中田英寿ファッションブランドスーツ髪型画像!筋肉トレーニング方法ゴルフ腕前?カズ伝説!

nakatahidetoshi 300x300 中田英寿ファッションブランドスーツ髪型画像!筋肉トレーニング方法ゴルフ腕前?カズ伝説!

 

中田英寿の筋肉トレーニング方法・伝説・カズ逸話!
ファッション・スーツブランド・髪型画像♪
ゴルフのスコアは?腕前動画?デサント!

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

中田英寿/筋肉/トレーニング方法/伝説/カズ/ファッション/スーツ/ブランド/髪型/画像/ゴルフ/スコア/腕前/動画/デサント・・・当記事キーワード♪

 

▼中田英寿さんのWikipedia風プロフィールはこちら

本名:中田英寿

出身地:山梨県

身長・体重:175cm・72kg

年齢・誕生日・血液型:38歳・1月22日・O型

中学・高校・大学:甲府市立北小学校 ⇒ 甲府市立北中学 ⇒ 韮崎高校

 

今回、情報をまとめる人物は日本の宝ですよ♪

 

元日本代表JリーガーでセリエAでも活躍なさった中田英寿さん^^。

 

ご存知の通り愛称は“ヒデ”。

 

現在は実業家としても活動なさっていますね。

 

FIFA親善大使、株式会社東ハト執行役員、
一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事、
観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー
・・・といった肩書をお持ちですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

サッカーとの出会いは小学3年生、8歳のとき。

 

ご多分に漏れず・・・
『キャプテン翼』の影響でサッカーを始めた少年の1人だったようです。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【8倍】キャプテン翼 全21…

 

ここではその素晴らしい実績を語るには、長くなってしまい過ぎますので、
主な略歴を簡単に掲載しておきます(^^;。

 

95年(18歳)ベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に入団。
98年(21歳)W杯フランス大会に出場。ペルージャに移籍。
02年(25歳)W杯コリアジャパン大会に出場。
06年(31歳)W杯ドイツ大会に出場。現役引退。

※現役時代の在籍クラブ:
平塚(95年〜98年)ペルージャ(98年〜00年)ローマ(00年〜01年)パルマ(01年〜03年)ボローニャ(04年)フィオレンティーナ(04〜05年)ボルトン(05〜06年)

※現役時代の通算成績:
85試合16得点(J1) 203試合25得点(海外)77試合11得点(日本代表)

日本代表のFIFAワールドカップ(以下W杯)3大会連続出場に貢献。FIFA100選。アジア年間最優秀選手賞2回。イタリア政府よりイタリア共和国功労勲章(カヴァリエーレ)受章。U-17世界選手権(現在のU-17W杯)、ワールドユース(現在のU-20W杯) 、U-23オリンピック、コンフェデレーションズカップ 、W杯 、以上のナショナルチーム主要世界大会すべてでゴールをあげた唯一の日本人選手である。

 

めちゃめちゃショートカットしたこの略歴ですら凄まじすぎますよね(^^;。

 

また、現役選手時代には、
マスコミとの激しい確執は広く知られるところでもありました(>_<)。

 

当時はマスコミへの不信感から、自分の言葉を直に伝えるために、
ウェブサイトでメールを発信するようになりました。

 

このスタイルは当時でこそ珍しい現象でしたが、
現在のスポーツ選手が作るオフィシャルウェブサイトの先駆けでもあるんですよね。

 

マスコミの前で見せないような素の口調で、
素の自分をありのままに晒して執筆する内容での情報発信により、
誇大な報道との穴埋めを実行なさったんです。

 

自己発信による情報発信の重要性を悟られた中田さんは、
ワールドカップ日韓大会後は特別番組を組んで生出演なさったり、
『nakata.net TV』という自身のテレビ番組も企画構成することで、
誤解を招くべく多様に氾濫した情報の統一により、
ファンからの厚い信頼を勝ち取られました(*゚▽゚*)。

 

ちなみに選手引退後は、
マスコミとの関係はむしろ良好な印象を受けるほどになっており、
サッカー番組を中心とした、多くのTV番組への出演も快諾なさっていらっしゃいます♪

 

