イモトアヤコ卒業大学ミスイッテQ画像顔ムーンフェイス病気ぱんぱん治らないステロイド腫れ?

imotoayako 300x300 イモトアヤコ卒業大学ミスイッテQ画像顔ムーンフェイス病気ぱんぱん治らないステロイド腫れ?

 

イモトアヤコの卒業大学は?ミスコン画像は?イッテQで?
顔がステロイドでぱんぱんにむくみ腫れ治らない?病気はムーンフェイス?

 


スポンサードリンク




 


 


 


 


 


 



スポンサードリンク




 

イモトアヤコ/卒業/大学/ミス/画像/イッテQ/顔/ステロイド/ぱんぱん/腫れ/治らない/病気/ムーンフェイス・・・当記事キーワード♪

 

▼イモトアヤコさんのカップほかWikipedia風プロフィールはこちら

本名:井本 絢子
出身地:鳥取県
身長・体重:158cmor153cm・41kg⇔50kg
年齢・誕生日・血液型:29歳・1月12日・O型
カップ:B~Cカップ
中学・高校・大学:岸本中学 ⇒ 米子西高校 ⇒ 文教大学情報学部広報学科

 

今回も前回記事に引き続き、イモトアヤコさんに関する深掘り情報を、さらに深く深く掘ってまとめていきたいと思います♪

 

さらに詳しい、イモトアヤコさんのカップほかWikipedia風プロフィールは前回記事冒頭にまとめていますので是非ご参照下さいませ(^^)v。

 

イモトアヤコ/卒業/大学/ミス/画像/イッテQ

 

イッテQで拝見するイモトアヤコさんは、愛すべき不細工キャラを演じていらっしゃいますが、実は過去に、こんな実績をお持ちなんです\(◎o◎)/!

 

2003年のこと。

 

鳥取県立米子西高校3年生の時の学校祭(翠風祭)のミスコンテストで、な・な・なんと!!!

 

イモトさんはグランプリを受賞なさっていらっしゃいます!ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ。

 

・・・と、同時に、劇の主演女優賞、エンターテイナー賞など数々の賞を受賞されるほど、当時の学校祭では、素晴らしいご活躍だったと言われています。

 

普段テレビで拝見するイモトさんの出で立ちは、あの太い眉毛姿ばかりの不細工キャラですので、このミスコンテストグランプリは正直、信じがたいと思われる方も多いことでしょう。

 

そこで、なかなかお目にかかることのできないイモトさんのこんなショットをご覧ください!

 

ある番組の企画で、メイクアップなさったイモトさんの画像です♪

画像

 

メイクの力もあるとはいえ、ミスコンテストグランプリを受賞できるだけのポテンシャルはあると思いますよね^^。

 

そんなイモトさんの高校時代の色恋物語はいったいどんなものだったんでしょうね\(//∇//)\。

 

これに関して、他校に通う彼氏“らしき”男の子はいらしたようですが、その彼氏と雨の中キスしたエピソードは自身で語っていらっしゃいます(*´д`*)。

 

それ以来彼氏は存在しないようですから、もったいないですよね。

 

今ではあのデカ眉キャラしかお見受けすることがないですし、ましてやお仕事で海外滞在期間が年間の多くを占めていますから、なかなか恋愛に向き合うのも難しいのかもしれませんね。

 

そもそも高校は男女共学の学校だったようですが、元々、高等女学校としての前身を持っていたため、圧倒的に女子の比率は高く、出会いも限られていたようです。

 

そう言った意味では、当時のミスコンテストは、ひょっとして女性票も含まれているのかもしれませんね(^^;。

 

しかしながら、それはそれで立派な勲章ですよね。

 

なんと言っても、(変な意味ではなく)同性から好かれることほど名誉なことってないですからね^^。

 

その後、上記プロフィールにもあります通り、文教大学に進学なさったわけですが、ここでは、映像関係のゼミに所属され、番組制作の実習などに取り組んでいらしたようです。

 

そもそもが、入学当初の将来の目標は、ディレクターだったそうですから、運命って分からないものですね。

 

それが、大学在学中に芸人として活躍されるようになったわけですから(゚o゚;;。

 

この文教大学は、越谷の教育学部が有名ですが、イモトさんが通われていらしたのは、湘南キャンパスです。

 

周辺は、自然が多く、活気ある若者には若干物足りない環境かもしれません。

 

これが茅ヶ崎??と思えるほど豊かで、緑が豊富で、イメージしてしまいがちな、海のある風景とはちょっと違っているんですよね。

 

こんな環境の中で、改めて自身を見つめ直し芸人を志されたのかもしれませんね^^。

 

自分をすごく出せる良い環境で学校生活を送れたんでしょう。

 

そんなイモトさんは、2009年2月19日、珍獣ハンターとしての活動の総決算として書籍「世界の果てまでイッテQ!珍獣ハンターイモトの動物図鑑」(出版:日本テレビ放送網)を発売なさいました。

 

せっかくデカ眉ではなかった頃の、ミスコングランプリの学生時代の話題に触れましたから、ご紹介しておきます♪

 

イッテQ 珍獣ハンターイモトの動物図鑑 アフリカ編:楽オク中古品

 

これ、イモトさん自身が写真撮影・編集に携わっておられるようで、コスプレグラビアが付録になっているんです!

