のテレビドラマ 『ひとつ屋根の下』(フジテレビ)。

 

このドラマが大ヒットしたこともあって、
その後は、多くのテレビドラマや映画、さらにはCM出演で
知られるようになっっていかれました^^。

 

1996年には坂本龍一さんプロデュースで
『MIND CIRCUS』をリリースされ、音楽活動も再開なさっています。

 【中古】シングルCD 中谷美紀/MIND CIRCUS【画】
 

また、翌1997年に発売された『砂の果実』が、
初のオリコンシングルチャートトップ10入りとなり、
33万枚を売り上げる大ヒットに!(゚д゚)。

【CD】砂の果実/中谷美紀with坂本龍一 [FLDG-1009] ナカタニ ミキ・ウイズ・サカモト リユ
 

時を経て、2004年~2005年にかけては、
女性雑誌 『anan』に初の連載エッセイ『男子禁制!?』を執筆するなど
活躍も多方面にわたっているようです。

 

ここでの執筆活動が評価され(?)、
インド一人旅の旅行記、『インド旅行記』も出版なさっています。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】インド旅行記(1(北インド編)) [ 中谷美紀 ]
 

ちなみに私、こんな本大好きです♪

 

一人旅の良さも悪さも実感しておりますので(^^;。

 

中谷さんの初舞台は2011年『猟銃』。

 

初舞台ながら、1人3役に挑むという大役をこなされましたヽ〔゚Д゚〕丿。

 

ちなみに、この舞台のオーディションですが、
中谷さん自身は、新たな分野への挑戦の足がかりになれば・・・
との軽い気持ちで受けたらしく、
まさか自分が受かるとは思っていなかったそうでして・・・。

 

そのせいもあって、
オーディションにはノーメイクとラフなパンツスタイルで挑まれたとか(^^;。

 

ところが、蓋を開けてみれば・・・まさかの合格^^。

 

本人はさぞ焦られたことでしょうね(笑)。

 

おかげで、この時のオーディションは
今でもこんなふうに語り草になっています(*^_^*)。

 

ここでの演技に関してですが

 

「初舞台と思えないほどのせりふのクリアさにまず驚かされた」

 

との称賛を受け、第46回紀伊国屋演劇賞個人賞を受賞なさっています。

 

つまり、どんなラフな格好でオーディションを受けようとも、
審査員の目はホンモノだったということが証明されたわけですね^^。

 

そして、中谷さんと言えば、“着物”でしょう♪

画像

 

正統派和風美人と称され、
着物姿の凛とした美しさに定評がありますものね(^O^)。

 

本人も着物がお好きなようで、

 

「着物を着ると背筋が伸びて身が引き締まりますね」

 

とおっしゃっています♪

 

中谷美紀/性格

 

そんな中谷美紀さんの性格ですが、
私は個人的に、その人間性が大好きです♪

 

とは言っても、私は中谷さんと、時間を共有したこともなければ、
当然知り合いでもありませんので、
プライベートでの中谷さんを知っているわけではありませんけどね。

 

ブラウン管を通して知る中谷さんや、
雑誌等のコメントで知る中谷さんから察する限り、
趣味や自身の時間や仕事を大切にしていらっしゃる様子が伺えます^^。

 

また、自身の肉体のケアにも心がけていらっしゃるようで、
女優業に対し、真摯に向き合われている感じもお見受けします。

 

私が、中谷さんのプライベートを
ほとんど知ることがないことにも裏付けされています通り、
本人もお仕事とプライベートは完全に分けられていらしゃるようで、
自身のプライベートはオブラートに包んでいらっしゃいます^^。

 

そんなところも、私は個人的に好感が持てますね。

 

決して口が軽いわけでもなく、人から信用されていないわけでもなく・・・。

 

役者に関しても勉強熱心ですよね~♪

 

これは有名な話ですが『嫌われ者松子の一生』のロケで
中島哲也監督と大ゲンカしたことがおありのようで(^^;。

 

気が強い性格の印象も受けますが、
これは役者魂の表れではないでしょうか?

 

女優業に関しては、絶対に妥協したくない思いからの行動だったんだと、
私は勝手に思っています。

 

本人曰く、今ではいい思い出らしいですからね(^_^)。

 

引きずるわけでもなく、実にさばさばした性格じゃないですかぁ!^^

 

中谷美紀/ドラマ/ゴーストライター

 

その中谷美紀さんが主演を務める、フジテレビ連続ドラマ
ゴーストライターが、年明けの1月に放送開始されるようでうす!