ドイツW杯をもって日本代表から引退する事は以前から決まっていましたが、
自身の公式HP上で現役引退を表明なさったのは、2006年7月3日のことでした。

 

この時はイチファンであった私も大きな衝撃を受けましたね。

 

まだまだ、選手として十分過ぎるほど通用する余力を残しての
惜しまれながらの引退に、凄く残念だったのを覚えています(;_;)。

 

まあ、これも中田さんなりの美学の上での決断だったんでしょう。

 

高校時代には

 

「サッカーしか知らない人間にはなりたくない」

 

と、資格取得にも挑戦なさっていたようですし、選手時代もコメントの節々から、
そういった印象は受けていましたから、残念ではありましたが、
当時中田さんの出した結論は尊重したいと思っていましたけど。

 

実業家としてご活躍中の現在の姿も、
十分に世界で通用するほどの実力者だといった印象を受けますし^^。

 

選手引退後はフィリピンのスラム街の子供たちとサッカーを楽しんだり、
チベットの僧侶たちにサッカーのコーチをすることを約束するなど、
各地でサッカーを通じた交流を行っていらっしゃるのはみなさんもご存知でしょう。

 

世界各地を旅され、見聞を広めながら自分にできることを探したい
という趣旨の発言もなさっておられ、サッカーの恩恵に感謝し、

 

「今後の発展を願っているし、貢献もしたい」

 

と、事あるごとにおっしゃっていますから、まさに有言実行ですね^^。

 

これらの活動を受けて、2007年12月、
日本で開催されたクラブW杯の公式記者会見に出席された際に、
FIFAのブラッター会長は、中田さんが世界50カ国、150都市以上を旅し、

国連のプログラムに協力しながら、
サッカーを通じた社会貢献活動を続けていることを高く評価し、
世界で16人目となるFIFA親善大使への就任を要請したことを発表なさっています。

 

さらに2008年6月には、
『TAKE ACTION! 2008 実行委員会』を立ち上げ、地球環境に

 

「なにかできること、ひとつ。」

 

をテーマにキャンペーンを行われ、
その企画の1つとして、海外スター選手を招いてのサッカー親善マッチ
『+1 FOOTBOOL MATCH』を開催なさっています(^-^)。

 

また翌2009年には、
一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」を立ち上げ、
代表理事に就任なさい、精力的にご活躍中です♪

 

中田英寿/伝説

 

中田英寿さんの伝説として
まず思い浮かぶのは、尋常ではない語学力ではないでしょうか?

 

世界を股にかける現在の立場を、
10代の頃から思い描かれていたことも大きいのだと思います。

 

というか、偉大すぎますよね(・□・;)。

 

イタリア語、英語が堪能でなことはもちろんのこと、
スペイン語、ポルトガル語、フランス語、ロシア語でも
簡単な会話は可能なんだそうですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

イタリア語に関しては、
高校生のころからセリエAへの移籍を考えておられたようで、
既に勉強中だったといいますから、その志の高さにも脱帽ですよね(>_<)。

 

イタリアへ渡って2か月後には
通訳なしで会話できるようになっていたことは有名ですが、
いくら若い頃から勉強なさっておられたからといって、
この驚愕の事実には驚きを隠せませんでした(゚o゚;;。

 

ボルトンへの移籍会見では、
50分間通訳を通さず英語で応対なさったのも、カッコよすぎました\(//∇//)\。

 

映画『GOAL!』の主演男優とスペイン語で話している映像が放映されたり、
本田圭佑選手と行われた対談で、ロシア語を披露され、本田を選手驚かせたり
・・・まるで、神様のようで(*^_^*)。

 

そして、伝説はもちろん語学力だけではなく、
今でも語り草になっている、本職のサッカー選手としてのあのエピソードは、
今後も語り継がれていくに違いありません!

 

そう、1999-2000シーズン途中に、
ペルージャからスター軍団の名門ASローマに移籍した時のエピソードです。

 

移籍当初は・・・
スター軍団の中にあって、なかなか出場機会に恵まれなかった中田さん。

 

そこ待ち受けていた状況は、かなり過酷なものだったからです。

 

ただでさえスター軍団であったローマの中でも、とりわけ象徴的存在であった
フランチェスコ“王子様”トッティ選手とポジションが重なっていたのです(ーー;)。

 

しかも中田さんの場合、
外国人枠という制限もありベンチにさえも入れない時期もありましたからね。

 

そんな中、セリエA2000-2001シーズンの終盤の第29節・2001年5月6日、
天下分け目の頂上決戦で、中田さんの伝説が誕生します!