 

一週間で6万5000部が売れたといいますから、改めてイモトさんの人気ぶりが伺えますね♪

 

イモトアヤコ/顔/ぱんぱん/腫れ/病気/ムーンフェイス/治らない/ステロイド/イッテQ/画像

 

さて、今では不細工キャラで売っておられるイモトアヤコさんですが、それでも、1年くらい前に顔がぱんぱんに腫れてしまっって、さらにキャラが引き立った時期がありました(^^;。

 

しばらくしても一向に治らないので心配でしたが、現在では、まだ若干名残はあるものの、当初よりは明らかに小さくはなっていますね。

 

というわけで、この項では、当時のイモトさんの状況を深堀りしていこうと思います♪

 

イモトさんの顔の変化が指摘されたのは、2014年3月30日放送のイッテQでした。

 

オープニングでレギュラー陣の顔が1人1人映る中、視聴者の関心が一気に集中したのがイモトさんの顔。

 

まるで、おたふくのよう(というかそれ以上)に、顔が丸く腫れ上がっっていたんです。

画像

 

番組をご覧になった視聴者から

 

「イモト太った?なんか前より顔がぷくぷくしてる気がするのはうちだけかなぁ」

 

「病気みたいな太り方してんな」

 

「手足ほっそいのに顔だけムーンフェイス(編注:ステロイドの使用などによって満月のように丸くなった顔のこと)みたいだわ」

 

そいった病気を心配する驚きの声がTwitterを中心にネット上を賑わせました。

 

当然ながら他の出演者からも

 

「どうした!?」

 

との質問を集中されたイモトさんは、

 

「気付いてたんですね。これから山(エベレスト)に行くんで、歯のメンテナンスとか、体のメンテナンスをして、その結果こういう。実際、正直太ったのもあるんですよ。山に向けて蓄えようかなと」

 

と説明なさいました。

(※イモトさんのエベレスト挑戦に関する記事はコチラの記事をご参照下さい♪)

画像

 

では、なぜ登山のために歯の治療をする必要があるんでしょうか?

 

気圧の低下により、酸欠になると、高山病を発症しやすくなるといったことはみなさんもご存知でしょう。

 

これに加え、歯の内部に神経が入っている空洞があるのですが、虫歯等で、隙間が存在すると、高山病による激痛が起こってしまうんだそうです(ノ_<)。

 

ましてや世界最高峰のエベレストですからね(・_・;)。

 

そのため、イモトさんは、差し歯やインプラントなど、急ピッチで治療に専念なさっていたそうです。

 

また、この治療には、ステロイドも使用されているそうで、その副作用の結果、顔がむくみ、ムーンフェイスになる場合も多いんだとか(^^;。

 

画像の通り、あまりにも顔が腫れてしまっていたことで、心配の声が多く聞かれましたが、とりあえずはひと安心といったところでしょうか。

 

番組内ではイモトさん自身も

 

「顔ぱんぱんですけど元気です!」

 

と笑顔を見せていらっしゃいましたから(ง •̀_•́)ง‼

 

イモトアヤコ/プライベート

 

それでは最後に、当サイトでは恒例であります、イモトアヤコさんのプライベート情報を箇条書きにてまとめておきます♪

 

・・・と言いたいところですが、こちらも前回記事の最後に同じようにまとめていますので、そちらにて~!!(^^)!

 

なかなか深い情報まで詰めてまとめていますよ~^^。

 

さらに、イモトアヤコさん関連の以下の記事もオススメです♪

イモトアヤコさんのエベレスト登山情報♪

イモトアヤコさんの性格・年収・妹・眉毛情報♪

イモトアヤコさんの歯の情報♪

 

というわけでイモトアヤコさんに関する情報をまとめてみましたぁ!

最後までお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。

▼さらにもっと深い○○な話、次のページでお待ちしています♪

1 ・ 2 ・・・ >> ページ一覧

スポンサードリンク





このエントリーをはてなブックマークに追加

▼この記事をご覧の方にオススメの記事一覧

コメントを残す