 

ゴーストライターってやっぱり・・・
あの事をモチーフにしたドラマなんでしょうか?(^^;

 

もうあれから1年ほど経過したんですかね~?

 

そう・・・現代音楽家の新垣隆さんが
“全ろう”の作曲家、佐村河内さんのゴーストライターを18年務めたと、
衝撃の告白をなさってから・・・。

 

あの「作曲者偽装事件」ですね。

 

ドラマでの役どころは、水川あさみさん演じるアシスタントに、
ゴーストライターを頼んでしまう女流小説家役。

 

見所は作家とゴーストライターの関係性・・・。

 

中谷演じる人気小説家・リサが行き詰まりを感じ、小説家を夢見るアシスタント・由樹(水川)にゴーストライターを依頼。
偽りの自分を演じ苦悩するリサと、才能がありながらゴーストライターとして生きる由樹の対決、友情、成長を描くヒューマンサスペンスだ。

 

・・・だそうです。

 

ちなみに、中谷さんの連続ドラマ主演は13年ぶりだそうで、
これに関して中谷さんはこうおっしゃっています。

 

「全く意識していなかった。
ドラマも映画も主演というのは作品全体を背負わなければいけない。
精神的にも肉体的にも負担は大きいので委ねられることは委ねたい。
まさに時代を象徴しているなと思いましたが、いたずらに虚栄心だけでゴーストライターを立ててしまったのではなく、その背景にある苦悩も描いていきたいと思います。
一見クールに見えるけれどもその心の内には母親の介護の問題、息子の成長を見守る母としての葛藤など大きな苦悩を抱え、その一方で既に名声も地位も手に入れた人間が書けなくなってしまう、というどん底にいる女性の生きる様を丁寧に演じていきたいと思います」

 

一方、共演なさるゴーストライター役の水川さんは

 

「美紀さんは昔からあこがれの存在。歩いているだけで目がいってしまう」

 

ところで、実際のところ、ゴーストライターって・・・
一体どこまでいけばそのような呼ばわれ方をされるんでしょうか?

 

色々あると思うんです。。。

 

本人の発した内容を、一言一句そのまま書かせる「口述筆記」。

 

本人の書いた文章を添削しながら加除訂正する「編集・リライト」。

 

殆ど書き下ろしに近いような「代筆」。

 

様々なケースがあると思うんですね。

 

意見の様々あるでしょうが、
いずれにしても、出版社が書き足したり、構成し直したりすることは
よくある話だとも聞きますけどね。

 

それでは、このドラマの具体的なあらすじを以下に♪

 

会場では小説家の登竜門とも言える、ある新人賞授賞式の準備が進んでいた。そろそろ選考委員の作家陣が到着する時間だ。たぐいまれな才能と美貌とを兼ね備えた三波リサ(中谷美紀)は選考委員の中でも授賞式の目玉となる存在。その頃、出版社、駿峰社の一室では三波リサの作品の映画化が決定されようとしていた。中心で幹部たちに説明をしているのが、やり手編集マン、神崎雄司(田中哲司)。リサの作品はこの七年間で映像化された十作品全て大ヒットを飛ばしており、文庫も三百万部を売り上げた作品もある。誰からも見ても順風満帆そのもののリサだった。が実は既に行き詰まりを感じていたのだった。小説家を夢見て、東京にやってきた遠藤由樹(水川あさみ)。田舎で待つ婚約者には1年限りという約束をして、最後の挑戦と意気込み東京へやってきた。いくつもの新人賞に応募を続けたが、ついに結果を出すこともなく1年が経ってしまった。故郷に戻り結婚することを心に決める…はずだったが、由樹はまだあきらめきれなかった。

申し込まず手元に残していた原稿を持って出版社を訪れる。プロの編集者から「君には才能がない」そう言ってもらえればきっぱりあきらめがつく、そう考えたからだ。由樹が向かったのは大手出版社、駿峰社。由樹と受付係のやりとりを偶然耳にした新人編集マン、小田颯人(三浦翔平)は由樹に声をかける。小田は原稿を読むこともせずに、由樹に仕事を紹介する。「三波リサのアシスタントを探しているんですが…」。憧れの大作家のアシスタントの仕事。由樹の心は揺れた。田舎に帰って結婚するはずの由樹の人生が今、大きな転換点を迎えようとしていた。そしてリサの作家人生も・・・。

 

中谷美紀/結婚/渡部篤郎/共演/ドラマ/画像/フライデー/デート/パリ/同棲

 

ドラマでの共演がお2人の交際のきっかけ・・・。

 

以下詳細です♪

 