 

「ローマ(1位 勝点63) vs ユヴェントス(2位 勝点57)」

 

この日も中田さんはベンチを温めていました。

 

勝てば優勝も見えてくるホームのユヴェントスは前半開始10分間で、
デルピエロ・ジダン選手の得点で勝負を決めに入っていました。

 

そんな中の後半20分、
エースのトッティ選手に交代して中田さんが投入されたんです(゚o゚;;。

 

その活躍ぶりをぜひ以下の動画でご覧になってみてください!

 

感動なんて一言では語れない、歴史的伝説です!!

 

動画

 

中田さんの移籍当時、トッティ選手自身も
中田さんの実力を認めており、ライバル視していたと言われています。

 

こんなエピソードがあるんです。

 

中田さんのローマへの移籍を聞きつけたトッティ選手。

 

監督に対し

 

「俺とナカタのどっちを取るんだ?
ナカタがローマに来るなら俺が出て行く!」

 

と警戒感を露わに・・・。

 

中田さんの実力は、
世界のスター選手からも十分にライバル視され認められていたんですね。

 

それでは、中田さん選手時代の数々の語録をまとめておきましょう♪

 

伝説の選手にふさわしいものばかりですよ!

 

「僕はカズのようにはなりたくありません。僕はスターになりたいんです!」

 

「俊輔、伸二は俺よりも遥かに上手くて本当に才能に溢れている。自分がここに来た時にはいかに才能がないかを悟ったもの」

 

「要するにいつもレギュラーで、トップでやってきたわけではないんです。(中略)実際は補欠から始まって、徐々に徐々に試合に出始めて、最後にレギュラーを取っている状態なんです。それはやはり負けず嫌いであるということと、あとは自分で言うのも何なのですが、やはりそれだけいろいろ見て考えていた。言われたことをやるのではなくて、自分で考えて、たとえばうまい選手がいたら、あそこは自分よりうまいなと、そういうふうに少しずつ自分で吸収していって、たぶんそれで試合に出られるようになっていくんだと思います」

 

「俺、数学とか物理が好きなんです。公式とか法則をあてはめてたった一つの答えにたどり着く。応用を繰り返してさらに合理的に最終結論を導く出す、あの感じが好きですね。サッカーって、数学的に考えるとやりやすい。局面、局面をセオリーで導き出すというふうに」

 

「俺には手本はいらない」

 

「みんな喜ぶのが早すぎる」

 

「熱くなっても、得することないから」

 

「年齢や経験を問題にするなんて、ナンセンス」

 

「基本があれば、1を100にすることだってできる」

 

「2002年のW杯が終わったとき、心の中で日本代表には2度と行かない、とそう決めていた」

 

「でもさ、どうしておれみたいな性格の人間が、団体スポーツを選んじゃったんだろうね。自分のためにも、周りのためにも、個人スポーツの方がよかっただろうに。でもね、サッカー以外は考えられなかった。だって、パスをつなぐことの喜びは他のものに代えられなかったから。今でもその気持ちは変わらないよ。誰かにパスを送る。それがおれにとってのサッカーだからね」

 

「良いこと、良くないこと、成功、失敗、すべてはその人の人生の糧になるんだよね。もちろんその場その場では失敗と思うこともあるだろうけど、大きな目で見たらすべては成長するためにあるんだから…。」

 

「この監督のためなら死ねる」(ジーコ監督について)

 

「好きだが『愛』という言葉は強すぎる。見るよりやる方が好きだし、なぜ人々がサッカーファンになるのか分からない」

 

「常に向上心を持たないとダメ。もし左利きのマラドーナが右足も使えるように練習していたらもっとスゴかったハズでしょ?」

 

中田英寿/カズ

 

キングカズこと三浦知良さんと中田英寿さんの仲が
よく噂になっていたことがありましたが、この項では、
その辺りを深堀して行きたいと思います(^^;。

 

2人の仲が悪いという報道や噂がクローズアップされ出したのは、
1997年に中田さんが日本代表に加入し、注目を集めだした頃に遡ります。

 

1998年フランスW杯予選の最中でした。

 

当時の中心選手であり日本代表の顔でもあったカズ選手が、
初戦のウズベキスタン戦以降の試合で不調に陥り、
「カズ不要論」が世論をしめ、
これに反比例するように活躍したのが中田さんだったんです。

 

マスコミは、この2人の現状を踏まえ、
ここぞとばかりに2人を対比した記事を過剰に報道しました。

 

得点を獲得できないカズ選手を叩き、若干20歳の若き新星、中田さんを賞賛。

 

これと時を同じくして、
マスコミは2人の不仲説を執拗に報道し、どんどん煽り始めたわけです。

 

みなさんご存知の通り、マスコミの発言力というのは大変大きく、
これによって、ファンを始めとする世間の間でも、
2人の不仲説が定着するようになりました。

 

中田さんの勝利へ対するこだわりや、周囲に臆することない発言から、
マスコミは中田さんのキャラクターを独り歩きさせて作り上げたこともあって、
世間は報道に洗脳され始めたんです(^^;。

 

これを物語る中田さんの発言に、
1998年フランスW杯予選の際に発した次のようなモノがあります。

 

「FWには自分の速いパスに合う足の速い城と岡野に出てもらいたかった」

 

もちろんこれは、中田さんの本音でしょうし、
プロとして勝利へこだわる真摯な意見でもあるでしょう。

 

そこにあるのは、遊びや娯楽ではない、本物の戦い、戦場、ビジネスです。

 

当然、情けや道場は必要ないはずです。

 

ところが、
公私混同させたマスコミの情報操作に流された世間のみなさんの間には、
2人の不仲説が、まるで事実であるかの如く浸透してしましました(>_<)。

 

しかしながら、逆にこれは中田さんのあっぱれな一面の表れでもあると思います。

 

物怖じしない言動、プライベートでの温和な姿、
ピッチ上でのプロとしての勝利へのあくなき執念、
・・・全てが本当の中田さんの姿なのですから。

 

それから3年後の2000年7月。

 

『nakata.net.tv』という番組の初回ゲストには、
世間で不仲が噂になっていたカズさんが招かれたんですよね^^。

 

私は、マスコミの洗脳による世間の反応を考えたときに、
とても滑稽に、またスッキリとしたのを覚えています(*゚▽゚*)。

 

それ見たことか・・・と(笑)。

 

番組の冒頭では進行役の方から

 

「カズとヒデは仲悪いんじゃなかったの?」

 

との問い(笑)

 

これに対し中田さん。

 

「悪くないよ。誰が言い出したの?」

 

さらにカズさん。

 

「仲悪かったことなんて1度もないよな。
ヒデが日本にいる頃はよく一緒に遊んだもんなぁ」

 

当然2人の耳には世間の噂も入っていたでしょうし、
長年、世間を操っていたマスコミへの積もる思いもあったことでしょう。

 

それを、こうしてこの場で覆すことができた2人の、
番組内で見せた苦笑いが、逆にマスコミを手玉にとっているように思え、
ファンとして何とも言えない幸せな時間でもありました(笑)。

 

番組内ではお互いの評価を語る場面も。

 

中田さんはカズさんを

 

「自分が見てきたFWの中では決定力に関しては桁違い」

 

さらに、
当時は自身もローマに所属しており年齢も中堅に差し掛かっていたこともあって、

 

「代表チームでのカズさんたちベテランの重要性というものがわかってきた」

 

とおっしゃっていました^^。

 

一方、カズさんは中田さんのことを

 

「ルーキーのときの試合をたまたまビデオで見て何か持ってるモノが違う選手だった」

 

この6年後の
2006年W杯直前の同番組のスペシャルにもカズさんがゲストで招かれており、

 

「カズさんに代表に入ってほしくて、ずっとジーコに言い続けてた」

 

とおっしゃっていました。

 

自分がチームを統率するリーダー的ポジションに立つようになって、
改めてベテランの存在感や重要性を噛み締めていらしたんでしょう。

 

大きく成長なさったんですね♪

 