以前、中谷美紀さんと渡部篤郎さんの
デートフライデーされたとの情報が流れたことがありましたが、
正式には『女性セブン』ですね(^^;。

画像

 

記事によると・・・

 

2人は東京・六本木の5つ星ホテルのロビーを仲睦まじく歩き、周りに散りばめられたクリスマスのイルミネーションがかすむほどのオーラを放っていたという。

 

また、フランス・パリでの密会デートをスクープされたことも。

 

2人は1999年のドラマ『ケイゾク』(TBS系)と翌年のドラマ『永遠の仔』(日本テレビ系)で続けて共演したことがきっかけで仲を深めていったと言われているが、その当時渡部はRIKACO(47)と結婚しており、2人の関係にはいったんピリオドが打たれたという。しかし、渡部夫妻は2005年に離婚。その後、2人の仲は再び急接近し、現在は同棲しており事実婚状態であるとのこと。ドラマの共演から10年以上の月日を重ねていることから、2人の付き合いは“ケイゾク愛”と呼ばれることもある。

 

これに対して、ネット上に声が様々挙がっています。

 

「継続してたのか」

 

「はよ籍入れてやれよ」

 

「略奪だけど、こんだけ長く続いてるんなら本気の恋愛」

 

「お似合いの2人」

 

「幸せそうで良かった」

 

意外にも(?)肯定的なコメントが多いみたいですね^^。

 

そう言えばRIKACOさん、渡部さんとの離婚に関して、
こんなコメントをなさっていたことがあります。

 

「元旦那さんはみんなが知っている女優さんにとられちゃった」

 

つまりは、渡部さんと中谷さんが不倫・略奪を経て交際している・・・
という風に、世間からは見られているんですよね。

 

しかしこれに対し、渡部さんは
女性問題が離婚の原因ではないことを示されていますけどね(^^;。

 

では、お2人が離婚を決められた原因は、どこにあったのでしょうか?

 

お2人の発言から、見えてくるものがあるかもしれませんよ♪

 

RIKAKOさん。

「私は子供を一番に考えた。
でも男はそうではなく自分を一番にしてほしいときもあるし、かまってほしいときもある。
自分の反省点は、もう少しかまってあげなきゃいけなかったのかな」

 

渡部篤郎さん。

「仕事に熱中し、家族とのバランスが取れなくなっていた。
役者バカすぎたのが一番大きい。僕が変われなかった」

 

お2人には息子さんが2人いらっしゃるようですが・・・。

画像

 

それが足かせとなり、なかなか離婚に踏み切るには、
ある程度の時間も覚悟も必要だったようです。

 

しかも息子さんは2人とも、
渡部さんのことを相当慕っておられたようで、
RIKACOさんの方も、悩み抜いた上での決断だったわけですね。

 

そこで、2人の離婚には“条件”が用意されることになりました。

 

親権はRIKACOさんがもったわけですが、

「父親と母親の役目は今まで通り果たすこと」

が前提での条件です。

 

条件①
今まで住んでいた2~3億円とも言われている豪邸には、
RIKAKOさんと息子さん2人が住むこと。

 

渡部さんからは、離婚原因は女性関係ではないと示されていますが、
離婚後に中谷さんと交際を改めてスタートなさっていますから、
これはある意味、自然な流れでしょうね。

 

条件②
父親であることに変わりはなく、週末は(元)家族で過ごすこと。

 

その他の条件として・・・
・息子2人の学費は今までどおり渡部さんとRIKAKOさんで折半。
・生活費は渡部が負担。

 

離婚時、RIKACOさんは

 

「離婚しても憎みあったりする仲ではなく、協力して子供を育てることには変わりありません」

 

とおっしゃっていましたからね。

 

世間的に見れば、略奪愛からの離婚との見方が一般的ですから、
渡部さんと中谷さんカップルに関しては、
ある程度のバッシングも考えられるわけですが、
それでも、2人の愛は温かく見守られているのが現状です。

 

その理由の一つには、渡部さんとRIKACOさんとの間にある、
上記の“条件”が大きいのではないでしょうか?

 

離婚後の現在も、
RIKACOさんと渡部さんは愛息子2人を介して交流があり、
その件については中谷さんも理解を示されているという、
懐の深い関係が続いているのが、世間的に好印象なのでしょう♪

 

その一方・・・
中谷さんの方も、渡部さんとRIKACOさんの息子さんたちと
食事をともにすることもあるようで、
これもRIKACOさんは了承しているそうです。

 

こんな大人の対応、なかなかできることではないでしょうからね。

 

たとえ頭では分かっているとは言っても、なかなかできないでしょう。

 

子供最優先の条件を、
お2人がしっかりと理解されているからこその対応なんでしょうね^^。

 

それでは、中谷さんと渡部さんの結婚に関しては、
どのように話が進んでいるんでしょうか?