以下、プライベートでの2人の仲について、知る範囲でまとめてみました。

 

これをご覧になって、2人が不仲なのかどうかは、
みなさんが判断なさっていただければそれでいいと思っています^^。

 

★私生活での付き合いにカズさん

「ヒデとは月1くらいでメールをしている」

 

★中田さんと作家の村上龍さんとの対談で

「慈善試合のための合宿にカズさんにも来てもらって…」

 

★中田さん出演。2006年5月放送のニュースステーションで

「今日、カズさんとお会いする機会があって(W杯で対戦する)オーストラリアの攻略法で意見があって…」

 

★カズさん出演。2007年1月放送のカンブリア宮殿で

「もう1回代表でヒデのパスを受けてゴールをしたかった」

 

★2007年12月クラブW杯決勝直前スペシャルで・・・

中田さん

「日本人でもセリエAに行く人がいて励みになった」

 

カズさん

「ヒデがパルマへ移籍したときの移籍金の評価を抜く日本人は今後出ないんじゃないか」

 

当の2人は、このお互いの持ち上げ合いに
照れ笑いを浮かべていらっしゃいましたが\(//∇//)\(笑)。

 

中田英寿/ファッション/スーツ/ブランド/髪型/画像

 

さて、中田英寿さんと言えば、
その独特のファッションでも知られていますよね?^^

 

その事実は海外でも有名で、2007年、米誌『ヴァニティ・フェア』では、
第68回ベストドレッサー男性部門の第8位に選出されておられます。

 

自身でも服好きを公言なさっており、
ミラノやパリのファッションショーに出没することも(゚o゚;;。

 

そして現役時代に、
もはや1つのイベントごとと言っても過言ではなかったのが、
帰国する際のファッション、所謂「成コレ」(成田コレクションの略)。

 

実は、この成コレの服飾は
バーターによるアパレルメーカーとのタイアップで
契約の一環となっていたんだそうです(^^;。

 

国内のみならず、そのファッションセンスは海外でも評価が高く、

 

「ピッチ外で最もスタイリッシュなサッカー選手」

 

という企画にも選出されるほど(・□・;)。

 

カルバンクラインのデザイナー、イタロ・ズッケーリ氏は

 

「彼は本当に美しい男で非常に優れたスタイルを持っていた。ファッションに関しても他の誰よりもクールで洗練されてる」

 

と大絶賛なさっています!

 

それでは中田さんがオシャレに見える理由は一体どこにあるんでしょうね?

 

某サイトではその理由を

 

「“ファッションコーディネートのルール”を身につけていて、これを忠実に守っているから」

 

だと説明しています。

 

つまり・・・

 

★色の使い方が正しい。
(くすみ具合(明度と彩度のバランス)が統一している)

★無地と柄のかけあわせが上手い。

★蝶ネクタイ等、1ポイントを目立たせる術を知っている。

★外見とマッチしている。

★身長と合うコーディネートを心得ている

 

・・・とまあ、この辺りが挙げられていまして^^。

 

それではここで、
中田さんが、好んで着用なさっておられる服のブランドをご紹介しておきます♪

 

★ルイ・ヴィトン
★マルタンマルジェラ
★ディオールオム
★ニールバレット
★プラダ

 

などが目立つようです^^。

 

国内ブランドでは、

 

★ナンバーナイン
★nハリウッド
★アンダーカバー

 

この辺が目立ちますね^^。

 

それでは以下に、中田さんの、
ファッションの着こなしスーツ姿髪型画像
・・・をまとめていますので、ゆっくりとご覧下さい♪

 

研究に活かすなり、技を盗むなり、純粋に見て楽しむなり
・・・自由です(*^_^*)。

 

バンダナを巻いた着こなし。

画像

 

ベスト+白Tシャツ。

画像

 

厳ついライダースJKに蝶ネクタイ。

画像

 

ポロシャツとハーフパンツでゴルフ中。

画像

 

リゾート風ファッション。

画像

 

アメカジ風ファッションに黒のネクタイとジャケット。

画像

 

赤いチェックシャツに黒ポンチョ、ジーンズ、茶色ウエスタンブーツで、カントリー調に。

画像

 

続きまして、スーツフェチのあなた!必見です♪

画像① 画像② 画像③ 画像④ 画像⑤

 

そして、参考になさる方も多いでしょう。髪型画像集です♪

⇒ 画像① 画像② 画像③ 画像④ 画像⑤ 画像⑥

 

中田英寿/筋肉/トレーニング方法/画像/動画

 

試合終了後に、
ピッチの上でユニフォームを脱ぎ上半身裸にある選手が多数いる中、
中田英寿さんのそんな光景は滅多に目にすることがありません。

 

なので、現役時代はあまり知られていなかった事実なのですが、
実はその筋肉美には
目を見張るモノがあるほどの美しさ、たくましさをお持ちなんです♪

 

実は、これは中田さんのチームメイトの間では有名な事実だったらしのですが、
中田さん、暇さえあれば腹筋をなさっていたんだとか(^^;。

 

チームメイトからは

 

「ヒデはいつも腹筋してるなぁ」

 

なんて言われていたみたいですので(笑)。

 

また、コンディションの維持に向けて、常にベストな状態をキープするために、
仮に試合に出場しなかった日があっても、試合終了後にトレッドミルを使って
試合時間と同じ90分間のランニングをなさっていたそうですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

まるで、イチロー選手に通ずるモノがありますね。

(※イチロー選手の具体的な記事はこの記事がオススメです♪)

 

ちなみに中田さん、
ベンチプレスも体重の1.4倍の100kg強を上げるんだそうです(゚д゚)。

 

一般的には、
20代の男性のMAXは、自身の体重程度が平均だと言われています。

 

選手引退後も筋トレは欠かさず行われているそうです。

 

専用のトレーナーを付け、指示を受けながらなのトレーニングだそうなので、
自宅で独自に中田英寿さんのような肉体美を作り上げるのは容易ではないでしょうね。

 

ちなみに、選手時代はあまりお目にかかれなかった
中田さんの筋肉美を拝見できたのが、あのコーラのCMでしたね♪

 

決して一朝一夕で完成した肉体ではなく、
長い時間を掛けて、地道に作り上げたカラダだと、
CM撮影に携わったトレーナーがコメントされています。

 

それでは、そのメイキング動画をどうぞ♪

 

動画

 

具体的なトレーニング方法はわかりませんが、
ここで、あくまでも一般的なトレーニング方法を解説しておきます。

 

まず、割れた腹筋を目指すには。

 

これは、ただ単に
腹筋をこなすするだけでは作り上げることは難しいと言えます。

 

つまり、同時に体脂肪を減らす必要があるわけです。

 

ちなみに中田さんの体脂肪率はナント驚異の4%!!ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

つまり、中田さんボディーを作り上げるためには・・・

 

「筋量がある程度ある」こと、
そして「脂肪を極限まで削る」ことが必須なわけですね。

 

さらに、そこへ加えて、食事・サプリ・休養が必要なわけです。

 

それらのバランスが整って初めて、
あのような素晴らしいカラダを手に入れることへ近づけます^^。

 

【筋量がある程度あるが脂肪が多い場合】

⇒筋肉を極力減らさずに脂肪燃焼することに専念します。

トレーニング:筋肥大が目的ではないため中負荷高レップ(20回~30くらいで限界の重さ)で背中や脚など大きな筋肉のトレーニングをします。(大きな筋肉を動かすほど脂肪燃焼に効果的です)
筋トレ後に15~30分ほどの有酸素を行います。(競技目的ではない場合30分以上の有酸素はあまりお勧めできません)

食事:カロリーを抑えてたんぱく質を多めにとります。

サプリ:プロテイン+脂肪燃焼やファットコントロール系のサプリを使用します。

【筋肉自体一般人レベルしかない場合】

⇒まず筋肉をつけます。この場合、体重が上がることや脂肪がつくことは気にしてはなりません。

トレーニング:筋肥大を目的としているため、それなりのトレーニングをします(筋肥大 効果的 トレーニングとかでネット検索すればいくらでも方法は出てきます)

食事:たんぱく質はもちろんのこと、とにかくオーバーカロリーを目指してください。

サプリ:クレアチンなど筋肥大を目的としたサプリを使用いたします。

 

そしてぜひこのような中田さんボディを目指してください!(人ごとw)

 