 

なかなか入籍という結論に発展していませんが。。。

 

テレビ局関係者の話をまとめると、以下のようになります。

 

「もともと、彼女は『結婚という形にはとらわれない。
いつまでに結婚するとは決めていない』という考えを持っていましたから、交際して10年がたった今でも、そのスタンスはあまり変わっていないように見えますが…」

 

「数年前から一緒に住んでいて事実婚状態です。
最近では中谷さんが渡部さんのレストランをファッション誌で常連だといって紹介したりすることもあります」

 

「日本のように、結婚という形にこだわらず、籍を入れない事実婚が当たり前のフランスを手本にしているかもしれません」

 

なるほど、中谷さんは、
単身パリへ渡ってアパート暮らしをしていた経験がおありですから、
フランス流との見方も大きいかもしれませんね。

 

フランス語で流暢な会話もほぼ完璧なほどのフランス通ですし。

 

それでも最近になって、
その考えにも少し変化が出てきたとの噂もあります♪

 

テレビ局関係者によると

 

「ここ最近では、三谷幸喜監督の『清須会議』、市川海老蔵さん主演の『利休にたずねよ』、そして今年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』に出演しましたが、どの作品でも、夫を支える糟糠の妻を演じているんです」

 

確かに同じような役柄が続いていれば、
プライベートでも思考の変化があっても不思議ではありません。

 

また芸能事務所関係者の話によと、

 

「確かに実際の撮影現場でも、常に渡部さんの話をしていますよ。まるで妻かマネジャーのようでした(笑)
次はなんの作品に出るから見てくださいとか、今はこのドラマに出てるんで見てくださいとか、みんなに宣伝していましたね。
渡部さんが中谷さんの事務所に来られるよう社長に掛け合ったのも中谷さんですし、プライベートでも“裏で支える妻”でいるから、似たような役のオファーが続くんでしょうね。
ほぼ事実婚状態なのは間違いないので、あとは形にこだわるかどうかだけですよね」

 

世間からの好感度が高い
渡部さんと中谷さんが夫婦となる日も近いんでしょうか?

 

来年の2人の動向に注目ですね♪

 

中谷美紀/プライベート

 

それでは最後に中谷美紀さんのプライベート情報を
箇条書きにてまとめておきます♪

 

★4人兄弟の長女。
★アニメ「機動戦士ガンダム」のシャア・アズナブルが好きだった。
★人前で何かをするのが苦手だった。
★好物…ソーメン。うどん。湯葉。山椒ちりめん。和食。梅干し。韓国料理。ゆず胡椒。
★嫌いな食べ物…赤身の魚(特にトロ)。わさび。
★得意料理…うどん(関西風)。
★冷蔵庫にある物で創作料理をする。
★禁酒中(=11.05現在)。以前は1〜2ヵ月に1回朝8:00まで飲んでいた。
★健康法…栄養療法。酵素玄米(一度炊くと醗酵して保温ジャーで2週間保つ)。ヨガ(多い時は週3回)。
★断食に挑戦した事がある(3日間野菜ジュース、4日目からおかゆ)。
★腹巻き、湯たんぽを愛用。腹巻きは1年中使う。
★東洋医学(鍼灸)やアロマテラピーに興味関心がある。
★座ったまま寝られる。
★早起き。5〜6時台に起きる。
★タバコが大の苦手。過去につきあった男は全員ノンスモーカー。
★掃除が嫌い(数ヵ月に1回)。
★好きな音楽…アフリカ、インドネシアの音楽。
★好きなアーティスト…BEGIN。
★好きな本…村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」。
★好きな映画…「勝手にしやがれ」。
★和風のアンティーク家具が好き。車箪笥を所有。
★ドラえもん座椅子が宝物。
★収集…和風の便箋と封筒。
★自宅のベランダデ梅の木を育てている(鉢植え=11.05現在)。
★沖縄の離島めぐりが好き。
★パリに行って日本文化に目覚めた。
★女優として自信喪失した時にひとり旅でインドに行った。ガイドにだまされたりパスポートを盗まれたりして吹っ切れた。
★好きな言葉…「本来無一物」。
★人見知り。
★ホームパーティーが好き。
★チャットにはまったことがある。

 

というわけで中谷美紀さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す