画像① 画像② 画像③ 画像④

 

中田英寿/ゴルフ/腕前/スコア/動画/デサント/画像

 

実はこれはあまり知られていない事実ですが、中田英寿さんのお父様は、
自営業のかたわらゴルフのティーチングプロをなさっておられたようです。

 

2015年春夏シーズンよりデサントブランドのゴルフカテゴリー
「デサントゴルフ」がスタートします。

 

お父さんの事実は関係ないとは思いますが、
中田さんがゴルフウェア・アンバサダーに就任なさいましたね♪

『HIDETOSHI NAKATA SWING TIMELINE』

画像① 画像② 画像③

 

その中での企画として、
中田さんが本格的にゴルフに挑戦する姿に密着したドキュメンタリーを、
継続的にウェブ上で公開するというプロジェクトがあります。

 

中でもYouTubeでは、
真剣な表情でプレーする中田さんの姿を観ることが出来ますよ♪

 

動画

 

中田さん曰く

 

「ゴルフとフリーキックには共通点がある」

 

だそうです。

 

その腕前ですが、
『ビジネスゾーンと呼ばれるスイングの基本エリア』編では、
7番アイアンで160ヤードを記録し、
レッスン担当コーチを驚かせたそうですヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

アンバサダー発表会に出席した中田さんは、この挑戦に

 

「自分がプロ選手だったこともあり、趣味でやるという感覚はないので、やるならプロを目指すようなトレーニングをしたい」

 

と本気の決意を表明を(^-^)。

 

目標は

 

「1ホールでもプロに勝てるようなレベルまでいきたい」

 

だそうです。

 

雑誌の企画でゴルフに初挑戦なさった時のテーマが

 

「目標は5日間で100を切る!」

 

初心者が初めて5日間で、この100というスコアへのチャレンジの難しさは
言わずと知れていますが、冬のトレーニングを経た春には、
驚くような進化を遂げた中田さんを拝めるかもしれませんね(*゚▽゚*)。

 

中田英寿/プライベート

 

それでは最後に
中田英寿さんのプライベート情報を箇条書きにてまとめておきます♪

 

★2歳年上の兄がいる。
★小さい頃は泣き虫だった。
★子供の頃、欲しいものを何でも父親が買ってくれた。
★小3の時、兄の影響で北新サッカー少年団に入団。
★小4の時、父親にやって貰った宿題を学校で発表すると全て間違っていて、帰宅後父親に文句を言うと「頼んだお前が悪い」と言われた。
★小学校時代から上級生とタメ口で話していた。
★高校は県立の進学校。
★高校時代、成績は常に10位以内、最高は300人中5位。数学が得意だった。授業中に疑問に思った事はすぐに質問。サッカーの遠征に教科書や参考書を持参。
★高2の時、女の子と初交際してファーストキス。
★好物…雑炊。カレーライス。ラーメン。ハンバーガー。イシイのミートボール。梨。スナック類。
★嫌いな食べ物…生きているもの(白魚の踊り食いなど)。梅干し。野菜(遺伝でアレルギー体質、フライドポテトと念入りに裏ごししたトマトソース以外は食べられない)。
★健康法…赤ワイン(体が酸性にならないよう夕食時に少しだけ飲む)。
★虫歯が多い。
★お化け、昆虫、蛇が嫌い。
★掃除、整理整頓、洗濯が好き。
★好きな作家…シドニー・シェルダン。村上龍。京極夏彦。
★マンガが大好き。ほとんどのマンガ雑誌に目を通す。
★好きなマンガ…「俺の空」(本宮ひろ志)。
★好きな音楽…クラシック。モーツァルト。
★好きなアーティスト…ベイビー・フェイス。エンヤ。シンニード・オコナー。
★好きな映画…「マイ・フレンズ・フォーエバー」(号泣した)。
★食器、洋服、香水、化粧品が好き。服は時間をかけて気にいったものをじっくり選ぶ。
★絵画、版画が好き。
★ジェットコースターが好き。
★写真を撮られるのが嫌い。
★カラオケが苦手(絶対歌わない)。
★人にプレゼントをするのが好き。
★好きなタイプ…家庭的な女性。しっかりしている女性。

 

というわけで中田英寿さんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す